wordpressのカテゴリ記事一覧

アフィリエイトをしても結果が出ない→結果が出るのヒントを探します。

カテゴリ:wordpress

wordpressのカテゴリ記事一覧。アフィリエイトをしても結果が出ない→結果が出るのヒントを探します。

2017-01-03 wordpress
さて前回から大分間が空いてしまいましたがへこまず行きましょう!独自ドメイン設定のSeesaaブログからXサーバーへ引っ越しします。前回は引っ越しする前の下準備をやりました。Seesaaブログ側のテキストデーター画像データーサイトURLの取得さらには引っ越し側のXサーバーへドメインの仮設定ワードプレスのインストール最後にローカル環境でのワードプレス再現までやりました。※前回の記事はコチラ↓Wordpressに引っ越しする!独自...

記事を読む

2016-08-07 wordpress
Wordpressに引っ越しする!独自ドメイン運営中のSeesaaブログをXサーバーに!ということで長ーいタイトルですがそういうことです。まあこのブログはFC2ブログなわけですが無料ブログってやつは結局は無料なわけで全ては運営者の思うがママです。極端な話ある日突然運営者がブログ運営やーめた!と一声言われれば、誰しもがそれに従わなければなりません。「今まで無料で使わせてやっただろ!」文句言うなよ!と、まあこんなカンジ...

記事を読む

2015-12-13 wordpress
それでは引き続き Simple Membershipの 設定をやっていきます。まずは会員設定から 今回の私の場合は私から 商材をご購入頂いた方限定の 特典配布サイトですから 当然会員様は無料会員となります。(特典追加やバージョンUPのお知らせ用)その無料会員を設定していきます。wordpressのサイドメニューから WP Membershipを開けて 会員の種類をクリックします。初期状態ではまだ会員を設定していないので 当然Not foundとなっていま...

記事を読む

Wordpressに引っ越しする!独自ドメイン運営中のSeesaaブログをXサーバーに!2

  •  投稿日:2017-01-03
  •  カテゴリ:wordpress
catch Seesaaブログ2

さて
前回から大分間が空いてしまいましたが
へこまず行きましょう!

独自ドメイン設定の
Seesaaブログから
Xサーバーへ引っ越しします。

前回は
引っ越しする前の
下準備をやりました。

Seesaaブログ側の
テキストデーター
画像データー
サイトURLの取得

さらには
引っ越し側のXサーバーへ
ドメインの仮設定
ワードプレスのインストール

最後に
ローカル環境での
ワードプレス再現までやりました。


※前回の記事はコチラ↓

シーサー移転1
Wordpressに引っ越しする!
独自ドメイン運営中の
SeesaaブログをXサーバーに!




常にやっているならともかく
何しろめったにやらないことですし
時間も無いので前回のアップから
4ヶ月近くも間が開いてしまったと
いうわけですな。ナハハ。

やることは山ほどあるので
まあ
こんなもんでしょう。

ローカル環境に設定した独自ドメインで
ワードプレスログインさえできれば
もう怖いものはありません。
(ホンマかいな?)


これは私の場合ですが
それほどこだわっていないので
別に以前のSeesaaブログと
何一つ変わらずきっちりと
ワードプレスに移転する(できる?)
とはそもそも思っていないので
まあ
できるだけ環境を維持できればいいな?
位のノリでやっています。

いづれにしても
時間が経てばグーグル様にも
その時の状況で拾ってもらえるわけですから
キイキイなったところで仕方ありません。

結局
時が経てばなるようになるわけで
まあ、そんなカンジでいきます。
(何のコッチャ)

今回
独自ドメインのSeesaaブログから
同ドメインのXサーバーへ
移転するにあたって
数々の先人の記録を見ましたが
できるだけ楽に
できるだけダメージを少なく
移転作業を楽に行えないか?
それを主眼にやってみました。

人によっては
サブドメインを作ってテスト的に
ワードプレスを作成して後で
本ドメインに戻す等の手法をとっている人も
いるようですが、データーベースを
修正したりしてリスクも高いですし
大体手間がかかって面倒臭いので
私の場合は思い切りそのまま
本ドメインでやってみました。

できるだけ手数が少ない方が
いいですから…。

あなたもそうでしょう?

またURLの変更もしません。
元ドメインのまま引き継ぎます。

元々シーサーブログで
独自ドメイン運営をしていたわけですから、
今更ドメインを変更しなくても
そのままの方が当初は迷う人もおらず
グーグルの評価も落ちないので
それでいきました。

よくよく考えると
その方が手間が少なく済むし。

最悪
1年位経ってから
パーマリンクを変更してもいいか?
くらいのノリです。(笑)

今回やろうとしている手順は以下の通り。

事前準備編

1.パーマリンクを設定
2.試しに1記事アップする。
3.記事URL、画像URL確認
4.インポート記事修正


本編

1.記事インポート
2.画像インポート
3.行間一括処理
4.各部修正


それでは行ってみよー!



事前準備編



パーマリンクを設定する。
パーマリンクとは何か?
パーマリンクと聞くと私も最初は
くるくるヘアーを連想しましたが
実際はブログ記事別のURLのことを
指すらしいです。

シーサーブログでは
http://abcd.seesaa.net/article/404896321.html
のようになります。
今回の場合は独自ドメイン運営ですから
http://abcd.com/article/404896321.html
となるわけです。

そのため
ワードプレスのパーマリンクを設定します。

ダッシュボードのメニューから
設定→パーマリンク設定を選びます。

1パーマリンクを設定する。

下にあるカスタム設定に
/article/%postname%.html
と入力して保存します。


2パーマリンクを設定する

これでパーマリンクの設定が終了です。

続いて
インストールしたワードプレスに
試しに1記事アップして
記事URLと画像URLを確認します。


<ここで試しに1記事アップする>


うーん。

何か思っていたのと違うな?

ちなみに
記事URLは
http://自分のドメイン/article/〇〇〇〇.html
とちゃんとなっており
(当たり前ですが)
それはそれでいいのですが
〇〇〇の部分がディフォルトでは
日本語表示になるので投稿時に
パーマリンク設定をした方がいいかも。

また
画像URLは私の場合
http://自分のドメイン/wp-content/
uploads/2017/01/〇〇〇.jpg
となっており自動的に
uploadsフォルダ内に年月で
フォルダ分けされるようです。

この部分はインポートする際は
面倒臭いので以前の画像は
全てup loadsフォルダにぶち込んで
記事テキスト内の画像URLを
変更すればいいと思います。

続いては改行問題です。

実はこれについても
ネットでググって色々やってみたのですが
コレ!という解決策はありませんでした。

どういうことか?と言うと
Seesaaブログで改行を
<br>でしていると
行間を空けるのに
<br><br><br>とか
しているわけですが
ワードプレスにインポートすると
これらが
場合によってはきれいさっぱり
削除されてしまう…。のだ。

つまり
テキストがビシっと
詰まった状態でアップされてしまう!

困りものですね。


結局

後で画像等も含めて
1記事ずつ確認作業が必要になるので
その時に細かい修正はすることで
自分を納得させました。

色々試す時間の方が
あとで修正する時間よりも
かかる場合はそちらを選択するのが
得策だと判断したからです。

URLさえ同じであれば
そのほかの細かい作業は
最悪後回しにしても問題ない…。

そういう考えです。

まあ、できれば作業は
最小限に済ましたいので
とりあえずできることはしましょう。

改行問題で使うのはこちら↓
Ps Disable Auto Formatting
Ps Disable Auto Formatting

このプラグインをインストールして
有効化しておきます。

このプラグインは
ワードプレスの自動修正をOFFにする?
とかで
<br>問題を防いでくれる?
らしいのですが、実際やってみましたが
期待ほどのことはないかも?

でも

やらないよりは
マシかも?位のカンジですね。
私の場合。一応入れときます。



さて…

次に
htmlの2重問題を解決します。
これはSeesaaブログのインポートデーターが
以下のようになっていることです。

記事番号にhtmlがついている

お分かりになりますでしょうか?
データーに.htmlがついているので
このままインポートすると
〇〇〇〇-html.html
というURLになってしまいます。

これはマズイですね。
元のURLと異なってしまうので
URLの整合性がとれません。

何のための
ブログ移転か分からなくなるので
この.htmlを削除します。

今一度確認します。

.htmlを削除します。

先頭にある.を決して忘れてはなりません。

よろしいでしょうか?

やってみます。

まずメモ帳を開いて
エクスポートしたSeesaaブログの
ログデーターをドラッグで落とします。

5メモ帳にドラッグする

するとlogデーターが開きますので
削除したい部分を選択します。

.htmlを削除したいのですが
そのまま削除を実行すると
必要な部分の.htmlまで
削除されてしまう恐れがあるので
少し余分目に
.htmlSTATUSを選択しコピーします。

6htmlSTATUSの部分を選択する

こうしておいて
メモ帳のメニューから
編集→置換を選びます。

メモ帳で編集→置換する



どのテキストを置換するのか?
指定する画面になるので
上の欄には
.htmlSTATUSをペーストして
下の欄には
STATUSだけにして
置換する指示を出すわけです。

こうすることで
.htmlSTATUSと記述されている箇所は
すべて.htmlが削除されて
STATUSだけ残るというわけです。

これを1つずつ手作業で行うと
総記事数にもよりますが
確実にあなたの視力は低下します。

私の場合は100記事ちょいですから
このような細かい作業を100回
繰り返さなければならないとこです。

それが一瞬で終了します。


どうです?
いいでしょう?(笑)

メモ帳で全て置換する

いいですか?

.htmlを削除したいのですから
先頭にある.を決して忘れてはなりません。

必ず.htmlの先頭にある.ピリオドを
忘れずに入れて下さい。

後は置換を実行するだけです。
実行したあとは上書き保存します。

さて
事前準備もいよいよ山場と
なってきました。

次は画像URLの変更手順です。

私の場合
Seesaaブログでの画像データーのURLは
〇〇〇.com(独自ドメイン)で運営していたと
仮定しますと
http://〇〇〇.up.seesaa.net/image/△△△.jpg
となります。

つまり
〇〇〇.up.seesaa.netというフォルダ内の
imageというフォルダに画像が格納されている
というわけです。

その証拠に
前回ご紹介しました
Webデーター収集ソフトの
順集でインポートした画像データーは
全て〇〇〇.up.seesaa.netというフォルダ内の
imageというフォルダ内にあります。

upseesaanet.jpg

image内に存在する

ですから
Wordpress側の画像フォルダ内へ
これらのSeesaaブログで使用していた
画像を全て移動して
画像URLも変更すれば
正常に表示されるわけです。

さらに
これはSeesaaブログの特性なのですが
表示する画像データーを強制的に
小さくするために
〇〇〇.up.seesaa.net/image/△△△-thumbnail2.jpg
というURLになっています。

この-thumbnail2という部分が
不要となります。

それでは先ほどの.html同様に
この-thumbnail2を削除します。

先ほどの.htmlは他のURLの末尾にも
ありますので単体での削除は無理でしたが
今回の-thumbnail2については
他とかぶることはありませんので
それ自体を消去しましょう。

前回同様に
エクスポートしたlogデーターを
メモ帳にドラッグして
編集→置換をクリック
検索する文字列に
-thumbnail2
を入れて
置換後の文字列を
何もせず空白にする。

こうすることで
-thumbnail2が
logデーターから全て削除される。

メモ帳で全て置換する

一瞬で終了するので
一応確認してから保存しよう。


しつこいようですが
今回の場合も
削除したいのは
-thumbnail2となり
-thumbnail2の前についている
-を忘れないようにして下さい。

ほんの些細なことですが
これだけで画像が表示されません。

次に画像のアップロード先URLを
変更します。

これはあなたのワードプレスの
画像フォルダまでのURLを
logデーターに書き込む作業です。

現状は
Seesaaブログの画像フォルダへのURLと
なっているためにこれを一括で変更します。

新しいワードプレスでの
画像フォルダは下記となります。
http://自分のドメイン/wp-content/
uploads/

これは私の場合ですが
Seesaaブログの画像データーを
新しいデーターと区別するために
uploadsフォルダ内に
oldというフォルダを新設して
その中に画像を入れていきます。

よって
画像のURLは
〇〇〇.com/wp-content/
uploads/old/△△△.jpg

となります。

ちなみに
Seesaaブログでの画像URLは
〇〇〇.up.seesaa.net/image/△△△.jpg

となります。

先ほどと同様に
メモ帳を開いて
新規画面にエクスポートしたlogを
ドラッグして開きます。

編集→置換で
検索する文字列に
〇〇〇.up.seesaa.net/image

置換後の文字列に
〇〇〇.com/wp-content/uploads/old
とコピペで入力して
全て置換をクリック!

画像URL全て置換

内容確認後保存して下さい。


フー



さて

まだ
他にもすることはあるかもしれないが
取りあえず下準備はこれくらいにして
いよいよ
データーのインポートを行おう!


ワードプレスへデーターインポート手順



大体の私の感覚ですが
Seesaaブログから
ワードプレスへの引っ越しは
全労力を100%とした場合

下準備が70%位
インポートは1%位
手直しが29%位の労力と
私は見ています。

何しろ
下準備が大変です。

それに対して
インポートは一瞬です。

まず
画像データーのインポートを
行いましょう。

これはワードプレスのダッシュボードからでも
サーバーへ直接でもどちらでも可ですが
今回はサーバー直で行きましょう!

お使いFTPアップローダーで
Xサーバーへ接続します。
私の場合はFileZilla Clientを
使用しています。

Xサーバーの該当ドメイン内の
〇〇〇.com/wp-content/uploads/old
を開いて

エクスポートした画像を
全て選択してドラッグするだけ…。です。

oldフォルダに画像データーをアップロード



oldフォルダに画像データーをアップロード2

ものの数秒で処理は完了!

さーて
いよいよ
ブログデーターを
ワードプレスにインポートしますよ!

データーのインポートは
ワードプレスのダッシュボードの
メニュー
ツール→インポートから

3ツール、インポート

クリックして
上から3番目Movable Type と TypePad
初めての場合は
インストールをします。

4いますぐインストール



インストールが終了したら
インポーターを実行しましょう!
インポーターの実行




ファイルを選択というところで
インポートするlogファイルを選んで
ファイルをアップロードして
インポートという青いボタンを押す!
ファイルをアップロードしよう!

投稿者がどうした?
とかあるけど
適当にポチる!

すると
データーがインポートされます。

全て完了しました!
全て完了しました!
ではお楽しみ下さい!
って何を?って思いますけど
これで終了です。



インポートしたらこうなった!


さあ、どうなった?って
勢い込んでブログを見ると?

ん?

仮にアップした1記事しかないぞ?
どうなってるんだ?

とダッシュボードにログインすると
インポートした記事は全て
下書きとなっていました。(笑)

なるほど
予め下書きでアップロードされるんだ。
賢いなーワードプレスって。

そこで
記事をプレビューで
見てみると…
思った通り改行が全く無視されてる。

文字がビッシリ!



コリャあかん!



先にインストールしておいた
Ps Disable Auto Formatting
だけど
Ps Disable Auto Formatting

このプラグイン全く効いてないな…。

自動整形をクリック


プラグインへは
ダッシュボードの
メニューから
設定→自動整形

すると
自動整形の画面になるので
過去記事の一括整形を実行する。

過去記事に一括処理を行う

なんか
警告が出てたけど
とりあえず
文字ビッシリは解除されました。

あーあー

まだ大分手直しせな
アカンなー。

まあ
こんなとこです。トホホ。

Seesaaブログの後処理はどうする?


さて
まあ細かいことは置いておいて
取りあえず移転ができたとします。

本式にドメインを
SeesaaからXサーバーへ切り替える前に
Seesaaブログの処理はどうするか?
考えてみました。

いままでSeesaaで運営をしてきましたが
元々最初から独自ドメインだったわけで
サーバーがSeesaaなだけなので
移転が済めば元ブログは削除しても
構わない?と思います。

むしろ
残しておくとコンテンツが重複するわけで
まずいでしょう。

前回の記事
シーサー移転1
Wordpressに引っ越しする!
独自ドメイン運営中の
SeesaaブログをXサーバーに!


でもやりましたが、すでに前回
ドメインはXsaverに設定済みで
ネームサーバーのみそのままにしていますので
今回、ネームサーバーをXsaverに当てます。

このネームサーバーを変更する処理を
すると、正式にネット上にブログが
UPされますので
今までのSeesaaブログから
XサーバーのWordpress へと
インターネット上でも切り替えが
実行されるわけです。



ネームサーバーを変更する


私の場合、ドメインはムームードメインで
購入していますのでここで
ネームサーバーの変更をします。

Xサーバーでは
ネームサーバー1 → ns1.xserver.jp
ネームサーバー2 → ns2.xserver.jp
ネームサーバー3 → ns3.xserver.jp
ネームサーバー4 → ns4.xserver.jp
ネームサーバー5 → ns5.xserver.jp

と変更します。
そこでムームードメインの
コントロールパネルに入り
ドメイン操作

ドメイン一覧から
目当てのドメインを探して
ドメイン名をクリック

ドメイン詳細の
下の方にネームサーバー変更の
欄がありますので一番下の
ネームサーバー設定変更という
青いボタンを押します。

ネームサーバーを変更する

すると
ネームサーバー設定変更画面に
なりますのでそこで下の方にある
GMOペパボ以外 のネームサーバを使用する
というところで上記の
Xサーバーの値を入力していきます。

ネームサーバーを変更する2

最後に下にある
ネームサーバー設定変更という
青いボタンを押せば終わりです。

これでネームサーバーの変更が
完了しました。ほどなく
Seesaaのサーバーではなく
私のXサーバーに設定した
ワードプレスのブログがネット上で
公開されることになります。


ネームサーバーの変更は
安定して表示されるまでに
時間がかかる場合があるようです。

私の場合
小一時間ほどで反映されたと
思ったら、いつの間にか
元のSeesaaブログが表示されて
エラーページが出たりしました。

焦らずに
気長に待ちましょう。(^_^;)



このままにしておくと
Seesaaブログの元コンテンツと
重複して2重コンテンツとなりますので
Seesaaブログ側の処理をしていきましょう。


ドメインの削除


Seesaaブログで設定している
独自ドメイン設定を削除していきます。

Seesaaブログにログインしたら
メニューの設定

独自ドメインをクリック

独自ドメイン設定を解除する

設定されている
Seesaaのドメインと
独自ドメインがありますので
一番下にある削除という
緑のボタンをクリックするだけです。

独自ドメイン設定を解除する2

この削除ボタンを押すと
それで独自ドメイン設定が解除されます。

このように
Seesaaブログでは独自ドメインの
解除は大変簡単で1クリックで終了です。


記事を非公開にする


記事数が少なければ
ここでSeesaaブログごと全部
ブログ削除してもいいかと思います。

ネームサーバーの反映は
ムームードメインでは
反映に2~3日かかる場合がある、との
ことでしたが、今回の場合
小一時間で反映されて、すぐに
Xサーバーでブログが表示されてしまいました。

このままにしておくと
Seesaaブログと
Xサーバーで記事がかぶるので
削除しなければならないのですが
私ノ場合記事数が多かったので
念のために削除ではなく非公開処理を
とることにしました。

※これが結構手間です。

記事の非公開は
1クリックではできません。

メニューの記事一覧から
記事一覧

一括編集というタブをクリックして
一括編集画面に入り
記事一つ、一つを
非公開設定に変えてから
一番下の保存ボタンを押さねばなりません。

非公開設定にする


この地味な作業が結構つらいです…
100記事ある場合は
この作業を100回する必要があります。

これが済むと
記事が表示されなくなるので
ネット上での二重コンテンツ問題は解消します。

さらに
カテゴリーも消去しましょう。


カテゴリーを変更する


一般的なカテゴリーでしたら
そのままにしておいても
特に差し支えないかもしれませんが
めったにないようなカテゴリーを
つけている場合は、変えた方がいいと思います。

Seesaaブログでは記事が存在する
カテゴリーの削除はできないので
カテゴリー名の変更をします。

Seesaaブログにログインして
メインメニューから
カテゴリーをクリックします。


3 カテゴリを削除する


カテゴリーの一覧画面になるので
変更するカテゴリー名をクリックします。

3 カテゴリを削除する2

すると…
そのカテゴリー名を編集できる画面になります。
ここではカテゴリー名自体の削除も
できるのですが、記事が入っていると
不可能です。

そこで記事を削除してから
カテゴリーを削除するか?
カテゴリー名を変更して保存するか?
どちらかの方法をとりましょう。




3 カテゴリを削除する3
※記事があるカテゴリーの削除はできない。

さて
これで記事もなくなり
カテゴリーも変わりました。

そうそう
最後にブログタイトルも変更しましょう。


ブログタイトルを変更する


そのままワードプレスに移行すると
ワードプレスとSeesaaブログで
同じタイトルのブログが2つできてしまいます。

まあ
ブログタイトルがかぶったところで
たいした問題ではないかもしれませんが
変更するに越したことはありません。

そこで
またメインメニューから
設定→詳細設定→ブログ設定
をクリックします。

2 タイトルを変更する


すると
ブログタイトルやブログ説明を
変更できますのでここで
タイトルと説明欄のテキストを
変更しましょう。

できたら保存ボタンを押して終わりです。

2 タイトルを変更する2





ブログを移行してみての感想ですが
今回Seesaaブログに独自ドメインで
すでに
何年も運営してきていたブログだったので
ドメインはそのままなので
特に難しいところはなかったと思います。

これが
Seesaaのドメインで運営していると
ドメインの転送もしないといけないので
結構手間です。

リアルの引っ越しで言うと
今回の場合
住所はそのままで建物だけが
新しくなったので迷う人がいないわけで…。

これが
住所も変わり
済んでいる建物も変わりですと
住所をきちんと教えないと
迷って新しい建物に来てもらえません。

そんなわけで
もし無料ブログを運営している人で
独自ドメインのワードプレスへの
移行を考えている人がいたら
その無料ブログが独自ドメインで
運営できるなら、予めドメインを取って
その無料ブログで独自ドメイン運営を
少なくとも半年位してから
独自サーバーのワードプレスへ移行した方が
やりやすいかもしれません。


tomchi











 カテゴリ
 タグ
None

Wordpressに引っ越しする!独自ドメイン運営中のSeesaaブログをXサーバーに!

  •  投稿日:2016-08-07
  •  カテゴリ:wordpress
catch Seesaaブログ引っ越しする!

Wordpressに引っ越しする!
独自ドメイン運営中のSeesaaブログをXサーバーに!

ということで
長ーいタイトルですが
そういうことです。

まあ
このブログはFC2ブログなわけですが
無料ブログってやつは
結局は無料なわけで
全ては運営者の思うがママです。


極端な話

ある日突然運営者が
ブログ運営やーめた!と
一声言われれば、誰しもが
それに従わなければなりません。


「今まで無料で使わせてやっただろ!」

文句言うなよ!

と、まあこんなカンジですね。(笑)


ご存じのように
そのような例は山ほどあります。



誰しもが自由に無料で簡単に
ブログ運営ができるかわりに 
問答無用で運営者の指示に
従わさせられる?のが無料ブログです。

私は基本無料ブログは
Seesaaブログを使っているのですが
最近のSeesaaブログの
インデックス拒否される事件
↓↓↓
seesaaブログがぶっ飛んだ!?グーグル様の怒りか?
seesaaブログがぶっ飛んだ!?グーグル様の怒りか?

が起こったり…

まあ、一番大きな要因は
広告ですかね。
出ないと言っている広告が
やっぱ出るじゃん!みたいな。

特にスマホ表示はえげつない…
などが移転の一番の理由です。

まあ
運営側も商売ですから
ある程度は仕方ないにしても
あまりやり過ぎだと嫌になるっしょ!

誰でも。

そんなわけで
独自ドメインで今運営中の
とあるSeesaaブログを
Xサーバーへ引っ越ししよう!と
思い立ったわけですな。

Wordpressで運営すれば
テンプレートは選び放題だし
広告は一切出ないし、
なんせ自由度が高い!

いきなり
やめますよ!なんて言われることも無いし
更新を続けるブログは基本独自ドメインの
自前サーバーで運用するのがいいのは
誰に聞いてもそう言うはずです。

では
なぜ?無料ブログを使うのか?
しかも長期間に渡って?

この初心者でもできるっ!
アフィリエイトとは?
という
ふざけた題名のブログもそうです。

全くの無料である
FC2ブログを使っています。

それに
もはや何年続けているのか?
分かりません。

記事数にしても適当にアップしていても
すでに500記事にはなっています。

このブログに関しては
人気ブログランキングの
アフィリエイト部門にエントリーしていますが
(サイドメニューのタグをクリックすると…)
同じくエントリーされている他のブログを見ても
ほぼ例外なく独自ドメインの独自サーバーで
運営されています。

私のように無料のFC2ブログを使っているのは
どーでもいいような適当ブログばかり…
(失礼!)

それじゃ、なぜ
私はFC2ブログで何年も続けているのか?
と言うと一言で言って


「面倒くさいから!」


そうです。
面倒くさいんですよ。
ブログの移転って。

何気に無料ブログを始めたのはいいけど
知らないうちにドンドン更新していて
月日も経っていた…

軽い気持ちで始めたブログなのに
今では結構な訪問者が毎日見てくれる…
やめるにやめられへん…

そんなブログ
あなたもあるでしょう?

ないですか?

てなわけで
Seesaaの方の無料ブログを
Xサーバーへ移転しよう!
そう思ったわけです。

以前は逆だったのですが
今は、SeesaaよりもFC2の方が
使い勝手がいいし
広告も少ないので
好ましい…(無料ブログとしては)
というのが私見です。

そうそう確認ですが
Seesaaブログは独自ドメインで
運営中のものです。

Seesaaブログは独自ドメインを
無料で当てれますが
そのように運営しているブログを
ドメインはそのままでサーバーだけ
引っ越しするわけです。

ドメインが独自ドメインということは
サーバーが変わってもURLが
変わらなければ実質同じブログと
いうことになりますので
(入れ物が変わっただけ…)
引っ越しによるブログ本体の
影響は最小限で済むはずです。

もし
これが独自ドメインではなくて
Seesaaブログのドメインだったら
引っ越しすることによりサーバーも変わり
ドメインも変わってしまうので
サイト名が同じとしても
実質は異なるサイトと判定されてしまいます。

今回は
サーバーだけ移転して
その他はできるだけ元データーを
継承したい。そんな人のやり方となります。



無料ブログ引っ越しの手順



記事と画像のエクスポート

さて
無料ブログを独自ドメインの
Xサーバーへ移転するわけですが
まず、手始めに
Seesaaブログの記事を
エクスポートしなければなりません。

記事を取り出しておくわけですね。

これが記事のエクスポート。
同様に画像も取り出しておきます。


次に
記事と画像の修正

取り出した記事と画像を
ワードプレスにインポートするのですが
そのために記事と画像のURLなどを
事前に整形する必要があります。

インポート前の記事と画像の修正ですね。
これが2番目。


インストール先のXサーバーの設定

さらに
これからインストールを行うXサーバー側の
各種の設定が必要です。
予めWordpressもインストールして
取得した記事や画像もインストールして
実際にきちんと表示されるかを
確認します。
※この時点ではまだドメインの反映は
しておりません。
仮ドメインで確認作業を行います。


最後にネームサーバーを変更する。

仮ドメインで確認して記事も画像も
問題なければ、その時点でやっと
独自ドメインのネームサーバーを
Xサーバーへ変更します。

ネームサーバーの認証までには
若干の時間がかかりますが
それが終われば晴れて
SeesaaブログからXサーバーへ
ブログが変更となるわけです。

以上のような手順で行っていきます。


データーを吸い上げる。


それではまず
今、独自ドメインで運営中のSeesaaブログのデーターを
吸い上げます。これは
Seesaaブログの機能にデーターのエクスポートが
ありますのでこの機能を使います。

まず
自分のPC内に今回の引っ越し作業用の
フォルダを作成しましょう。
私の場合 2016サーバー引っ越しとしました。

1.png

このフォルダ内に現状独自ドメインで
運営中のSeesaaブログの記事や
画像を入れていきます。

Seesaaブログのコントロールパネルから
ログインしてブログデーターを
エクスポートしていくのですが
まず最初に、自分のブログ記事の
1記事めが何年何月に作ったか?を
確認しておきます。

これはデーターエクスポートの際に
201407~201607 のように
データーの期間を指定する欄が
あるためです。

開設して間もないブログであれば
大体の期間(かぶらない期間)を
設定すればいいと思いますが
かなり昔からやっているブログであれば
きちんと期間を確認した方たいいでしょう。


過去記事の確認の仕方は
サイドメニュー記事一覧をクリック。

00。記事一覧をクリック

記事一覧から一番古い記事を確認。

0一番最初の投稿の日付を確認する



私の場合は
今回の独自ドメイン運営のSeesaaブログは
2009年から運営しているものでしたので
足かけ7年やっていることになります。

ちなみに…
今確認したところ私の設定では
なんと2009年4月が最古データー取得日と
なっておりまして、つまり
自分の最古記事の日付が
自動的に取得できる期間の
一番最後に自動的に設定されている模様です。

004過去にさかのぼるのは2009年4月まで

ということは…
記事の制作年月日を確認するという
作業はしなくてもいい…
ということですね。スミマセン。

自動的にSeesaaブログ側で
最古のデーターから最新のデーターまでの
年月日が表示されますので一番上から
一番下まで、と選べ場いいわけです。



それでは
データーのエクスポートをしていきましょう!

サイドメニューの設定→エクスポートを選ぶ。
これは上段の詳細設定という欄の下
その他というブロックにあります。

03設定→エクスポートをクリック

そのエクスポートをクリックすると
まず文字コードの指定ができます。
こちらはディフォルトのUTF-8で。

次にエクスポートの期間を選択しますが
私の場合は一番上の
200704から現状一番下の2001607まで

01期間を設定してエクスポート

コメントやトラックバック等取り込みたい場合は
これらもクリックしておきます。

そうして
最初に作っておいた自分のPCの
作業用フォルダに保存します。

記事データー自体は
あなたの1記事当たりのデーター量にも
よりますが、基本テキストデーターとなるので
よっぽど記事数が多くない限り
分割しなくても1発でダウンロードできると
思います。私の場合は約100記事(少なっ!)
でしたが、全く何の問題もなく1発、1瞬でこれまでの
全データーがエクスポートできました。


記事データーがエクスポートできたら
今度は画像データーを吸い上げます。

記事数が少なければ
ネット上から1つずつ画像を
コピーして貼り付け直した方がいいでしょう。

私の場合は記事数が100余りと
中途半端に多いので一括してやってみました。
今回使ったソフトはコチラ↓
順集

これは指定されたURLのサイト情報を
画像も含めて一括保存してくれるソフトです。

巡回をダウンロード

ダウンロードしたらZIPファイルを
解凍して出てきたexeファイルを実行します。

すると下記のようなメニューになりますので
データーを収集したいURLを入力してから
メニュー上の赤いをクリックします。

2 URLを入れて上の赤い三角を押す

すると自動でデーターの収集が始まります。
画像データーだけでなくテキストも含め
全てのサイトデーターを丸ごと収集します。

結構待たされます。
サイトデーターを全てローカル環境に
ダウンロードしてくれます。

私の場合
100記事で約20分ほどかかりました。


3 自動的に保存が始まる

今回ダウンロードに失敗したデーターが
100ほどあったようです。
どのデーターのダウンロードに失敗したかは
Error.logで確認することができます。

リンク切れのデーターだったようです。

さて…これで
元の記事データーと画像データーを
一旦自分のPCに納めることができました。

後は
このデーターを整形して
新しいサーバー(今回はXサーバー)に
Wordpressをインストールして
URLを合わせて記事と画像を
入れていくことになります。


元記事のURLを保存しておく


移転先のブログと移転前のブログの
URLの整合性を一致させるために
元ブログの記事URLを保存しておく必要があります。

後からでは
元記事のURLが分からないからです。

そこで今度はコレを利用します↓
Website Explorer

45 Website Explorer



これも大変素晴らしいソフトです。
このソフトを利用すると今現在UPされている
あなたのSeesaaブログの記事URLを
全て自動で取得して尚且つエクセルデーターとして
ダウンロードすることが可能になります。

うーん、素晴らしい。

やり方は簡単です。
ダウンロードしたファイルを
PCにインストールしたら
起動します。


すると下記のような
画面になりますので
またしてもブログのURLを入れて
開始というメニューを押します。

46 URLを入力して開始を押す


先ほどの順集と違って
もののと数分で、あなたのサイトの
詳細なデーターが収集されます。

被リンクからなにから
全て一気に調べて一覧表にしてくれます。
これはすごいソフトですね!o(^o^)o


サイトにログインする必要も何も無いので
自分のサイトだけでなく人様のサイト情報も
全て調べられます。ライバルサイトの調査に
最適なソフトですね!

まあ
今回は元記事のURL取得が目的なので
このソフトの詳細について気になる方は
ググって見て下さい。

5 サイトURLを自動でエクセルに書き出し可能


数分経ってサイトデーターの収集が終わったら
サイトURLをエクセルで書き出せます。
メインメニューのツールをクリックして
サイトURLをエクセルに保存を選びます。

それだけです。
自動的にエクセルが立ち上がり
記事別、カテゴリー別等の
ブログタイトルと記事URLが記載された
エクセルデーターができますので
それをそのまま保存すれば終わりです。


記事数が少なければ
自分でシコシコエクセルに
コピペするのもありですが
恐らくこちらの方が早いし楽だと思います。

47 エクセルでサイトURLが書き出しできた!

さて
これでネタが揃いました。

必要なのは

過去の記事データー
過去の画像データー
記事のURL番号


以上の3点です。



Xサーバーにワードプレスをセットする



それでは
次にXサーバーにワードプレスをセットします。

シーサーブログで使用している
独自ドメインをXサーバーにあてます。
そして
そのドメインにワードプレスを
インストールしましょう。

この部分は誰でもできるところなので
詳細は割愛します。
自動インストールで一瞬で終わります。


もう一度言います。


あなたの引っ越後に設定するドメインを
あなたのXサーバーにあてて
そのドメインでワードプレスをインストールします。


そして、この状態では
Xサーバーにドメインを設定して
ワードプレスをインストールしましたが
ネームサーバー自体は変更していないので
ネット上ではまだ前のSeesaaブログのままです。

あなたのサーバー上だけ
ドメインが設定された状態なのです。

できれば
全てセットが終わってから
内容確認の上サーバーの切り替えを
誰しもしたいと思いますので
それをやってみましょう。

まず
Xサーバーでは
ネット上にアップする前に
サーバー上できちんとサイトが表示されるか?
調べるための動作確認URLというものが
あって大変便利なのですが
Wordpressの場合はこれが効きません。

データーベースを使っている関係からか
動作確認URLにアクセスしても
ワードプレスにログインすることが
不可能なのです。

そのため
もう一つのやり方
hostsの書き換えを実行しましょう。

hostsの書き換えとは
使っているPCの
hostsファイルというものに
使用ドメインのIPアドレスを
書き込むことで強制的にサイトを
表示させるということが可能になります。

ネット上とは無関係に
自分のPCだけ強制的にIPアドレスを
変更してサイトを表示させるのです。

いいじゃないですか?

それではやってみましょう!


hostsファイルを書き換える


まず自分の使っているXサーバーの
IPアドレスを確認します。

サーバーパネルにログインして
一番上にあるサーバー情報というところを
クリックします。

0.jpg


するとサーバーの情報欄になるので
その中にあるIPアドレスを
コピペして下さい。

これがあなたの
使用するサーバーのIPアドレスです。
1自分のサーバーのIPアドレスを入れる

次に
hostsに書き込む情報を
ゲットします。

hostsファイルを編集する
↑こちらのURLの最後にあります。

2動作確認URL

192.0.2.0 example.com

↑こちらになります。
数字の部分はIPアドレスで
example.comは
あなたのドメインです。

※誤解の無いように
今一度確認しますが
192.0.2.0の部分は
あくまでも仮に、という意味です。
実際にはあなたのサーバーアドレスを
入力します。

私はこの192.0.2.0
Xサーバーのアドレスだと思って
これでhostsの変更にチャレンジして
いくらやっても反映されませんでした。
そりゃそうですよね?(笑)

ですから
あなたは192.0.2.0ではなく
きちんと自分のサーバーアドレスを
入力するようにして下さい。

これを半角スペースなどが入らないように
自分のサーバーのIPアドレス
自分のドメインに入れ替えて下さい。
そしてそのテキスト情報を
メモ帳などにコピペしておきます。

次に
あなたのPCのhosts情報を書き換えます。

hostsは
通常
Cドライブ

WINDOWS

system32

drivers

etc

hosts

にあります。

これをメモ帳で上書きしたいので
まずは
メモ帳を右クリックで
管理者としてログインしましょう。

3管理者としてメモ帳を実行

管理者としてログインしたら
メモ帳を開いて

4ファイル→開く


5 cドライブ


Cドライブを開けて

6 Windows

後は順番に
目当てのファイルを探していきます。

7 System32


8 drivers


9 etc


一瞬真っ白けの
画面になって面食らいますが
あわてずに
表示された画面の下で
すべてのファイル
変更するとhostsが
出てきます。

10 全てのファイルに変更する

やった
hostsが出てきた!
11 hosts

出てきたhostsをクリックして
先の自分のIPアドレス ドメインを追加して
上書き保存します。

12 最後に追加して保存する

この時に
あなたのXサーバーのIPアドレス
あなたのドメインを間違えないように
そして無用の半角スペースなどが
入らないように注意します。

私の場合
これが上手くいかずに
何回かやり直しました。

これが上手くいくと…
ネット上にはアップされていないが
自分のPC上ではワードプレスが
表示されてログインもできるようになります。

自分のドメインで
アクセスしてみましょう!

ワードプレスが表示されますか?

13 サイトが表示された!

私の場合
上記のようなサイトが表示されました。
ディフォルトのテンプレートが
自動で設定されているようです。

やりました!

ここから
サイトを再構築して問題なければ
ネームサーバーを変更します。

もし
ワードプレスが表示されず
元のSeesaaブログが出てしまう場合は
何かが間違っています。

その場合は
cookieが効いているかもしれないので
ブラウザを変えてアクセスしてみましょう。

Google chromeを使っている人は
シークレットウインドウで表示して
見て下さい。このシークレットウインドウは
各種設定を初期状態に戻して
サイトを表示できますので実際の表示を
簡単に確認することができます。


それでダメなら
今一度
hostsの記述が間違っていないか?
確認してみて下さい。

つづく

※続きはコチラから↓

シーサー移転2

Wordpressに引っ越しする!
独自ドメイン運営中の
SeesaaブログをXサーバーに!
 カテゴリ
 タグ
None

Simple Membershipで会員制サイトを作ろう!4

  •  投稿日:2015-12-13
  •  カテゴリ:wordpress
o(^o^)o うーっ!

それでは引き続き
Simple Membershipの
設定をやっていきます。

まずは会員設定から
今回の私の場合は

私から
商材をご購入頂いた方限定の
特典配布サイトですから
当然会員様は無料会員となります。
(特典追加やバージョンUPのお知らせ用)


その無料会員を設定していきます。

wordpressのサイドメニューから
WP Membershipを開けて
会員の種類をクリックします。

1


2


初期状態ではまだ会員を設定していないので
当然Not foundとなっています。

そこでメニュー右上の新規追加をクリック。



すると下記のような画面となります。
この設定画面を見て下さい。
嬉しいじゃありませんか!

どうですか?

私はこの画面をみて小躍りしました。
「本当にこんなことまでできるのか!」

冗談ではなく
本当に踊り出したい気持ちになりました↓



3


どうですか?

会員の有効期限の設定が可能です。
無期限
日数設定(3日間だけ…とか可能)
週設定(2週間だけ…とか可能)
月設定(1か月だけ…とか可能)
年設定(1年だけ…とか可能)

他にも
何年何月何日までという
具体的な日付期限も設定可能です。
※例 2017年1月1日までとか…

すごいでしょう。




これが何を意味するか分かりますか?




Simple Membershipでは
複数の会員レベルの設定が可能です。
Paypalと連動しているので
課金会員にも対応しています。
そして任意の記事にその設定を
適用することができるのです。


その上で
これができるということは
例えば先にご紹介した
Simple Membershipで会員制サイトを作ろう!2
に書いたように商品販売ページなどを
作った場合に
このSimple Membershipを使って
例えば
1週間とか或いは2週間とか
あなたが自由に
そのダウンロード期限を設定可能です。

つまり
2週間にした場合
2週間はそのページにログインできますから
その間であれば自由にダウンロードできますが
それを過ぎるとログインできなくなります。

もう一度ログインするには
支払いを済ませなければならないので
購入者が漏らしたIDとパスワードで
不正に第三者にダウンロードされることを
未然に防止できるのです。

特定ページだけ専用の会員を
複数設定できることが可能であるということは
このように商材別個別有効期限付き
ダウンロードページ機能を装備した
販売サイトを運営することも可能となります。



また3日間だけ特別キャンペーンを
実施したい!なんていう場合
ここで設定することにより
誰でも3日間だけはログインできる
キャンペーンページを簡単に作れるのです。

さらには…
特定年月日の指定もできますので
3月31日までキャンペーン等
任意の日時までのキャンペーンも
自由に展開することが可能になります。

どうです?

いいでしょう?

まあ、今回の場合は
購入者様限定サイトですので
期限は無期限としますが…。

ここで設定を済ませると
新たにあなたが設定した会員が
先ほどの会員ページに追加されます。

4


↑この赤丸内のというのが
今回設定した会員IDとなります。
このIDはこれ以降の設定で必要となりますので
覚えておきましょう。

次に

作成した会員の各種設定をします。

5


WP Membershipから
設定をクリック



6


ここでは上記のように
設定しました。

無料会員を有効化にチェック

無料会員のレベルIDを2に

Moreタグ~にチェック

Adminバー~にチェック

デフォルトステータスを有効に

ここまで済んだら下へ行って
変更を保存をクリックします。

7
※今回は有料化はしませんので
Paypalのsandoboxt等の設定は
不要なのでそのままスルーします。


これで会員設定が終わりました。

最後に

カテゴリー設定で有効にします。

10




おめでとうございます。
これであなた専用の会員サイトができました。


無料会員ならほぼこれで
終わりです。簡単でしょう?

たったこれだけのことで
会員専用サイトができるのです。



また
このSimple Membershipは
個別記事に対して
会員専用か?一般公開か?を
UP記事に、その都度に個別設定できるので
例えば、独自コンテンツの会員専用サイトを
作ってそれに興味のあるけど、会員として
登録するのはためらっている…なんて
いう人向けには公開用として
記事をUPしていけば、
(会員も非会員も両方閲覧可能)
その記事を読んでもっと専用の記事を
読みたいっ!と思った人がドンドン会員に
なってくれるかもしれません。


つまり
会員専用サイトと明確に考えなくても
例えば、現在運営中のあなたのブログに
(wordpressで運営していることが必要)
このSimple Membershipを
組み込めば、過去記事に対して
あなたが独自に
この記事は専用記事、
この記事は一般公開記事と
後から分けることによって
あなたの記事に興味がある人の
メールアドレスを集めることも
実質可能となるのです。



ブログUPしていて感じること
ありません?



「今回のこの記事有料級なんだけどな?」



なんてこと。ちょっと一般公開は
もったいない記事だなー。なんて時。
その記事は会員専用記事として
限定公開すればいいんです。

すでに公開済みの記事でも
後から限定公開設定はできますから
公開済みの記事をセレクトして
会員専用記事としてロックします。



何も言わずに
【この記事は会員専用です。興味のある方は
フォームから登録して下さい。】
なんて突然載せると見ている人も
あまりいい気持ちはしないものです。



「なんだよ!高飛車だな!」



となりがちです。
あなたも経験あるでしょう?

ネットで探し物をしていて
目当ての記事を見つけたら…
【この記事は会員専用です。】

なんて出て最後まで見れない…

ムカつきません?何だよっ!って
それと同じです。



ですからいきなり限定設定をしないで
一般公開記事として1~2記事
前フリで軽くUPしておいて
情報としてはできるだけ公開します。
そして
キモのところだけを
【すんませんケド 有料級なんで
登録お願いっ!ねっね!】なんて
やんわりお願いしておけば
割かしマシなのではないでしょうか?



さらに…
本当に有料級のノウハウを
課金することによって
ログインできるように設定も
できますので、読者の期待を
裏切らないようなノウハウがあれば
このSimple Membershipを
使うことでプライベートインフォプレナー
(そんな言葉あるのかっ!?)
としてデビューすることも可能です。



まあ、やり方はともかく
これよって
あなたが運営するブログは
単に情報を一般的に公開するブログから
メアドを登録しても欲しい人には
それなりの記事を公開するという
双方向(運営者と購読者)ブログに
変身することが可能となります。



そのためにはそれなりの内容の
記事が必要とはなりますが…(笑)



単に情報発信ブログから
レベルに応じた記事発信ブログへ
変身することが可能になり
かつ収集したメアドによって
ブログだけでなくメルマガも
併用することが可能になります。




いかがでしたでしょうか?
今回ご紹介しております
wordpress+Simple Membership
まさに題名通り
簡易的でありながら
必要十二分な会員サイトを
チャチャッと作れてしまいます。

今回私は
wordpress+このプラグインにより
欲しかったサイト以上のものを
手に入れることができました。


そして
この組み合わせは
もちろん私だけでなく
あなたのネットビジネスを
大いに加速させてくれる
大変意味のあるプラグインなのです。



※注
今回の記事は有料級なので
早く読んでおかないと
Simple Membershipによって
ロックをかけます…(笑)

 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 初心者でもできるっ!アフィリエイトとは? All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます