実は…
ブログの更新が全然できていません。
理由は色々あるのですが
それはともかく…


まあ
私も含めて一般的なアフィリエイターは
片手間にやっているわけで
時間の無い人が大部分ですな。

片手間にあれもしてこれもしてと
結局どれも中途半端に。
途中で終わり…

なんてかんじになってしまいます。

ネットの世界では
(リアルもそうだけど)
継続が命。

継続。

できますか?継続。
しています?継続。


率直に言うと好きなら別ですが
継続は大変です。
好きでも大変なんですから…


私のこのブログのように
適当な戯言をダラダラ書くのも
できなくなっちゃう位だから。

適正を合わせて
キーワードを絞って
ブログを継続して更新する。
毎日欠かさず1000記事。

できないですよね?
ふつー。


そうです。
できません。ふつーは。


でも
ふつーでなければ
できるんです。

私はもう大方10年位
ダメアフィリエイターとして
君臨していますが(^_^;)
分かったようで分かっていませんでした。

何が言いたいかというと

ブログの更新は人に対して
行うのでは無いということ。

これが今まで
全く分かっていませんでした。

だから…

稼げない。

稼ぐためには
ふつーでないことを
しなければならないのですね。


これならできます。

どんどん

できますわ…


こうして稼ぐのですか。
なるほどね。








ちょっと意味深に書いたので
「どゆこと?」
っていう方が多いので
もうちょっと具体的に言うと…

ブログにも2タイプあって
ちゃんと人様に見せるようブログと
適当だけど毎日更新対策ブログが
あります。
(私の場合)

この初心者でもできるっ!は
ちゃんと人様に見せるようブログです。

人様に見せる用は
それなりに記事を考えて書くので
更新作業は大変です。

ところが
適当だけど毎日更新ブログは
検索エンジン対策なので
記事は適当です。人様用では
無いので更新作業が楽です。

仮に
人様用をA
適当用をBとした場合

通常人は
Aはなんとか続けらるけど
Bを続けるのはしんどい…
となりがちです。

ちなみにこのブログはもう
3年以上続けていますが
適当ブログを毎日3年続けるのは
結構大変です。適当だからこそ
3年も毎日続けるのはかなりのもんです。

通常人は
適当(でたらめ)作業を
毎日何年も続けられません。


そこで

適当でいいんだから
テキストミキサー使ったら?
ということになります。

テキストミキサーとは
同じ意味だけど言い方をかえて
文節を何種類か作ります。

そしてそれらをつなげて
一つの文章を作成するという
単純明快なシステムなのです。

つまり

今朝の
朝食はハムエッグとコーヒーでした。
朝から元気モリモリです!


と言う文章があるとすると
これらを文節(単語?)で区切ります。

今朝の
朝食は
ハムエッグとコーヒーでした
朝から元気モリモリです!

これを言い方を変えて
同じような意味に変えます。

今朝の
今日の朝の
Today モーニングの
全く眠くてたまらない朝の
なんとか起きた今朝の

朝食は
朝飯は
あさごはんは
朝の食事は
朝のメニューは


ハムエッグとコーヒーでした
納豆とあったかごはんでした
塩さけとのりのごはんでした
スクランブルエッグとトーストでした
以下略

まあ

こんな風にしてあとは
適当につなぎ合わせると
あっという間に文章ができあがります。

エクセルなんかでも
できると思います。

すると

5×5×5×5×5=3125通り
の文章ができる?
(合ってます?)

ということです。

ですから
このように予め選んでおいた
キーワードを使って
テキストミキサーを行えば
指定キーワードを含んだ
文章があっという間に
できあがります。

複数ブログも簡単に更新完了です。

もちろん
人間が読むと意味は通るが
何か変?と感じる文章になりますが
更新することが目的なので気にしません。

これを続けることにより
人間からは見向きもされませんが
検索エンジンからは高評価?の
サテライトブログが複数、簡単に
できあがり!となるわけです。

そして

本命のブログや
セールスレターに対して
この高評価ブログから
リンクを送ると…

人間が読めるサイトが
検索順位で上位に食い込む!

検索順位で上位になると…

売れてしまう…

とこういう筋書きなのです。


通常の感覚では
ブログとは人に対して
配信するものとなりますが
これがふつーでありまして

対して

検索エンジンに対して
配信するのがこの
テキストミキサーを使った
ブログでして
これがふつーじゃないもの。

ふつーじゃないことを
すると、それなりに
デメリットもありますが
それをあまりある
手軽さは片手間
アフィリエイターの強い味方と
なるかもしれません。

アフィリエイトで
稼ぐにはとにかく手を
動かさねばなりません。

記事を書く、更新する。
発信し続けなければ
当然ながら
報酬も発生しなくなります。

やらねばならないのは
分かっていながらも
なかなか先に進めない…

そんな兼業アフィリエイターの
苦肉の策がこのシステムなのです。


スポンサーサイト



 タグ
None