以前
iphone(アイフォン)に替えました。
って言う記事をUPしましたが
あれから早2年…

そう
当時5年間も使用していた
ソフトバンクの東芝911T という
ガラケーから

auのiPhone(アイフォーン)5の
スマホに番号そのままで
移転したのでした。

それが2年前
初めて手にしたスマホが嬉しくて
たまらなかったあの日々…

あれから2年
私はiPhone(アイフォーン)を卒業しました。
別にiPhone(アイフォーン)が
大嫌いになった理由ではありません。

ちょっと
嫌いになっただけで
それに
アンドロイドもいいかなって
前から気になっていたので

ドコモのxperia z3に変わりました。

スマホ大きさ比較


一番左がiphone5 真ん中がz3 compact 一番右がZ3

見て頂くと分かる通り
iphone5とz3 compactは
ほぼ同じ大きさです。

外寸はiphone5の方が若干小さ目と
なりますが、厚みはz3 compactの方が
薄くなります。

大きさはほぼ同じですが
写真で見ると分かるように
画面サイズは異なります。

iphone5が4インチなのに対して
z3 compactは4.6インチもあります。
z3に至っては5.2インチもあります。

この画面サイズの違いは
操作性も含めてかなりの
違いになってきます。


携帯電話会社のおかしな仕組み


なぜz4にしないのか?って
一括0円だからです。

これから変わるかも知れませんが
現状携帯電話は3社独占状態です。

ご存じ
ドコモ au ソフトバンクです。

そして
この3社でユーザーの取り合いを
常にしているわけです。

以前は電話会社を変えると
電話番号も変わりましたが
数年前から番号はそのまま
移動できる番号ポータビリティ?
とかいう画期的なシステムが導入されました。

これにより
携帯電話の番号を
2年ごとに変えるという手間が
なくなったのでした。

しかしながら
各社の契約者獲得合戦は
2年ごとに行われており
私の場合も同じ番号で
      
au   w44s  (2年)

w44s1.jpg


softbank 911T (5年)

911T.jpg


au iphone 5 (2年)

iphone5.jpg


docomo expria Z3 (現在)

z3.jpg


と変わってきています。

日本の携帯電話販売は
大抵2年しばりになっており
大変おかしなシステムで
長く加入する人よりも
新しく加入する人の方が
優先されることになっています。

今回の場合も
私はauで2年加入しており
別にauをやめる理由はないのですが
機種変更でxperia z3に変えると
月々何千円かを支払わねばなりません。



もう一度言います。



私はauに2年間加入しており
iPhone(アイフォーン)5が調子悪いので
xperia z3に機種変更したいと思いました。

当然auにもxperia z3はあるので
変更すればしまいですが
そうすると今までかかっていなかった
機種負担金ン千円を毎月支払わねば
なりません。

auで真面目に2年間
スマホ代を払い続けていた私が
同じauでxperia z3を使うと
通常の電話代以外に
今までかかっていなかった機種使用料が
月々数千円も請求されるのです。



ところが…




auをやめてdocomoに移ると
全く同じ機種 xperia z3が

全くのタダ!(;゚□゚)
でもらえちゃうから驚きです。

一括0円



しかもそれだけではありません。
商品券を1万円分も
その場で手渡しでもらえます。



どうですか?この違い。
あなた
機種変更して月々数千円を
余分に支払い続けます?


同じ商品が
加入したままだと数千円
月々請求されますが

解約して
他社に移れば無料です!


本来なら
お得意さんにはサービスして
一見さんにはそこそこのはずなのに

携帯電話会社では
お得意さんは全く無視で
一見さんは新機種無料+
さらに1万円の商品券までくれるんです。


ご存じでした?



世の中にはおめでたい人がいて
同じ携帯電話会社で
何年間も契約し続けるファンがいますが
そのような人は古いスマホを
ずっと使い続けているのが現状です。


本来の趣旨から逸脱して
長くなってしまいますので
細かい説明は省きますが
そのようなおめでたい信者によって
莫大な利益を享受した
携帯電話会社がさらにシェア拡大のために
無料で新機種をばらまいているのです。


新機種はエサです。
それだけでは儲かりませんが
信者化させればその後
何年間も濡れ手で粟の不労所得を
延々と享受できるのですからやめられません。


どれだけ信者を増やせるか?

それがやつらの狙いです。
早く気づいて下さい。






ともかく
お得意さんから多額の金を取り
一見さんは優先してタダにするだけでなく
キャッシュバックまでくれるんですから
おめでたい信者でなかったら(笑)
誰でもキャリア変更するでしょう?


ね?
長くいたって
何のメリットもないんだから…
何してくれるワケでもないし。

常連さんよりも
新規客の取り合いしてるんですから
新規客になった方が得ですよ。
アナタも…


というわけで
私も2年でauからドコモへ移動しました。

私と家内の2台分
iPhone(アイフォーン)5から
xperia z3
xperia z3 compact

の2台へ変わりました。

6月現在で
一括0円 キャッシュバック1万円×2
となっており
条件としてはマニアの方からすれば
たいして良くないかもしれませんが
とことん安いところを探す能力も
情熱もないので、こんなところで
大阪 森ノ宮のドコモショップで
フラッと入っていきなり契約しました。



キャリアごとに設定周波数が違う!


ドコモにした理由の一つに
2年後にSIMフリーに挑戦しようと
密かに心に計画していることが
上げられます。

専門的なことは分かりませんが
同じxperia z3でもキャリアによって
使用する周波数が異なる設定に
なっているとのこと。

つまり
docomoのxperia z3と
auのxperia z3と
softbankのxperia z3では

スマホとしての
xperia z3は同じなのですが
内部に設定されている
使用周波数帯の設定が

docomoはdocomoの周波数帯
auはauの周波数帯
softbanbkはsoftbankの周波数帯に
設定済みであり勝手に変更はできない!

ということです。

当然2年縛り終了後に
Simフリー作戦を実行した際にも
この周波数は絡んできますので
docomo版のxperia z3はdocomoの周波数
au版のxperia z3はauの周波数
softbank版のxperia z3はsoftbankの周波数
でしか使用できません。

使用できる周波数が一番多いのは
当然ながら旧電電公社、つまり
親方日の丸だったドコモなのは間違いなく
よって
私はドコモのxperia z3を選択したわけです。

かなり
だらだらと列記しましたが
Simフリーならdocomoだね!ってコトです。



実際にxperia z3を使ってみて


さて…

ともかく
xperia z3を使ってみての第一声は

で・でかいっ!(;゚□゚)

ってことです。

それまでのiPhone(アイフォーン)5と
比べるとまるで2回りも大きいのです。

まあ…
初めから分かっていたことですが
さすがにでかいなってーのが
第一印象でした。

私は仕事の関係上常に上着の
胸ポケットにスマホを入れる必要が
あるのですが、iPhone5は余裕で
収まるのですが、このxperia z3は
もー無理やりこれでもかっ!って
やってやっと収まります。はぁ、はぁ。

ともかく
収まります。なんとか。ボタン取れそうダケド。

収まりゃいいので
なんとか難関をクリアーしました。

この携帯性をクリアーできれば
xperia z3のデカさはその他の面では
逆に大きな利点に変わります。


とにかく見やすい大画面!


とにかく見やすい!
これにつきます。

画面が大きいと良く見える!


それまでiPhone(アイフォーン)5の
小さな画面しか見ていませんでしたから
とにかくxperia z3の大画面はいい!

最近とみに
スマホの小さな文字が見にくい…
(歳と共に小さな字が見えないのよ!)
と悩んでいたのですが
メールもウエブも良く見えて
とってもうれピー!ヽ(´▽`)/

タブレットを所有してれば
その方がもちろん見やすいですが
スマホ1台で済まそうって人は
やっぱコレでしょう!

携帯できるギリギリの大きさ
5.2インチの大画面!
ネット画面を見るのがもー
百倍快適に!



予測変換で文字入力が激早に!



さらに
画面が大きいということは
表示できる情報量も多くなり
例えば文字入力などは
iPhone(アイフォーン)5と比べて
数倍楽になりました。

予測変換が結構優秀なことに加えて
画面が大きいので表示される
予測変換の単語数も多く
大体が全部入力する前に
予測で表示されるので
それをクリックする簡単さ。

PCでの入力はもちろんキーボードが
使えるのでこちらの方が早いのは
言うまでもありませんが
スマホなど小さな画面では
タップ等して文字入力をしなければ
ならないので、この予測入力が
どれだけ優秀でどれだけ数が
表示可能か?が
入力速度に密接に関係してきます。

というわけで
文字入力のしやすさ、速さも
iPhone(アイフォーン)よりも
xperia z3に軍配が上がると
私は思います。

予測入力には当然学習機能がありますので
使えば、使うほど自分に適した
文字入力端末となっていくのです。

入力補助

文字入力は予測変換機能が優秀で
全部入力する前にたいてい表示される。



各種のカスタマイズができる


xperia z3では
iPhone(アイフォーン)と異なり
かなりカスタマイズが可能となります。

例えば
待ち受け画面の使用頻度の高い順に
アプリを入れ替えたり、名称をつけたり
代えることができます。

より細かい設定が可能となっています。

しかし
逆に言えば、iPhone(アイフォーン)では
これらのカスタマイズが制限がある代わりに
誰でも簡単に使える機能が進んでいる、と
言えるかもしれません。

直感的に使える簡易さは
iPhone(アイフォーン)の方が上でしょう。


サクサク感がたまらない!


これは個人の環境にも左右されますので
絶対ではありませんが、少なくとも私の場合
auのiPhone(アイフォーン)5よりも
docomoのxperia z3の方が
ネット接続がサクサクです。

ブラウザでWebページを見た場合の
表示速度、ページ切り替え等
全てにおいてdocomoのxperia z3が上です。

以前
auのiPhone(アイフォーン)5を使っていた時は
付属のsafariとopera miniの両方で
比べながらネットを使っていましたが
体感ながらdocomoのxperia z3の方が
サクサクでストレスがありません。

ちょっとしたことなんですが
ほんの0.1秒でも遅さは体感として
実感できますのでページを変えるたびに
遅い方がストレスを感じます。

逆にほんの0.1秒でも早ければ
使っていて嬉しくなるのです。
(不思議なことですが…)



抜群の音声通話


10年ぶり位に
docomoに戻ってきたわけですが
一番痛感したのは音声通話です。

電波の入りやすさ
音声品質等
もう抜群ですっ!o(^o^)o

ネットも電話もサックサク


具体的に言うと
私の現在の住居は大阪なのですが
地上22階の高層住宅です。
建物の作りごついのか
室内では電波の入りが悪かったのです。

softbankの時は正直室内で
携帯電話(その時はガラケー)通話していると
いきなり切れたりしていました。

auのスマホに変えてからは
若干は改善されましたが、それでも
通話がとぎれとぎれでわざわざ
ベランダに出て話をしないといけない有様…

タバコ吸うんじゃないんだから
電話するたびにベランダに出ないといけないって
そんな不便なことはありません。

ところが
10年ぶりにdocomoを使ってビックリ!
softobankやauとはくらべものにならない
通話品質の良さ!全然切れません。
相手の息遣いまで聞こえるクリアーさ。

もうどこの部屋にいても
普通に自然に電話で話せる幸せを
久々にかみしめています。

おまけに
一部では不評ですが
カケほーだい2700円に加入しており
(新規で加入はこれしか選択肢が無い)
固定電話にかけても
携帯電話(キャリア問わず)にかけても
24時間どれだけ通話しても
一律2700円という固定料金です。

日本中どこにかけても
固定電話・携帯電話問わず
2700円以上は一切料金はかかりません。

これを良しとするかどうかは
人によって様々ですが
私の場合はこれまで月に
1万円以上はフツーに通話料金として
支払続けているので嬉しくてたまりません。

そう
料金を気にしながら通話する必要が
全くなくなったのですから…

こうなったら
家の固定電話で電話するより
携帯電話で電話した方が
コストフリーになってなんだかな…って
カンジですね。

益々携帯電話の必要性が
強化されたような気がします。


かゆいところに手が届く日本製スマホ


まとめになりますが
今回docomoのxperia z3を使ってみて
やっぱ
日本製の方がかゆい所に手が届く…
というのが実感です。

もちろんiphoneが悪いということではなく
当然
iphoneでなければならない機能というのも
多くあり、一緒に比較はできないのですが
端末として使いこなす上でやはり
xperia z3の方が私には合っているかな?
というのが実感です。

私の使い方としては
主にビジネスで使っており
ゲームなどは一切(一切です)しません。
よって他の方とは一概に比較は
できないかもしれません。

私の感覚としては
文字入力の完成度
スケジュール入力のしやすさ
電池の持ち等
全てがiPhone5を上回っていると思います。

他にも上げればきりがありませんが

☆標準でTVが見れる(フルセグ)
☆防水・防塵加工済み(水濡れOK)
☆SDカード使用可能(容量アップ可)


一方でiPhone(アイフォーン)の方は
完成された美しいデザイン
誰でも直感的に使える簡易性等

単純に比較はできません。



iphoneをやめた本当の理由


※最後に
iphoneを継続しなかった理由を
今一度上げてみると
次の理由かもしれません。



1.電池が1日持たなくなった。

これは大変困ります。朝100%でも
午後3時位になると30%を切ったりします。
また、電池自体がかなり消耗しているようで
残り20%と表示されていても、次の瞬間
突然0%になり強制終了したりしました。

メモリー効果によるのでしょうか?
ともかく2年が限度のようでした。

※追記
このiPhone5での容量30%で
突然電源が切れるのはバグ?らしく
アップルで無償で電池交換してくれる
プログラムが発動していました。

iPhone5無償電池交換プログラム

私自身全く知りませんでした。
知っていれば即座に利用していたと
思います。

そしてdocomoに移ることも
もしかしたら無かったかもしりません。

当然、当時auからは何のアナウンスも
ありませんでした。失礼な話です。
契約会社としては顧客の利益を図るのが
努めのはずなのにその職務を怠っており
その結果
私はauを解約してdocomoに移りました。

まあ

auの怠慢のおかげで私は幸せになったので
感謝すべきですね!(笑)



2.突然SIMなし表示がでる。

これも困った現象でした。
もちろん正規のSIMが挿してあります。
それにSIMの抜き差しも一切してません。

にも関わらず
使用後2年近くなると
このSIMなし表示が頻発するようになりました。

たしかに
一旦SIMを出して表面を拭いて
入れ直せば直ることが多いのですが
これが頻発するとやっかいです。

仕事中
胸ポケットに入れている間になると
ネットはおろか電話も一切つかえません。

「電話が鳴らないな?」

とスマホを取り出して見てみると
いつの間にかSIMなし表示になってる!
という有様で大事なお客様からの
電話を取り逃す事態が発生してしまいます。

笑いごとでは済みません。


3.このケーブルはアイフォン純正ではありません。

上記のような警告が出て
充電ができなくなってしまいました。
純正のケーブルを挿してもです。

このように
使用後2年近くになると
おかしな現象が頻発するようになり
iphoneへの不信感が日増しに
募るようになりました。

結果として
Androido機への乗り換えと
なった次第であります。

iphoneの名誉のために
言っておきますと
私のスマホがたまたま
そうだっただけで、これが
iphoneの全てではもちろんありません。

今でも私はiPhone(アイフォーン)が
大好きですし、その魅力はたまりません。

結局
どちらがいいとか悪いとかではなく
使い続けていくことができる端末が
自分にとっていい端末なのかもしれません。

どっちも大好きー!



P.S.
docomoのxperia z3を
使い初めて1ヶ月…

快適に使っていたのですが
ある日、胸ポケットに入れていて
ちょっとした接触があり
「パリッ」
と乾いた音がしました。

「ん?」

と思って見てみると…

ガビーン!(;゚□゚)
液晶パネルが割れている!

使用はできるのですが
これではあまりにも
あまりデス…

早速購入した店舗へ
急いだのですが…




あなたは携帯ショップへ
行ったことがありますよね?

なに?

購入して時以来
一度も行ってない?


そうですか…
それは良かった。


携帯ショップは
最近では大規模店は
まるで銀行のように大きく
駐車場もあり
入店するやいなや
女の子がいらっしゃいませ!と
笑顔で迎えてくれる。


快適空間!





と思ったら大間違いですよ。


「どのような御用ですか?」

とまず聞かれますので
それに答えると
次のようになります。


まずあなたの答えですが

1.新規加入を考えています。
2.機種変更に来ました。
3.料金の支払いに来ました。
4.故障したので直して欲しい。


このいずれかだとしましょう。
すると
1~4の順番で待ち時間が長くなります。

あなたが携帯電話(スマホ)を
購入した店舗に行った際に
ガラガラだった場合は無関係ですが
若干でも待っている人がいる場合
もし、あなたが修理依頼で来店すると
後から来た人にどんどん順番を抜かされます。

これは事実です。


軽い気持ちで修理依頼に行った私は
衝撃の事実に直面したのです。

そう
私はdocomoshop 大阪森ノ宮店で
実体験しました。



この店では客が待つ間

「こちらへお座り下さい」

とテレビがある壁むきの椅子に座らされますが
その人は上記の4の人なのです。

そして
後から来店する
1~3の人はその席に座ることなく
どんどん即座に対応してもらえます。


お分かりでしょうか?


特に1.の人なんてもー
これ以上の笑顔は無いっ!つーくらい
満面のほほえみで
どんだけ人が並んでようが
ソッコー係の人に案内されます。


そう1ヶ月前の私です。
新規契約に訪問した際
全く待つことも無く
全てが迅速にあっという間に
契約が済みました。しかも快適に。


その時の対応を期待して
修理依頼に訪問した私がバカだったのです。

これが資本主義です。
金が全てなのです。

おいしい客が優先されるのです。
そんなわけで液晶画面が割れた私は
対応してもらえるまで小一時間も
壁際のTVに向いて座り続けるはめに…。



その間

「機種変がしたいんだけど!」

「料金を払いに来た!」

と私の後から後から
大勢の客が来ました。


そして、そのたびにドンドン
順番を抜かされ続けたのでした。

なぜ私が
その人達が何の用件で来たか分かるかって?


だって私のすぐ後ろで
自動ドアが開いて人が入ってくるたびに
女の子が

「どのようなご用ですか?」

って聞いているので全て分かってしまうのです。


と、まあこんなカンジでした。
時間が無いときに修理依頼をしては
いけません。覚えておいて下さい。

私は契約したばかりで
修理保証に入っていたので
てっきり無料で修理してくれると思いきや
きっちり5,000円取られました。

「えー無料じゃないの!」

と私が言うと
本来なら数万円しますよ!
逆に脅かされる始末です。

何が保証なのか…
さっぱり分かりません。

特に何年間も継続して
保障サービスに加入するのは
愚か者と言えます。

だって修理代を遙かに上回る
金額を支払い続けて尚且つ
修理時には5,000円を平気で
上乗せ請求されるのですから…。


というわけで
何が言いたかったかというと
iPhone(アイフォーン)5に比べて
薄くて大きなガラス製液晶の
Xperiaはきちんとケースに入れようね!
って話でした。

あっという間に
パリンと画面が割れてしまいますから…。


ちまたでは
iPhone(アイフォーン)7が発売されて
大騒ぎですが
iPhone(アイフォーン)をやめて
早2年…

Androidに変えて
何の不都合もありません。

それに
以前のiPhone(アイフォーン)5ですが
ここだけの話
Wi-Fiで家でガンガン使用しております。


全く0円でXperia z3を入手したので
まだ新しいiPhone(アイフォーン)5が
手元に残ってしまい、私としては
ソッコー売り飛ばそうとしたのですが
家内が子供らに置いておいてと言うので
泣く泣く子供のおもちゃになりました。


それに…

ご存じでした?

iPhone(アイフォーン)5の
電池交換って自分でできるんですよ!
しかもたった500円で!

恐ろしい時代になりましたね?

もちろん
私もやりました。




携帯電話会社
docomo au softbank
この独占3社による不労所得
獲得合戦ですが
ようやく政府の指示により
ほんのわずかですが改革されつつ
あるようです。

あなたが金持ちなら
携帯会社に寄付をし続けるのも
結構なことだと思いますが
お金が無いのなら
もっと賢く情報収集をするべきです。

だって
毎月数千円単位で
支払う金額が変わってくるのですよ。
それもスマホを使い続ける限り。

この先10年、20年と。

使うでしょう?スマホ。





iPhone(アイフォーン)やめて
Androidにしましたが
本当に良かった(色々な意味で)と
思っています。

さらに来年には
このz3を使ってSIMフリー作戦を実行し
さらにお得に使い倒すつもりです。

金が無い者は
頭を使うしかないからです。

(終わり)





スポンサーサイト



 タグ
None