さてさて

ソフトはダウンロードできましたか?

今回はソフトは置いておいて
原型となる表紙から作っていってみましょう。
ソフトを使用する際、表紙と背表紙が必要となるからです。

題材は申し訳ございませんがtomchi作となります。

今回作る表紙

↑この表紙は4つのパーツからなっています。
まず上段になんのシリーズかと一目で分かる共通アイコンの表示

中段には黄色枠に黒字で内容を示すテキスト

下段には帯(今回は青)を配置してテキストを表示

さらに画像を配置して人目を引く作戦です。

黄色枠と青帯の間はわざと開けて
その時々のキャンペーンなどを表示するエリアとしています。

それでは…

順を追って作っていきます。

元となる枠 グラデーションをかける。

↑まず、表紙の元となる四角の枠を作ります。

大きさは適当で構いません。縦、横共に大体で結構です。
どうせ縮小するので比率だけ(縦、横の)を気にすればいいです。

表紙の色は
背景なのであまり目立たず、無難なところが良いかと…
さらに若干グラデーションをかけるとスマートです。


題名枠と題名テキストを入れる。

↑題名となる部分です。
今回は黄色の枠に黒字のテキストとしてみました。
この部分も画像としてしまわず、テキストデーターを残しておけば
次回作の時に簡単に題名を作り変えることができます。

さらに枠の周囲を若干ぼかして雰囲気作りをします。


上段と下段を同時に説明

↑上段と下段を同時に説明します。
 上段にはシリーズ名と共通アイコン(tomchi)を入れて
 ブランド化を図ります。(オイオイ)

下段には帯を配置して魅力的なテキストを?入れます。


テキストを配置

↑テキストは何を入れてもいいと思います。
 どうせ縮小するのでつぶれて見えません。(ハハハ)
  
 しかし、ここで手を抜くわけにはもちろんいかないので
 部分的に色を変えたり、さらに四角で囲ったりして
 カバーとしての雰囲気作りを強調します。


いよいよ画像を配置する。


↑最後に画像を配置します。画像を入れるとぐっと表紙がしまります。
 今回は男性を入れてみました。

 この画像の部分は内容によっていろいろ変えてみると 
 面白いと思います。
 
 或いは男性画像と女性画像の表紙をそれぞれ用意して(同じレポートで)
 ダウンロード率を比べてみたり…
 レイヤー分けをしておけば、簡単に画像の入れ替えができます。

たとえば…

画像入れ替え例 女性バージョン


↑画像を入れ替えるだけで雰囲気がガラっと変わります。
 画像によっては帯のテキスト枠の範囲が変わるので
 その場合はテキストを変更したり、テキストの間を詰めたりして調整します。
 
 今回はテキストを詰めて調整してみました。

どうですか?簡単でしょ?
これらのパーツをレイヤー分けしておくことで
次のレポートを出す際に簡単にシリーズ化することもできますし
ロゴやテキスト、帯の色、画像を変えることで
全く別の表紙にすることも可能です。

雛型を作っておくことで、次回作は大幅にスピードアップする
ことができます。(これがパソコンの良さですね…)

実際にどのように作っていくかは、次回より

つづく…
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None