それではタイトル枠に参りましょう。

その前に新規レイヤーを追加します。
レイヤーのダイアログ一番下右側の紙のマークがそれです。

レイヤーのダイアログは
メインメニューの
ウインドウ→ドッキング可能なダイアログ→レイヤーで出ます。


レイヤー


もしくは
同じく
ウインドウ→最近閉じたドック→レイヤー、チャンネル、パス、…で
出したウインドウの右端のマークをクリックしても同じです。
こちらの方はアンドウとかも見れるのでいいかもしれません。


レイヤーウインドウを出す2


新規レイヤーを追加するとサイズをきかれますので
同じサイズでOKを押します。

新規レイヤー サイズをきかれる。

タイトル枠を入力するので、ツールボックスの右上四角のマークを
クリックして枠を作って下さい。

後でいくらでも変更できるので適当で結構です。

ツールボックスから四角を選ぶ


四角を入力

四角を書いたら黄色に塗りたいので
ツールボックスの下にある二枚紙がかさなったような図の上の紙を
クリックして描画色変更画面を出し

4つあるタブの右端(人さし指マーク)をクリック

黄色を選び

OK

※ この作業は色を変更する場合、必ずする作業なので覚えて下さい。
この後も何回も出てきます。

塗りつぶしの色を選択する

黄色を選んだら
ツールボックスの塗りつぶしマークをクリック

さきほど入力した四角の枠内でクリックすると
枠が黄色で塗られます。

塗りつぶしを選んで色を塗る(黄色)

今度はその枠の外周に色をつけたいのです。

つまり
四角を四角として描写したいのです。(何かへん?笑)

GIMPでは他の画像ソフトのように単に四角い図形を入力という
メニューがありません。四角はあくまでも決められた四角の範囲という
扱いであり、枠線が欲しければ、自分で入力するのです。

それでは枠線を入力しましょう。
まず
枠の色を決めます。

上で黄色を選んだのと同じように

ツールボックスの下にある二枚紙がかさなったような図の上の紙を
クリックして描画色変更画面を出し

4つあるタブの右端(人さし指マーク)をクリック

黒色を選び

OK

色を選択したらメインメニューの編集を選んで

選択範囲の境界線を描写

線スタイルを設定して描写(今回は0.5ピクセル)

描画色を選択

これでストロークを押す

小さな画面では分かりづらいですが
これで黄色の枠の周囲に実線が入りました。

境界線を描画を選ぶ


境界線の詳細設定をする


次に
そのタイトル枠に白い四角で縁取りをして
尚且つその周囲に影をつけたいのです。

このやり方については色々と方法があり、私のやり方が
一番良いかは分かりません。

あなたがやってみて一番良いと思う方法を選択してください。

ここでは以下のようにやってみます。

まず、枠を作ったのと同じように新規レイヤーを作ります。


レイヤー

レイヤーを作成したら
先ほど作った黄色の枠よりも後ろに配置したいので
レイヤー画面でドラッグして
黄色枠のレイヤーの後にセットします。

レイヤー移動→黄色枠の後ろにセットする。

そのレイヤーに黄色の四角よりすこし大きな白い四角を
入力したいので

メインメニューの選択

選択範囲の拡大を選んで数値を任意で入力します。
(今回は3ピクセル)
選択範囲の拡大を選ぶ

選択範囲の拡大幅を指定

先ほどの黄色の四角と同様に
今度は白色に塗りたいので

二枚重なった紙のマークの上の紙をクリック

描画色を変更画面より白色を選ぶ

OK

ツールボックスの塗りつぶしを選んで

枠内をクリック 白色に塗りつぶされる

白色を選ぶ

↑白色を選んで ↓塗りつぶす ※ここで黄色枠が白枠だけになってしまった場合は
レイヤーが移動できていません。(白レイヤーが上になっている。)
レイヤー移動で白レイヤーを黄色レイヤーの後ろに置いて下さい。

枠内に白色をあてる



ちょっと長くなりましたが
最後にこの枠の周囲に影をつけます。

メインメニューのフィルタ

照明と投影

ドロップシャドウを選びます。

ドロップシャドウを選ぶ

枠の周囲に均等に影をつけたいので
オフセットはX,Yともに0
その他はお好みで調整して下さい。

最後にOKで完了。


ドロップシャドウ オフセット0で周囲に影をつける。



ドロップシャドウで周囲に影がついた!

以上がタイトル枠の入力でした。

次回は、このタイトル枠にテキストを入力していきます。

つづく
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None