前回はタイトル枠の入力でした。

今回はその枠にテキストを入力します。

タイトルを入力

GIMPでテキストレイヤーを保持して(通常は何もしなくても保持される)
データーを保存しておけば、次に呼び出したときに
テキストをちょっと修正するだけで新しいレポート用の表紙が出来上がります。

例えば

タイトル変更の例

こんなカンジ(タイトルバック色も簡単変更です!)

それではいってみますか?

前回までのタイトル枠はできているものとします。

フローティングメニューのツールボックス下から
3番目のAというマークをクリックします。

このAというマークがテキスト入力メニューです。

もし、ツールボックスが画面に出ていない場合は
メインメニューのウインドウ→ツールボックスで出てきます。

Aマークをクリックすると以下のようになります。

テキストメニューの説明

これらは後から変更できるので
面倒くさければ、適当で構いません。

それでは実際に入力してみます。

Aマークをクリックしてタイトル枠の黄色の四角内に
合わせてドラッグします。

タイトルを入力するためのエリアを作るためです。

ドラッグしてテキスト枠を入力

できたら実際にテキストを入力してみます。
何でもいいですが、今回は

ほんとですか?
初心者でもすぐ使える
無料レポートテンプレート100

と入力します。

入力してみてアルファベットになる場合は
キーボードの右上 半角/全角 というキーを押して
日本語入力にします。また、文字種を変更してみます。

文字種変更

どうですか?
画面に入力したテキストが出ましたか?
テキストを入力し終わったらEnterキーで確定します。

テキスト入力済み画面

ん?
おかしいぞ?
せっかく入力した文字が出てこない?

なせだ?なぜだ?となりませんか?

GIMPではテキスト枠は自動的に新規レイヤーが割り当てられており
そのレイヤーがすでに入力した画像レイヤーの下になっていると
隠れて見えないのです。

今回の場合
入力したテキストはタイトル枠の黄色、白色枠の下になっています。
そこでフローティングメニューのレイヤー画面で
入力済みのテキストレイヤーを黄色、白色枠のレイヤーより
上にもっていきます。

※ レイヤー画面が無い場合は
メインメニューのウインドウ→ドッキング可能なダイアログ

レイヤーで出てきます。

レイヤーを上に持っていかないと見えない

レイヤをドラッグして(つまんだまま)上に持っていくと…
黄色枠内に入力した文字が出ましたねっ!

しかし、でかいっ!

こんな場合はツールボックスのテキスト→大きさのところで調整します。

テキストの大きさを調整

また、文字の揃え位置も調整しましょう。
今回は中央揃えでいきます。

どうですか?

中央揃えにする。

いい感じですね。
微調整をしていきましょう。

画面が小さくて見にくいときは
キーボードのShiftと れ のキーで拡大が ほ のキーで縮小ができます。
これらはいづれもメインメニューがアクティブでないとできないので
できない時はメインメニューの一番上色のついたタイトル部分をクリックして
からもう一度やるとたいていできます。

どうしてもできない時は
メインメニューの表示→表示倍率をクリックして
任意の倍率を選んでも拡大、縮小ができます。

画面を拡大できたら
文字間隔を調整しましょう。

揃え位置の下にある3つのマークの真ん中が間隔調整です。
今回は3.0にしてみました。

文字間隔を調整してみる。

微妙な位置の調整だけなら、その状態でテキスト枠内で
ドラッグすれば調整が可能です。

※ 蛇足ですがGIMPでは行間指定は同一テキスト内では一つだけと
  なるようで、例えば今回の

ほんとですか? と

初心者でもすぐ使える
無料レポートテンプレート100 

の行間を
微妙に調整したい場合 一発ではできません。

よって、この場合は

ほんとですか?でひとつのテキスト枠

初心者でもすぐ使える
無料レポートテンプレート100で二つ目のテキスト枠を作り
配置することでこの問題が解消します。

異なる行間指定はテキスト枠で解消

以上がテキストを入力するっでした!

テキストは大事なので
次回ももうちょっと突っ込んでテキスト入力をやります。

つづく…
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None