それでは今回は写真を切り抜き、配置します。

いよいよ佳境に入ってきました。

今回使用する写真はこちら

元画像

人物画像を使用する場合は肖像権等の問題が絡むので
勝手にWebからダウンロードして使うわけにはいきません。

今回はこちらのサイトを参照しました。

写真素材足成 モデル写真
尚、使用にあたっては必ず下記をご覧いただき規約に従って下さい。

写真素材足成 人物写真使用の注意点

さてさて
それではいきますか…

まず、今回はブックカバーに貼りつけるので
写真の背景は不要なので
人物にそって画像を切り抜きます。

GIMPではこの画像の切り抜きも何種類かあり
一般的には 電脳ばさみを使うようですが
この電脳はさみは細かい修正が面倒臭い?(私だけ?)
なので今回は使いません。

電脳はさみは修正要

↑電脳はさみ

今回使うのはツールボックスの前景抽出選択というメニュー

電脳はさみは使用しない

ツールボックスの前景抽出選択というメニューをクリック

なげなわみたいなマークが出るので
切り抜きたい写真の周囲に沿ってクリックでなぞる。
最後にきたらきちんと閉じてください。

写真の周囲をなぞる

最後はきちんと閉じる

いらない部分が青くなる

↑こんな風にいらない部分が青くなります。
次に必要な部分をGIMPに教えます。

カーソルのマークがなげなわから筆みたいに変わっていると
思いますので、その状態で作業をしていきます。

メニューの細かい説明をすると

ツールボックスの下半分に前景抽出選択があり
ここでこのメニューの指示を出していきます。

前景抽出メニュー

↑上の図ではピンク色になっている部分です。

細かい作業をする場合はブラシ(筆)の大きさを変えますが
その際は右側のブラシのメニューではなく
左側のメニュー 小さいブラシ・大きいブラシというところで
調整します。

前景部分をマーク で人物写真
背景部分をマーク で要らない後ろの部分が選択されます。

それではやってみましょう!

まず、画面が小さいとやりにくいので画面を拡大します。

メインメニューのタイトルバーをクリックしてアクティブに
してからキーボードのShift+れ のキーですね。

画面を拡大する

画面が拡大できましたか?
すると
今度はツールボックスや他のメニューが邪魔になる場合があります。

こんな時はキーボードの左端にあるTABキーを押しましょう。
メニューが消えて画面が広く使えます。

もう一度押すと 再びメニューが出てきます。

TABキーでメニューを出し入れする

↓TABキーを押すとひろびろー

邪魔なメニューが消えた

さてそれではいきますよっ!

切り取りたい画像の左端から画像の縁にそってなぞります。
すると
黒い線みたいなものが出ますが
※ 塗りつぶし色が黒色と仮定
これでGIMPが背景と手前の必要な画像を判別するのです。
これもかなりクセがあるので何度かやってみて下さい。

黒い線でなぞる

説明書では切り取りたい画像にそって黒く塗りつぶすとありますが
全部を塗りつぶすの結構面倒ですし、適当でもいける場合もあります。
(実際にはコンピューターが判断するので何とも言えない)
切り抜きたい画像の濃淡や背景画像との兼ね合いもあるようです。

今回の場合適当でもかなりいい線に切り抜けました。

かなりいい線に切り抜けた

この作業はこだわるときりがないので、妥協が必要です。
それにブックカバー用の画像なので実際にはかなり縮小・歪曲するので
細部にこだわったところで実際には反映されないので不要なのです。

大切なのは使用する写真部分になりますので
写真部分に青い抜き残しがあれば
前景部分をマークにクリックを入れて
塗りつぶすことで完了させます。

二つのメニューで修正する

あまりこだわって何回もやると
それまで切り抜けていた部分まで
また、やり直さなければならず意味がありません。
この前景抽出のうりは早さなので大体で切り上げます。

切り抜き終了

切り抜き終了!

この状態では確定ではありませんので
キーボードのEnterキーを押して確定します。

次に切り抜いた部分だけをファイルしたいので
メインメニューの編集

切り取り

編集→切り取り

新しいレイヤーに貼り付けます。

新規レイヤーを追加

編集→貼り付け

新規レイヤー→編集→貼り付け

画像上でクリックすると確定になる。

画像上でクリックして確定

背景のレイヤーを破棄して終了

名前をつけて保存

背景レイヤーを破棄→保存

以上が画像の切り抜き作業でしたっ!

おつかれさまでした!

完了

と、終わってはなりません。
今回は画像の配置まで行います。

そこで前々回つくったカバーの元をファイルから
呼び出してください。
そして、もう片側には今回切り抜いた画像を出します。

画像と配置先2つ

画像の配置にも色々やり方があるかと思いますが
今回は分かりやすい画像のドラッグで行います。

これは配置したい画像元を配置したい画像先に
カーソルでドラッグして持ってくるだけです。(簡単です)

さてここからが肝心ですよっ!

画像が大きくはみ出ている

貼り付けたい画像サイズが大きいために
ドカーンとカバー元からはみ出てしまいました(笑)
これを縮小して納めます。

GIMPではこの拡大・縮小にすこしクセがあり
画像を確認しながらスムースに配置というわけには
いかないので、ある程度のカンでやります。

ツールボックスの拡大縮小メニューをクリックして
縮小したい画像の左上の角をドラッグして右下へ
もっていくと画像が任意のサイズに縮小されます。

同時に拡大縮小のポップアップメニューが表示されます。

※ この時 Ctrlキーを押しながらドラッグすると
  画像の縦横比が固定されて便利です。


画像を縮小して配置する

↑よければ拡大縮小をクリックして決定します。

尚、GIMPの拡大・縮小メニューの使いにくい点は
拡大・縮小と画像の移動がセットになっていないことです。

通常 画像の拡大や縮小を実行すると位置がずれるので
適正位置に配置する作業が伴いますが、現状(バージョン2.6)では
拡大・縮小はそれだけ
移動は別メニューとなっているため
拡大・縮小するごとに移動メニューをクリックして
配置するという作業をしなければなりません。

これは面倒ですが、しかたありません。

画像の拡大縮小には移動が不可欠

↑こうして移動して適正位置に配置 大きければ縮小を繰り返します。




良ければ画像上でクリックして確定

↑最後にこれでよければ画像上でクリックして完了です!

今回は使用した画像の関係上、青帯内ではなく
その上に配置しました。
これはお好みですので、好きなようにして下さい。
以上で写真の切り抜き・配置は終わりです。



※附録  拡大・縮小がうまくいかない時のワンポイント
  配置画像の拡大・縮小を実行しようとして
  他のレイヤーに邪魔されてうまく拡大・縮小ができない場合があります。
  こんな時は
  メインメニュー→選択→選択を解除を実行してみて下さい。

  選択を解除というところが表示されていること自体
  何か他のものが選択状態にあるということです。
  (気がつかないうちになっていることもあります。)

  そこで拡大・縮小をしてもその選択範囲しかできません。

うまくいかない時は選択を解除を実行する


次回は仕上げを行います。

つづく
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None