いよいよ最終回です。

前回3D Box Shot Maker で作ったブックカバーを
呼び出して下さい。

キャンバスサイズが大きい

どうですか?

ブックカバーの画像はギザギザだし
キャンバスサイズ(画面のサイズ)はブックカバーに対して
大きすぎてこのままだとブログに貼り付けた際に無駄な
空きスペースが出来てしまいます…

画像をキャンバスに合わす。
まず
キャンバスサイズを画像に合わせましょう。

メインメニューから
画像→画像の自動切り抜きを選びます。

その後
画像→キャンバスをレイヤーに合わせるを選びます。

画像サイズで切り抜きができた

次にこのままでは
画像サイズが小さすぎて作業がしにくいため
幅を200に変更します。

メインメニューの拡大・縮小を選んで
画像上でワンクリック
(※ 重要です)

すると
拡大・縮小ダイアログが出るので
幅を200と入力するのですが、その横のクサリマークが
もし切れていると連結になっていないので
その際は必ずクリックしてクサリマークをつけて
連結にしてから200と入れて下さい。

連結になっていると自動で幅に対して高さが入力されるからです。

最後に一番下の拡大縮小をクリックしてOK

画像幅を200に変更

すると…
画像が半分に切れてしまいました…トホホ

大丈夫です。

メインメニューの画像

キャンバスをレイヤーに合わせるでなおります。

画像が切れてしまった

ここまでが第一段階です。
幅200でBox Shot Maker で作ったブックカバーを
キャンバスサイズにセットします。
これを基本として使用します。(表紙・背表紙以外)
とりあえずこれは置いておきます。




次にこれまでに作った表紙を呼び出してきましょう!

元表紙

これですねっ!

それではBox Shot Maker で作ったブックカバーにセットするため
若干の加工を施します。

まず
メインメニューの画像→モード→RGBを選びます。


画像モードをRGBにする

次に画像の統合を行います。
この作業は実はしなくても結構ですが、間違いを無くす意味で
とりあえず行います。これをすることによって
表紙画像は1枚の絵になります。

画像の統合をする

※注意 この状態でファイル→保存をしてはなりませぬ!
せっかく作った表紙画像のデーターが失われてしまいます。

それでは次にこの絵の書き出しを行います。
書き出し画像の種類は何でもいいのですが
今回はGIFで行ってみます。

メインメニューのファイル→名前を付けて保存を選びます。

次に何やら保存の画面が出てくるので、その画面のずーと下
ヘルプとあるところのちょっと上あたり

ファイルタイプを選択というところの+のマークをクリックします。

すると
またまたなにやら画面が現れますが
下の方の画面(保存画像の種類を選べる)の右端の四角マークを
ドラッグして画面を下にずらすとGIFというところがあるので
GIF画像を選んで保存をクリックします。

名前を付けて保存にする



ファイルタイプを選択の+の印をクリックする



GIF画像を選んで保存をクリック

するとポップアップメニューで何やら
規定値で~などと出ますがこれはこのままでエクスーポート

規定値で…エクスーポート


次に保存オプションを選ぶ画面になるのですが

ここは重要ですっ!
必ず インターレースに印を付けてから保存して下さい!


必ずインターレースに印をつける

同じ作業を
背表紙に対しても行って下さい。

つづく
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None