さて、それではいってみましょう!

サイトを見た人全てが(笑)リンクをクリックしてしまった文章とは?
しかも
1年以上もほったらかしで…

当然、無料ブログなので広告がデカデカと載っていますっ!

その文章はコチラ↓

インターネットFAXを使う
(大丈夫です。間違ってもアフィリエイトサイトへ飛んだりはしません)

リンククリックは死んでも嫌だっ!と言う人も中にはいるかと思いますので
大変親切にも(笑)全文をこのブログに掲載致します。

そのままです… ↓(誤字もそのまま…)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

インターネットFAXを使う
以前もインターネットFAXをご紹介したが
私が使っているインターネットFAXとは別の会社をご紹介しよう。

私の場合は起業してすぐだったので
新しい番号を取得したのだが

例えば、既に事業を起こされていてNTTなどの回線で
FAXを使用している場合

例 電話 03-3456-1234    FAX 03-3456-1235

など 私の使っているインターネットFAXでは既存の番号を使用できないので
上記の場合  FAX 03-3456-1235という番号は変更しなければならない。

既に多くの固定客や取引先を持っている場合
番号変更は致命的と言える。

多くの人は、インターネットFAXの重要性に気がついており
導入したいのだが、設備や知識が不足していて、
現状のままということが多いだろう。

私から言わせれば
FAXと言えば、インターネットFAX以外には考えられない。
紙でジーコジーコと出てくるのは、もはや前時代的遺物とすら言える。

もう、15年程前…
私も紙のFAXを使用していた。
当時はまだインターネットFAXはないか、あっても
導入には何十万もかかり、設備、ソフト共に変更し、
その使い方を覚えなければならない、と言った状態だった。

一般客からの注文をファックスで受け付けていたので
毎日山のように紙がたまる。商品ごとにファイルに綴じていたのだが
大変な作業だった。在庫があってすぐ発送できる場合はたいした問題ではないが
在庫がなく、商品ができあがってからの注文は、お客様から問い合わせが
あると電話を保留しながら、紙をバタバタ探す有様…
商品がであがり、発送段階になってから、何故か注文FAXが見当たらない…
あのFAXどこいった?深夜まで紙をバタバタ探す有様…

他にも
FAXを送ったのに届いていない!といったクレーム
途中で切れているから、送り直してほしいといった電話

今、思い出してもぞっとする…

もしかして、これをお読みのアナタっ!

あなたの会社、もしくはお店は今も上記のような有様ではあるまいな?
紙をジーコジーコのFAXではあるまいな?

ちょっと脱線して申し訳ないが
もし、そうだとしたら以下のシステムを強くおすすめする。


パソコンでFAX送受信!ToonesインターネットFAX



あなたが今、お使いの番号そのままに

上記のシステムを導入すれば
即座にインターネットFAXに変更が可能だ。
あらたにコンピューターを買ったり、ソフトを入れたりの必要もない。

お客様からのFAXは自動的にPDFに変更され
あなたのコンピューターに保存できる。

当然、あなたのコンピューターで
日付、内容によって検索可能であるから
どこいった?と探すドタバタもなし

一発でピッと目的のFAXが出てくる。

多量の注文がきても、ビジーになることもなく
もちろん、紙もトナーも必要ない。

全ての注文はデーターとして保管されるので
後から探すのも簡単。多量のファイルも必要なく
消失の心配があるなら、ディスクかメモリーに保存して
置いておけばよい。何年分のデーターであろうと
一枚で事足りる。
(私のあの山のような紙のファイルは何だったのか…)

もはや悩む必要もないだろう。

一か月たった980円で紙を買うことも
トナーも必要ない。

980円が高いとお思いなら、NTTの番号を解約すれば良い。
その番号維持に何もしなくても1か月3000円は自動的に
あなたの銀行口座から引き落とされているのである。

あなたが気がついていないだけなのだ…

解約して上記のシステムに入り直すと
(いまお使いの番号そのままでOK)
それだけでも2000円は得するのである。

980円が高いどころか
便利になった上に毎月2000円も得をするのである。
導入にためらう理由がどこにあるというのだろう。

念ためにデメリットも言っておく

初期費用に1050円
番号導入に6300円が初回のみ必要となる。

あとかかるのは
毎月 980円だけである。
受信のみの場合、いくらFAXを受信しても
全て無料である。

送信については
1枚13円かかる。1枚送っても100枚送っても
1枚につき13円である。

これはNTTのFAXでも送信費がかかる。
基本的に通話料と同じだから
遠方程高額だ…これも盲点である。

得意先が遠方なほど、FAX代がかさむという矛盾。
得意先が旧式のFAX機を使用しているほど
あなたのFAX代がかさむという矛盾。

100キロ以上離れた顧客にFAXを送る場合
23秒につき(例え1秒だったとしても)
1回のFAX送信に84円もかかっているのである。
100キロというと遠方に感じるが
東京→大阪で500キロである。
日本全国を対象にするとほとんどの地域は
100キロ以上になってしまう。

ちなみに
私の顧客もほとんどが100キロ以上である。

さらに…

相手が旧式のFAX機だった場合、内容によっては
23秒以上受信にかかるだろう、そうすると
84×2=168円

たかがFAX1枚に1回
168円もかかっているのである!

送信に失敗しても上記の料金は発生する。
あ、間違えた!と送り直すと168×2=336円

先方から電話がかかってきて
読めないから再ファックスお願いしますと
さらに送り直すと168×3=504円

日常よくある光景だが
上記の作業で実は504円も経費がかかっているのだ…

一括で請求されるので気がつかないが
実は一回のFAX送信は上記のように
あなたが思っている以上に高額である。

送料などは1個いくらと分かっているので
高い、安いに気付きやすいが
FAX送信費も送料と同じくらいに高額だったなんて

知ってましたか?

送料は実際に人が荷物を届ける手間がかかるので
致し方ないと思う。

しかし通信費は信号のやり取りだけで
手間は一切かからない。ボロ儲けである。

あなたはNTTに毎日せっせと貢いでいるのである。


インターネットFAXを導入すると
これらの経費も大幅に削減可能である。

通信費が高いとお思いのアナタ、
殿様商売のNTTにはこんなカラクリがあったのだ。

インターネットFAXに切り替えるだけで
便利になった上、
月々の通信費も大幅に削減できるなんて…

細かくみれば
あなたの今送信した
たった1枚のFAXが168円もかかっているのである。

知ってましたか?

インターネットFAXなら
日本全国どこでも1枚13円という明朗料金である。

1回の送信で168円→13円になる。
1回ですよ。

あなたの会社やお店は1か月何回送信していますか?

考えるとゾッとしませんか?





■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


以上です。

いかがでしたか?

あなたは、クリックしてみようかな?と思われましたか?



この文章は以前より異常にクリック率が高いな?と自分でも思っていたのですが
正直物販系のアフィリエイトはそれほど力を(全然?)入れてないので
ほったらかしになっていました。

少なく見積もっても、2人サイトを訪問したら1人は必ずクリックしてくれる(50%)という
驚異的なクリック率になっています。

何故、これほどクリック率が高いのでしょうか?
一つにはこのサイトは、題名が独立開業支援情報となっており
独立、開業に興味のある人が訪れてくれると思われます。

独立、開業したことのある人なら分かると思いますが
まず必要なのは、事務所もそうですが
電話、ファックスといった通信機器です。

最近でこそ、ネットやメールでの受発注が一般化していますが
ほんの10年位前は電話注文、ファックス注文が当たり前でした。
今でも中小の会社では、変わりないと思います。

つまり、必要な人に必要な情報を提供する この当たり前なことが
一番重要なのです。

年に使っても1回か2回位しかファックスを使用しない家庭の主婦に
この文章を見せても恐らく反応は薄いでしょう。

別に間に合ってるし…というカンジだと思います。

しかし、毎日既存の電話回線を利用したファックスで何十件と
受注、発注業務を行っている中小企業の社長が見たらどうでしょう?

何?1枚あたりの単価が168円→13円になる!?

いますぐ、クリック!!(笑)

となるはずです。

爪に火をともすように経営努力を続けている社長が
実は
NTTに毎日、毎日数千円をせっせと貢いでいると知ったら
どう思うでしょうか?

毎日ですよ。しかも何十年間も!

しかも、そんな社長は一人ではありません。

何百人も、何千人も!

電電公社時代の有形無形の資産を受け継いで
何もしないで(おおげさに言えば)
全国の社長が毎日せっせと自動的に貢いでくれる
そんなおいしい会社がNTTなのです。

アフィリエイト報酬の比ではありません。

濡れ手で粟のつかみ取り状態なのです。

知ってましたか?

NTTも東京電力も似たようなものです。

あなたが毎日貢いでいるのです。
関連記事
 タグ
None