さあいよいよ最終回です。

前回はちょっと脱線してしまいすみませんでした。

少ないインプレッション数でもリンクをクリックしてもらえる文章の作り方とは?
インプレッション数とクリック数と成約数一覧

最終回です…


① まず、アフィリエイト対象となる訪問者を絞り込むために
  サイトの題名、検索ヒットワード等を考えます。
 (この部分は今回は割愛しています…ごめんなさい)

② 絞り込まれた訪問者が、サイトに来てくれたら
  ページを閉じられない様に
  訪問者が興味を持っていることor問題と思っていることを
  自分の体験として、私の場合はこうだった…と列挙して
  [そうそうっそうなんだよっ!それで?]と読み進めるよう引き込みます。

③ 訪問者に語りかける文章で
  あなたは、どうですか?と問うことにより、動揺を誘い
  感情に揺さぶりをかける。

④ 問題解決はコチラ→リンク

ここで、リンクをクリックしてくれれば、それでOKです。
しかしながら、世の中そんなに甘くありません。

⑤ この商品・システムを導入するメリットを速射砲のごとく列挙する。
  ページを閉じようとする相手の反撃を許さず、こんなメリットがあります。
  こんなに便利になります!とジャブの連打を繰り出す。
  その際、多少同じ内容が重複しても構わない。言い回し等を変えればいいのだ。

⑥ 訪問者はかなりフラフラになっているはずだ。ここで相手に少し休憩を与えよう。
  このタイミングで欠点を説明する。
  ここで重要なのは、必ずこの商品(システム)の欠点は~です、と
  読み手にきちんと分かるように欠点、デメリット、短所、などの語句を使って
  良い点だけでなく、きちんと悪い点もご説明しますよー!と前ふりをして下さい。

  私の例でいうと
  念ためにデメリットも言っておくの部分となります。
  ここで重要なのは、実はデメリットといいながら、

  実際にはちっともデメリットではないということなのです!?



と⑥までご説明しました。

最後は⑦です。

⑦ 商品(システム)を購入すると得られるメリットを数値を上げて説明する。
  この部分はアフィリエイトする対象によって書き方が異なります。
  今回はインターネットFAXを導入するメリットですから経費削減部分です。

  FAX送信  1回あたり   84円(現在)→13円(導入後)
  月管理費  1月あたり  3000円(現在)→980円(導入後)


要点だけ取り出すとこれで終わりなのですが
この部分をふくらまして書いています。

具体的には

送信秒数が長い程 送信費も倍増する。100キロ以上の場合 84円の倍数
同様に
相手のFAX(自分のFAXも同じ)機械が古い程、送信費も倍増する。

FAXの送り間違い、(番号違い、表裏間違い等)も上記金額のさらに倍かかる。

合計すると1か月でどれだけが節約できるか考えたことがありますか?とつなげる。

最後にアフィリエイトバナーを貼る。




で終わりです。

ちなみに今回のシリーズの元になっているサイトは
作ったのが1年前であり、現在ではさらに安い同様のシステムがあると思われます。

私のブログの文章は適当に使って頂いて結構ですので
このシリーズを見ながら
インターネットFAXでアフィリエイトサイトを作ってみて下さい。

そして、結果も教えて頂けるとうれしいです!

tomchi

【追記】

私の場合、この一年で、このペラサイトは

インプレッション数、約60
リンククリック数、約30
成約数、1 (笑)となっています。
関連記事
 タグ
None