それでは、SAI(メールマガジンエディタ)Ver.1.5を使って
メールを実際に作成してみる。

SAI(メールマガジンエディタ)Ver.1.5の起動画面はこれだ。

SAI(メールマガジンエディタ)Ver.1.5

無料だが広告が入力画面に表示される。
メールには問題ないのでよしとしよう。

まず、便利なのは予めセットされている飾り枠だ。
全く飾り枠が無いのも寂しいものだ。
一から自分で作るのも面倒なので、大抵は人のメルマガから
適当に持ってきたりしてると思うが
SAI(メールマガジンエディタ)Ver.1.5には予め数種類の
飾り枠が装備されていて、一覧で選べるので大変便利である。


SAI(メールマガジンエディタ)Ver.1.5のメニュー

他にも、上に表示されているものがデフォルトで用意されている。
タイトル
サブタイトル
ヘッダ
フッタ
である。

もちろん自分で作成したものも何個でも登録しておけるので
メルマガによって使い分けたりもできる。

私の当初の予定では
このSAI(メールマガジンエディタ)Ver.1.5でメールを作成して
MilkyStep(ミルキーステップ)にコピペで配信…とするつもりだったが
MilkyStep(ミルキーステップ)でもヘッダ、フッタは本文とは別に
用意する欄があったのだ。

MilkyStep(ミルキーステップ)ヘッダを呼び出す

だから
やり方としては
ヘッダ、フッタはこのSAI(メールマガジンエディタ)Ver.1.5を
利用してサクッと作って
MilkyStep(ミルキーステップ)の登録欄に入れておくというのが
いいだろう。私もそうした。

実際にメールを作ってみると独自タグを入力する必要もあり
このSAI(メールマガジンエディタ)Ver.1.5でメール本体を作るより
MilkyStep(ミルキーステップ)で本体を作った方がやりやすい。
ミルキーの独自タグを使うから当たり前だが…

よって
SAI(メールマガジンエディタ)Ver.1.5は飾り枠等の
ストック場所として必要な時呼び出して使い、
通常は
MilkyStep(ミルキーステップ)だけでガンガンメール作成というのが
いいかもしれない。とりあえず、それでいく。

メール自体はテキスト主体なので
URL挿入位しかできることはない。
画像を使ったりはダメなので
特に凝ることもなく(できず)文章を入力するだけだ。

だから
ツールもいらず、お手軽である。
ホームページは作れなくても
メール位は誰でもできるだろう。

メルマガは初心者におすすめだったのだ!
(知らなかった)

とまあ
こんな感じでメールができたら配信してみる。

配信も至って簡単で
配信ボタンを押すだけだ。

MilkyStep(ミルキーステップ)配信ボタン

ちなみに↑上の配信フィルタというのは残念ながら、無料版では使えない。
これを使うと各種配信分が可能となる。
詳細は前々回を参照↓
有名アフィリエイターが発行するメルマガの真実


配信フィルタを使って属性ごとに
メールの配信可、不可を設定できる。もちろん独自フィルタも設定可能だ。


都合219名に第一回メルマガを配信したが
3名から解除があった。
よって現在は216名である。

3人から解除があった

意外と解除が少ないなーと思ったが
もしかしたら
219名にきちんとメール自体配送されてないかもしれない。
或いは迷惑メールに行ってるかもしれない。

もしあなたが従量制(メール配信〇〇通でいくらというもの)
の有料メルマガスタンドを使っているとしたら
一番の恐怖はここである。

MilkyStep(ミルキーステップ)は完全無料なので
3000人に送ろうが5000人に送ろうが一銭も費用はかからない。
しかし
メール配信システムNEO等を使っていると
一番安いコースを使っても3000通までは月3000円かかる。
これが3000名を超えると一気に月5000円かかってしまうのだ!

NEO価格表

月5000円ですよ。

年に直すと

1年で1メルマガ発行するのに
6万円もかかり続けるのだ!


恐ろしすぎる…

かたや
MilkyStep(ミルキーステップ)は無料だ。

何年続けて0円です。



経費の違いを言いたかったのではなく
メールが配信されているか?いないか?ということなのだ。

メルマガを作ってメール配信ボタンをポチっと押しました。
メールが配信されました。

でも

本当に配信されました?

分からないのである。

大抵は自分の別メアドでも登録しているので
あーきてるな、などと納得しているが
全ての読者に送られている保証はどこにもない。

これはきちんとメインフォルダに送られているということではなく
迷惑メールにも送られていない、つまり
完全に相手のメールボックスに送られず、どっかにいってしまっている
可能性も否定出来ないということなのである。

MilkyStep(ミルキーステップ)なら無料だから
たとえ、配信されていなくても
一銭も費用は発生しない。

ところが
上記のような有料メール配信システムを利用していると
配信されました…と出ていても、実は配信されておらず
にも関わらず毎月費用だけが発生し続けるという
東京電力の電気代よりも恐ろしい詐欺行為が起きている!
可能性が否定できないのですよ。

もし
今、有料メルマガ配信システムを使っていて
心配なあなた!

特に配信数が4000名位の中堅メルマガが危ないと思う。
一向に解除がない!
これも危ない。
配信されていない可能性があるのだ。

そんな時は今一度自分で
捨てアドで自分のメルマガに登録してみよう!

できればIPアドレスも違った方がいいかもしれない。
友達のパソコンとかから試すのだ。

ためしたメアドにちゃんと配信されていればいいが
もし
配信がされなければ

あなたのメルマガは配信しているつもりでも
どっかに消えて配信はされていないんですよ!


さらに
もっと怖いことを言ってみる。
上記でご紹介したメール配信システムNEOは
自動メール取り込み機能が標準装備されており
各種無料レポートスタンド、例えば、スゴワザとか、メルぞうとかで
ゲットしたメールアドレスが自分で取り込まなくても毎日自動で
配信システムに取り込んでくれる。
これはすごく便利なシステムだ。何もしなくてもいいのだから…

でも

そうですか?

一見便利に見えるシステムには大きな落とし穴がないですか?
儲けをたくらむ輩の…

自動でドンドン読者は増えていく。
あなたが、無料レポートを出せば出すほど
毎日自動であなたの有料メルマガ配信システムに登録されていく。

おおー
すごいっ!今月は300名も増えた!なんて喜んでいるアナタ!

増えたのは読者だけではありません。

NEOの読者数による料金推移

読者増によってメルマガ配信費用も知らない間に倍増しています。

有料メルマガは配信数によって月課金量が変化します。
(しないものも有り)

もー料金表を載せちゃいますが、(例えばNEOの場合)
普通は解除しやすいように少ない契約ヶ月にすると思いますが
(赤枠の部分)

800円だったのが1,600円に
さらに2,750円に!とあっという間に上昇していきます。
自動引落にしていたら、


知らない間にドンドンあなたのお金も
自動的に引き落とされていくのです。(^^)


恐ろしい…
実に恐ろしすぎる…

有料メルマガ配信システムにはこんな落とし穴があるのです。
もちろん全部がこうだとはいいません。

でも
1回確かめてみてもいいのでは?

最近、リアクションが無いな?
売上がいまいちだな?
メルマガ解除が少ないな?


こんな時はご用心

もしかしたら
あなたのメルマガも

読者数は勝手に増えいても
新規配信されているはずのメルマガは
どっかに消えているかも知れませんよ…

そして
利用料金だけが
ドンドン上昇していませんか?

みかけ上の読者と利用料金だけがドンドン上昇して
あなたが一生懸命出しているメルマガは
そのほとんどは新規読者には送られてすらいない…

これほど恐ろしいことはそうそうありません。
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None