それでは、昨日にひき続いて
リスト取得(収集)の仕方をやってみよう。

前回は、メルマガ募集!やプレゼント!などと
やっても誰からも申し込みがないと言う話をした。

なぜ申し込みがないのか?

申し込む必要がないからである。


もっと言うと
申し込む必要がありそうでも
自ら進んで申し込むのはおっくうだ。
或いは
それほどでもない…


と、いう状況なので、誰も申し込んではくれない。


または、ブログ自体が怪しい…
ブログの内容がとぼしい…
等の理由も考えられる。

他の理由もあるかもしれないが、いずれにしても
これはっ!申込まねば!と強く思わない
読者は決して登録してくれない。

申し込まなければ損だっ!と思わせる必要がある。

思わせるなどと書くと語弊があるかもしれないが
強力なメリットがなければ、今の読者はおいそれと
例え捨てアドレスだとしても、登録はしない。


これこそが
アフィリエイトの第一歩ですな。


無料登録案件やこのような読者登録に
人を集められないようでは、物販や情報アフィリエイトで
成果を出すのは難しい。


人に何かをさせたり、して貰いたい場合は
(今回は無料登録)

人は何故、それをするのか?

このことに気づきを置いて、逆に
どうしたら、それをしてもらえるか?を考える。

もっと言うと
どうしたら、それをしたくて、したくてたまらなくなるか?を考える。

お、読者登録か?
んーしてみようかな? ではダメである。

おお、これだよ!これ
すぐしないと、今すぐっ!


位でなければ、ならない。


昨日も言ったが
かく言う自分もこのブログを作ってから
2年間は誰からも、一切読者登録はなかった。

プレゼントを変えたり、登録欄を変更したりしてもダメである。

それが、あることをしたら毎日ではないにしても
一気に登録してくれる人が出てきたのである!

それでは、そのあることとは?

あなたでも、簡単にできるのである。

種明かしはこうだ。

例えば、あなたのブログが非常に有意義な内容に満ちあふれており
誰が読んでも
おおー、これすげー!って言う内容のブログなら何も問題無いのだが
残念ながら違うと思う。(^^)

私のブログもそうだ。

大したことは書いていない。

だから、誰も登録してくれないのである。
登録してくれなければ、
登録したくてたまらない状況にしなければならない。


登録したくてたまらない状況とは?



その1

登録したくなる強烈なプレゼントを用意する。

おお、これはっ!すごいっ!これが貰えるのか!という
強烈なプレゼントを用意する。

言うまでもないと思うが、
これはあなたが強烈なプレゼントだ!と思うのではダメである。

あなたのブログを見た人が、
これはすごいっ!欲しいっ!と思わなければ、ならない。

その2

クリックすると別ページに飛ぶ仕組みを作る。

あなたのブログでは、そのプレゼントについての詳細を
載せる必要は全くない。

そのプレゼントのキモを羅列するだけでいいのだ。

できるだけ、簡潔に魅力的な内容を羅列する。
(ウソはいけません)

そして、詳細はコチラ、とか いますぐゲットする、などの
ボタンを作ってはならない。


いいですか?

申し込みボタンを作ってはなりません。

多くの人がやってしまう過ちがこれである。

あなたが、一流のアフィリエイターなら何も問題はない。
しかし、無名の初心者ならやめたほうがいいだろう。

ボタンを作ったが最後、誰もあなたからは登録しなくなる。

人は何かを強要されるのが嫌いだ。

申し込みはコチラ!などというボタンを自ら押したくないのである。

このボタンはその2のランディングページ内に作ればいいのだ。

あなたは、あなたのブログに思い入れがあるかもしれないが
他人は、あなたのブログなど別にどうでもいいのである。

ちらっと
あなたのブログのプレゼント欄を見てすぐの人が
ボタンを押す行動にはなかなか至らない。

何かの商材で
申し込みボタンはできるだけ大きい方がいい、親切である。(笑)
というような、記載があり、今もマネをしている人がいると思うが
これは、今回のような場合は、間違いである。

逆効果だ。

よけいに押したくなくなるだけである…


よって
どんなに魅力的なプレゼントを用意しても
全くの無駄に終わってしまう。(^^)

それでは、どのようにランディングページに飛ばしたらいいのだろう?

ランディングページに飛ばすテクニックは色々あると思うが
私がとっているのは、画像クリック作戦である。

このブログのトップにプレゼント欄があると思うが
そこには、こちらをクリック!などというボタンは無い。
その代わり、デカデカとイメージ画像が貼ってあり、
それがボタンになっている。
※終了している場合ございます…

別にコチラをクリックなどとしなくても
興味がある人は、勝手にクリックしてくれるのだ。

この方法はボタンを作るよりもはるかに多くの人を
ランディングページに導けると私は思っている。

先にも言ったが
人は行動を強制されるのが嫌だ。

コチラをクリックなどというボタンを押すのを
強制されるのは、まっぴらなのである。



ん?なにこれ?結構いいじゃん?
もっと知りたいなー

でも
クリックできるボタンがないしー

ん?
画像がクリックできそうだぞ。

クリック

と、こうなる。

別にクリックして下さいと一言も言わなくても
勝手にクリックしてくれるのだ。

読者は自分の意思でクリックしたので
ランディングページもキチンと読んで貰える。

成約につながりやすい。

と、こうなる。



その3

これは、メルマガを実際に発行してからになるが

ブログの記事内に
メルマガへの誘導文をさり気なく載せる。
この、さり気なくというのがポイントだ。

さらっと触れる程度でいい。
あまりやると嫌味になって逆効果だからだ。

例えば手前ミソで申し訳ないが
メルマガを発行してみる その4

この最後を見て欲しい、こんなカンジである。

超重要なことはブログでは割愛して
メルマガ読者のみの情報として配信しているのだが
その告知をブログ内にてするのである。

毎回してはならない。

ここぞ、という時に繰り返し行う。

これはたまらないと思う。

事実、たまらない情報を流しているので
自分で言うのもなんだが、登録しなければ損である。

極秘情報というのは、ネット上に公開することはできないのである。

そっと
メールで配信している。(笑)

つづく…
関連記事
 タグ
None