今回のcgiセットによる
ステップメールシステム構築ですが
一番苦労した点は、そのシステムがキチンを
セットされているか?どうか?の確認でした。

単なる
メールフォームとかでしたら
自分でメアドを入れて送信してみれば
分かりますが、ステップメールの場合
何通かが、日にちを開けて送信されますので
キチンと確認しようと思ったら
7日間のステップメールなら
検証に7日はかかるというものです。

このステップ間隔を
1時間おきに設定して
キチンと送信されているか?確認しても
いいのですが、それでは不安が残ります。

また
cronの設定でも大変手間取りました。
返信ワードの設定をしておかないと
システムからの返事が無いので
起動しているか?どうか?が分からないのです。

ともかく
最初はこのcronの設定であーでもない
こーでもないと数日間を費やしました。


以前も何かでお話しましたが
今回のようにネットの作業で上手くいかない時は
一旦、その作業から離れた方がいいようです。
上手くいかないのに、固執して
できないのはなぜか?と繰り返しても
時間を浪費するだけだからです。

私は時間を浪費してしまいました…(笑)


今回
私が時間を浪費した原因は2点あります。

1点は、設置CGIのcronのパスが一部間違っていた。
これは本当に些細なことで/が入るか?入らないか?でした。
設置CGIの表記ではこのスラッシュ/が抜けていたのです。

2点目はレンタルサーバーの仕様変更でした。
フルパスの表記方法が異なっていたのに気が付かず
延々とできないパスでCGIを作動させていたのでした。

そして
それが解消してからは
システムが正常に動いているにも関わらず
できない、できないと無限ループに入り込んでいました。

それはなぜか?

それは、コチラ側では分からない
相手メールサーバー上の仕組みだと
私は思っているのですが、ともかく
ステップメールシステム構築は一筋縄ではいきません。

つづく

関連記事
 カテゴリ
 タグ
None