前回までの設定で
無料でステップメールを構築するのは完成です。

cron設定も正しければ5分毎に
finished を返してくれているはずです。



次に
システムが正しく作動しているかどうか?の
検証作業に入るのですが
ここでも問題が発生します。

これは私の場合なのですが
フリーメールアドレスを自分のメールフォームから
登録してみてステップメールがキチンと作動するか?
を確認するのですが、ここで思わぬ壁にぶつかります。

メールの不達現象です。

例えばgooメール、エキサイトメール、など
入手しやすいメールで登録してみても
まったくと言っていいほど届きません。

つまり
これらのフリーアドレスで例え登録があったと
しても、登録者には自動返信(ステップ第一回目)は
届かないということになります。
これは大問題なのですが、残念ながら今のところ
いかんともしがたい状況です。

私は当初、このことに気が付かず
ステップメールシステムがちゃンと
セットできていないものと思い込み
スクリプトの記述を変えたり、
サーバーを変えたり、
CGIをダウンロードし直したり…と
あらゆることを試みました。

しかし
結局 CGIはちゃんと作動していたのでした。

ちゃんと作動しているものを
できていないと勘違いして
あーでもない、
こーでもないとこねくり回すわけですから
時間ばかり過ぎていくのは当然です。

つまり
フリーアドレスでは
サーバー側で自動返信メールが弾かれているようです。
この部分については、修復の必要性があり
時間がある時にまたやってみようと思っております。

ともかく
必要なのは、システムがキチンと
セットされているか?どうか?を確認することです。

そこで
オススメするのは、自らが所有する
独自ドメインのメアドです。
これでシステムが正常かどうかを試して下さい。

もし
独自ドメインのアドレスを持っていない方は
Inter7 フリーメールで一つメアドをゲットして
それで試してみて下さい。
私の場合
Inter7 フリーメールでは、サーバーで弾かれることなく
ステップがきちんと飛んでいます。
サーバー側で弾かれるかどうかは
全て向こう側の設定になりますので
こちらでは初期状態ではいかんともできません。
よって
到達不能なフリーメールアドレスで何度トライしても
正確な結果を得ることはできず、全くの時間の無駄と
なりますのでご注意下さい。

メインシステム
サブシステムどちらでもいいですから
ステップメールを二つセットします。

一つは通常のステップメール(例 1週間計7通)
二つ目は、1時間に1回のテストステップ(例 5時間計5通)

それぞれが
ちゃんと登録したメールサーバーに飛んでいれば
成功です。

このメール不達問題は
結構根深く、様々な原因があり
一筋縄ではいきません。
何度も言いますが、相手のメールサーバーの
胸三寸ですから、コチラ側では、どうしようも
ないのです。

可能であれば
サーバーをいくつか借りて
CGIをセットしていきテストすれば
どれが、一番いいか?を確認することが
できるかもしれません。

無料サーバーでも
CGIをセットできるものがあるはずですので
試す価値はあると思います。
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None