前回の続きです。

再配布不可のレポートを
あなたの特典として配布するには?

もちろん
再配布不可ですから
黙って本体を配ってはいけません。

分かりますね?

本体はあくまでも
レポートスタンドから
メアドを入れてダウンロードしてもらいます。


しかし
特典と言いながら
ただ、レポート名と軽く内容を
列記して無料レポートスタンドへ飛ばしたら
受け取った方は面白くないでしょう。

なーんだって
なりません?

そこで
もう一工夫します。

それは…

特典としてのブックカバーを作るのです。

例えば
こんなカンジ↓

テスト表紙画像





えーこんなのできないよー(;O;)
って人はコチラを参照下さい。
↓↓↓
【チョー簡単 たった5分でできる ハイクオリティE-Book Cover】

まあ…

こんなカンジで
特典用のe-book coverを作るのです。

こうすることで
特典が一段と引き立ちます。

あくまでも
特典ですからね…

商品ではありませんから
大体で結構です。

あとは
その特典紹介のページを作り
どんな内容かのサワリを教えて
その特典が欲しいっ!
と思わせるようにします。

そして
直接配布はできませんから
ダウンロードには別途
メールアドレスが必要です。と
一言入れておきましょう。

要は
見せ方です。

メールで言えば「タイトル」ですか。

まあ、無料レポートも「タイトル」ですけど。

パッと目につく
画像をカバーにて作り

そして…

肝心の無料レポートも
そこそこの内容でなければなりません。

おお、なるほど!!と
アナタが思ったレポートなら
配られた方も同様に思うでしょう。


この作戦の短所は、
人様の無料レポート単体で
リストを取ろうと思ったら
読者の方はアナタと無料レポート請求の
2回メールアドレスを記入しなければ
ならない、ということです。

レポートの内容が優れていれば
まあ、いいか。となりますが

ヘボレポートだった場合
メールアドレス2回も入れてこれかよ!
となってしまい、
その後のアナタのメルマガ&ステップメールも
開封してもらえることはないでしょう。


ですから
無料レポートの内容は
かなり精査する必要があると思います。
あと…
正直に人様のレポートだけど
自分も〇〇の部分に大変気づきを得た…
等、書いてしまうのもアリかもしれません。

ですから…
このレポートスタンドに飛ばす法は
既に読者のメールアドレスは入手済みで
いくつかの特典を用意した内の一つとして
紹介する場合にはいいかな?と思います。
(単体はきついかも…)

悩み系商材紹介での
リスト取り用無料レポートとして
単体で使うには無理があります。



しかし…まあ、いずれにせよ
この方法だと
人様のレポートを利用するので
楽ちんそのものです。

そして…
無料レポートを利用した
メアド入力も1回で済む
究極の特典作成法とは…

いよいよ
次回、最終回です。
関連記事
 タグ
None