例えばオプトインページから
読者登録してくれた人に
プレゼントを送る場合。

メールフォームから自動返信で
プレゼントURL等を送る場合が
ほとんどだと思います。

あるいは
ステップメールを組んでいて
1通目が自動返信設定として
発動することもあるかもしれません。

ここで
問題なのがせっかく登録してくれた方に
送ったメールが迷惑メールに行ってしまう
ことが多々あるということです。

ちょっと前も言ったかもしれませんが
メールサーバーの仕様で勝手に
迷惑メールに振り分けられてしまうのです。

これはつらい…

自分のメールサーバーへは
登録者があって自動返信で送った場合
【○○様から登録がありました】と来るから
分かるのですが、相手のメールサーバーまでは
分からないのです。

そこで、ここでひと工夫

それは、本来メールを送る
自サーバー以外からも
確認のためのメールを送るのです。
【○○様から登録がありました】とあった
段階で多少面倒ですが手動でメールを
対象者に送るのです。

つまり
1通だけでは迷惑メールに行ってしまい
相手も気がつかないまま終わってしまう…
という現象が起こってしまいますが
違うメールサーバーから分けて送れば
2通目で届けば、迷惑メールフォルダも
気づいて見てもらえる可能生がある、と
いうことなのです。

1通目のメールは迷惑メールへ
2通目のメールは受信ボックスへ

その2通目に
もし1通目が届いていないようでしたら
迷惑メールを確認して下さい、そして
フィルタ処理をして迷惑メールへ
行かないようにして下さい、と
お願いすることが可能になります。

万が一
1通目が届いていたとしても
もし届かなかった時のために
念のため再度お送りさせて頂きました、
とすれば、相手も悪い気はしないでしょう。

つまり
登録ありがとうのサンキューメールを
自動返信以外でも念のため
メールサーバーを変えて設定するのです。

それではどうやって?

メールサーバーを
もう一つ契約する?

いえいえ

無料ストレージサービスを
利用します。

firestorageです。
firestorageバナー

このfirestorageの
登録無料会員になります。

firestorageの詳細は
firestorage 登録会員 無料ストレージサービスを使ってみる。
↑コチラをご覧下さい。

今回
このfirestorageの機能で
使用するのはメールグループです。

メールグループ.

このメールグループとは何か?

それはあらかじめ登録しておいた
メールアドレスのグループ宛に
特定のファイルをアップロードすると
firestorageからメールが届くのです。

こんな風に↓

実際のメール文

このfirestorageから
自動で送られるメール文の
ポイントは、記載したURLが
通常のメールのように
生きた状態である。(クリック可能)
というところです。

ですから
ここにあらかじめ
伝えたいURLを入力しておくことで
ダウンロードURL以外の情報も
伝達可能になってしまいます。

メールグループというメニューの中に
カスタム署名という欄があり
このカスタム署名が結構使える機能で
あると私は思っています。

署名となっていますが
特定のメール内容も全て
ここにぶち込んでおくのです。

メールグループ機能

さらに
firestorageを自分の
メルマガ発行アドレスで
登録しておけば、
このメールを自分のアドレスで
送ることもできるのです。

どうですか?

結構 
ムフフな機能でしょっ!

詳細は次回につづきます。

tomchi
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None