初心者がアフィリエイトするために
必要なツールその3 今回は四回目です。

前回、次はメルマガ発行機能について
お伝えしますと言いましたが
実はまだ、超重要な機能を伝え忘れていました。
スミマセンm(_)m

何を伝え忘れていたか?

それは
システム管理です。

システム管理とは何か?

そもそも
システムとは?

この長々とシリーズでお伝えしている
リスト収集・管理システムとは

1.基本はメールフォーム設置      
       ↓
2.自動返信発行orステップメール発行
    ↓
  メルマガ発行

となっています。

つまり
当サイトで言えば
プレゼントがありますが

ランディングページビルダー
プレゼント用メールフォーム
     ↓
   読者登録あり
     ↓
ページビルダープレゼント
  自動返信発行
     ↓
   メルマガ発行

という流れになっています。

この時
自動返信ではなく
あらかじめステップメールを組んでおけば
1通目の自動返信をステップメールで代用し
それ以降のメールが完全自動で発行可能です。

さらに
メルマガ発行時には
(今後説明しますが)
クリック解析等で属性分けができますので
属性によって途中よりステップメール発行が
可能となります。

1通目発行後の日にちを調整しておけば
あらかじめステップを組んでなくても
ステップメールを書きながら
システムを作ることも当然できます。
(次のステップが発行される前に
ステップ用の原稿を準備する。)


これが1システムです。


よろしいでしょうか?


これが基本となります。




ただ
このリスト収集・管理システムの
すごいところはこれだけでは終わりません。


この基本システムを
複数サブフォルダとして
子システムを複数設置できるのです。

いいですか?

重要なのでもう一度言います。



第一下層フォルダに
同様のシステムを複数
いくつでも設置できる
のです






マジすか!


そして
メインシステムで
子システムで収集したリストを
一元管理することが可能なのです。


つまり
私の場合、
◆ ネットで生きる 初心者必勝法 ◆
というメルマガを発行していますが
(一応)
それはメインシステムなので

ランディングページビルダー
プレゼント用メールフォーム
     ↓
   読者登録あり
     ↓
ページビルダープレゼント
  自動返信発行
     ↓
   メルマガ発行

で収集したリストと

簡単サイト作成ソフト
プレゼント用メールフォーム
     ↓
   読者登録あり
     ↓
簡単サイト作成ソフト
  自動返信発行
     ↓
   メルマガ発行

で収集したリストに対して
メインメルマガである
◆ ネットで生きる 初心者必勝法 ◆を
一括で発行することができるのです。

これ以外にも
複数の子システムを組んでいた場合
それぞれのリストに対して
メルマガを発行するか?
今回はしないか?等を
メルマガ発行時に切り替えることもできるのです。

↓メルマガを発行するリストを選択できる。
子システムメニュー

しくみ図
子システムはいくつでも設置可能。
※子システムの下に孫システムは作れません。

それぞれのリストは
メインで一括管理可能。

これが
システム管理の内容です。



アフィリエイトサイトも
同様ですが
基本は数をいくつ作るか?です。

広く浅くアクセスを集める。
そのシステム構築が生きてきます。

オプトインリストも同様です。
毎日100リスト集め続けられる
モンスターサイトはそうそう作れませんが
2日に1リスト集めるサイトは作れるでしょう?

それならば
そのようなサイトが200サイトあれば
結果として毎日100リストが集まります。

ここで重要なのは
そのような複数サイトのリストを
一元管理できるか?どうか?ということです。

毎日
200サイトを一つづつ確認して
メルマガ発行用リストに代理登録する…
なんてことは不可能です。

それが
このツールでは一瞬でできてしまうのです。




そして…
このシステムはメインシステムを含めて
いくつでも複製設置が可能です。



分かりますか?


例えば
稼ぐ系で1システムセット
子システムは複数設置可能


ダイエット系で1システムセット
子システムは複数設置可能


育毛系で1システムセット
子システムは複数設置可能

といくらでも設置可能です。


メインシステムが異なると
異なるメインシステム同士の
リストを一括管理は自動ではできませんが
代理登録は可能です。


全てのシステムをまとめた
メインシステムを手動で作ることもできるのです。
リストダウンロードは
メインシステムの数だけでいけるので
4システムあれば4回で済みます。


どのようなジャンルであろうと
いくつでも後からでも
オプトインリスト収集が可能です。
そしてその管理ができてしまうのです。

しかも
いくつ設置しようと
何リストにメルマガ発行しようと

すべて永遠に無料です。

あなたのメルマガ発行スタンドと比べて
どうですか?

気になるでしょう?

※ メルマガ発行部数の上限は
使用するサーバーの制限によります。
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None