最近になって
やっと何となく分かってきたような…
分かってきた気分になっているのかも?

やっぱ分かってないのかな?



私が生まれ育ったのは
神奈川県藤沢市というところです。
(実際には出生地は別ですがまあとりあえず)

あまりご存知の方はいないかも知れません。


どちらかというと
マイナーな都市近郊の地域です。
海岸部はお金持ちの別荘的な地域でもあります。
江ノ島とか?
知ってます?

あれも藤沢市です。
(ですよね?)

江ノ島へはよく友達と自転車で
釣りに行きました。
もうウン十年も前のことですが…

もっと言っちゃうと
藤沢市は辻堂という所で育ちました。

誰も知らないでしょう?



いいんです。



でも私は辻堂が大好きです。


現在、私はわけあって
大阪に居住しておりますが
今でも辻堂に行きたいなーって
時々思います。


辻堂の海岸歩きたいナーって


だって自分が0歳から育ったとこだから…




その辻堂に
辻堂団地っていうのがあって
そこで中学卒業まで育ちました。

日本の高度経済成長期
昭和40年代に日本中に
マンモス団地が建てられましたが
その中の一つです。

今では考えられませんが
辻堂団地は
13街区まであったのです。

細かくは覚えていませんが
私はその一番最後の方
13-3号棟に住んでいました。

さらっと書いていますが
13号棟は13-1号棟から13-6号棟まで
ありまして一つの建物は5階建てで
階段をはさんで向かい合った住居が
25戸あります。

辻堂団地
※適当な画像を拝借しちゃいました!メンゴメンゴ

25戸×6=150戸
13街区だけでも150です。
1~13までありますから全部で一体
何戸あるのか?分かりません。

そして
そのほとんどの家には
子供がいました。それも
一人っ子ってのは珍しく
大体2人~3人位だったかな?

だから
朝の登校時間になると
辺り一面子供、子供子供…
こどもだらけです。

1学年600人
これが6年までありますから
3600人の子供が一斉に登校するのです!

しかも…
これ以上の子供がいたため
私の地域では小学校が隣り合って
2つ建っていました。

考えられますか?


3600人もの子供が
さらに倍!

小学校も二つくっついて
建てなきゃならん!

そんな時代です。




遊びの約束なんて
したことありません。

だって

ランドセルを家において
家からすぐの公園に行けば
これも子供、子供こども…
こどもだらけですから。

周り中友達だらけです。

それも
学年を超えて
誰でも友達でした。

メンコやったり
(知ってます?)
缶けりしたり
毎日、毎日真っ暗になるまで
外で遊びまわっていました。
(塾なんてありませんでした)

爆竹でトカゲ吹っ飛ばしたり
野球で団地1階の窓ガラス
ぶち破って逃げたり
転んで血だらけになりながら
それでも笑いながら遊ぶ…


そんな毎日でした。


気にもしていませんでしたので
友達のお父さんの職業が何かは
全く覚えていませんが
うちの家はサラリーマンでした。

大体
サラリーマンが多かったのではないでしょうか?

高度成長期
サラリーマンは毎日、毎日
満員電車に揺られながら
地方都市から東京へ
通勤時間2時間かけて通っていました。

うちの親父も
30年以上満員電車にゆられて
片道2時間の通勤生活を続けました。

家から辻堂駅まではバス
辻堂駅から東京までは湘南電車で1時間強
30年間…それは辛かったと思います。

そんな親の苦労も全く知らず
私はのほほんと
好き勝手に成人しました。

私の家は決して裕福ではありませんでしたが
特に何不自由なく育ててもらいました。


その当時

インターネット 
ありません。

DS?
そんなもんありません。
(光る光線銃SPならあるで!)


携帯?スマホ?
あるわけないっしょ!

ライン?
なんだソレ!ってカンジです。


塾ですら無かった時代です。
(もしかしたらあったかも?)


毎日、毎日
朝から晩まで遊びほうけて
それでもなんとか大学にも
行かせてもらいました。

別に勉強しなくても
大学にいけるのです。



と、言うのは嘘で
大学入試はイヤイヤ勉強しました。

ほんっと
勉強嫌いなんです。

だから
よく、もう一回生まれ変わったら?
なんて質問がありますが
正直


もう生まれ変わりたくありません!


もう一回
受験勉強する位なら
次はバッタにでもしてもらいたい!

人間だけはゴメンだ!

それ位嫌なんです。(^O^)


例によって
脱線しまくりで…

とりとめもない文章になっていますが
何が言いたいかってーと

そうですよ

ネットで成功する人、しない人

やっと出てきました。

SEO的には、もう冒頭でこのキーワード
行っとかなきゃ、なんですが
どーでもいいですよ。

こうなったら!

ヤケクソです。(笑)




30過ぎて
大阪のとある零細企業に就職しました。
(イッキに話が飛びます)

特に理由はありません。

自分的にはまだイケイケで
別に就職先なんていくらでもあるわーってなもんで
とりあえず行ってやるか?的なノリです。
(ほんと嫌な奴でした…)

その会社の社長は
私よりも6歳も年下の若者でした。
それでいて
その振る舞いは私よりも確実に
10歳は上のようでした。

当時まだ20代でしたが
すでに会社を2つ経営していました。


ネット企業ではありませんよ!


こう書くとネット系かな?って
勘ぐる人が大部分だと思うので
先走って言っておくと
ネット系ではありません。

まあ

通販系かな?リアルの。


その会社は
今ではそこそこの規模になっているのですが
(私は5年でクビになりました…)




何が言いたいかっつーと

その会社の社長の生い立ちです。


生まれも、育ちも大阪で
決して極貧ではないのですが
まあ、金持ちではありません。

大阪っていうと
土地柄、サラリーマンよりは
自営業者が多いのかな?って気はします。

現に
その社長のお父さんの職業はペンキ屋さんでした。

社長曰く
すでに小学生の頃から
ビールの空き瓶を
(缶じゃなくて瓶ですよ!ビン!)
集めてきては酒屋に行って
売り払い、小遣いを得ていたそうです。

こどもの頃から
「どうしたら銭もうけができるか?」
そのことばかり考えていたらしいのです。

そして
高校を出たらすぐ起業!
当然銀行なんかお金を貸してくれませんから
闇金から金を借りて事業を切り盛りしました。

その根性とバイタリティーは
並大抵のものではありません。
仕入れは叩く、たたく!
相手がグの音も出ないほど叩きまくります。
そこまでしなくても…と
こちらが思う位容赦しません。

そして
安価に顧客に販売する。

これが、その社長の戦略でした。
(思い切り簡単に言ってます)

リアルの仕事でしたが
自分の好きなことを仕事にしていて
精力的に事業運営をしていました。




どうですか?




私の生い立ちとは
明らかに違います。


一言で言うと
サラリーマンと自営業者の違いです。


毎日平穏に過ごしていれば
お金が自動的に入ってくる。

サラリーマン


毎日金稼ぎのことばかり
考えないとお金が入ってこない。

自営業者


この違いは決定的だと
私は思っています。


ネットで成功する人、しない人も
同じです。


サラリーマン的な考え方では
成功するのは難しいでしょう?

そして
小学生の頃から
【どうしたら稼げるか?】
ばかりを考えてきた人間と

【何も考えずに】
のほほーんと生きてきた人間と


どれだけの
違いが蓄積されるかは
誰が考えても明らかです。


私は、今
大阪で自営業者をやっています。

サラリーマンではありません。

しかし
私のバックボーンは
【何も考えずに】
のほほーんと生きてきた
サラリーマン的なものであり
それ故
成功がつかみづらいのかも知れません。

ネットで言うところの
「マインド」ってやつですかね。


サラリーマン的な
「マインド」では決して
稼ぐことはできません。

だって

何も考えていないんですから…

考えているようで
全然、考えていないんですよ。


稼ぐには、もっと
徹底的に考えて、考えて考え抜いて
実践して修正しての作業を
蓄積しなくてはなりません。

こどもの頃から
「大きくなったら絶対稼いでやる!」と
誓ってきた人間と渡り合うには
こちらも、それなりの思考を働かせて
死ぬ気でやらねばなりません。

かるーい気持ちでなんて
とんでもない…

敵は本気ですよ…

小学生の頃から。


のほほーんのアナタ!

勝てますか?


ネットで成功するとは
かのように大変なのです。
関連記事
 タグ
None