こうして
ネットに完全接続されたX61に
向かって作業をこなしている時が
最高に幸せです…

tomchiです。

やっと
Windows XP→Windows7へ
完全移行が終了しました。

確かに
XPと比べると重いし
PCへの負担も多いような気がします。

でも…
いつまでもXPのままではまずいので
仕方がありませんね。(笑)


今回導入したOS
Windows7 Enterprise 評価版


認証まで10日間
試用期間90日間 計100日

これを5回までリセット可能ということです。
よって初回の100日を含めて
合計600日

Windows7 Enterpriseが
無料で使用可能というわけです。



※評価版なので
いつまで使えるかは分かりません。
あくまでも情報としては
上記の通りとなります。

windows7 Enterprise
プロダクトID

私のように事情で
OSを購入できない人で努力を惜しまない
という方はチャレンジしてみる価値は
あるかもしれません。

有料→楽チン
無料→大変!

ということです。(笑)


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

Windows 7 Enterprise評価版 移行方法

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

前々回のブログにも書きましたが
何よりもまず、OSソフトを
ダウンロードしなければなりません。

Windows 7 Enterprise評価版のURLは
頻繁に閉鎖されます。

開いているうちにダウンロードすることを
強くおすすめします。
閉鎖されたら入手不可能となりますので。

以前のバージョン
↑↑↑
ここの右画面
windowsという欄に
Windows 7 Enterpriseがあります。

Windows 7 Enterprise

今ならまだ可能です!(゚д゚)

要不要に関わらず
取りあえずゲットしておくことを
強くおすすめ致します。

私の場合は
すぐダウンロードできましたが
ネットによると途中で切れたり
ダウンロードするのに4時間!
かかったりする人がいるようです。
回線速度やその時の状況で異なる
のかも知れません…


そうそう

もう忘れてしまいましたが
ダウンロードには
Microsoft アカウント
が必要になるかも知れません。

私の場合
Microsoft アカウント を
作成しろ!みたいな画面に
なったので適当に入力しました。

特に個人情報を入力する欄は
ありません。

メアドと生年月日と〒です。

全てデタラメでも大丈夫です。
メアドは取りあえず受信可能な
ものを入力しましょう。

折り返しメールが来ます。

さて…
とにかく
Windows 7 Enterprise評価版を
ゲットできたら第一関門突破です。


まず最初に告白しなければ
なりませんが、今回私の場合

なぜか
WindowsVista→Windows7への
アップグレードとなりました。

ん?

表題は
Windows XP→Windows7へ変更する
じゃないの?(゚д゚lll)

そうなんです。


WindowsXPなんですけど
Vistaでやったんです。

詳細はこうです↓

今一度
これまでの
経緯と環境について
記述しておきたいと思います。




インストールしたパソコンは
Lenovo X61というノートパソコンで
プリインストールされていたOSは
Windows Vista Businessです。
ハードディスクは80GBしかありませんでした。


この購入時にインストールされていた
Windows Vista Businessが
大変重く使いにくいので、当初の
内蔵ハードディスク80GBの容量が一杯になるのと
同時に高容量のディスク500GBに交換する時に
OSもVista→XPにダウングレードしました。

※購入時に予算をCPUにつぎ込んだため
自分で交換できるHDは最小の80GBを選択しました。
2年程で、すぐ一杯になりました。


そこで
新たに500GBのHDを購入して
80GBの中身をコピーしたのです。



そして不安なので
元のVistaの80GBハードディスクは
そのまま置いておきました。
(万が一のバックアップのため)


その後
3年間 特に問題なく
快適にWindows XPでパソコンライフを
送っていましたがご存じこの4月の
Windows XPサポート終了にて
OSの変更をまたまた迫られてしまいました。


これが元々の私の環境です。





購入したノートパソコン
OS Windows Vista Business
ハードディスクは80GB

2年程でハードディスクが一杯に。


そこで
ハードディスクを80GB

ハードディスク500GBに変更
内容は80GBを丸々コピー
OS Windows XPへダウングレード



その後3年間は快適に使用。
全く問題無し。
ハードディスクの容量もまだまだ
充分余裕があるのだが
例の
XPサポート終了に伴い
さらに
OSの変更が必要になる。

※※※ ここまで ※※※





アップグレードしたいのだが
金が無い。
なんとか無料でアップグレードできないか?


ネットでググって
無料のWindows 7を発見。

冒頭のURLです。


前回同様
元のデーターを残すために
さらに新品の500GBハードディスクを購入。

500GBハードディスク

また、移行作業を簡易化するためと
移行後にデーター処理を容易にするために
2.5インチのハードディスクケースも
同時に購入!
(これは大正解だった)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

今回ハードディスクだけでなく
取り外した内蔵ハードディスクを
USBドライブとして使用できる
2.5インチのハードディスクケースも
購入しました。

2.5インチハードディスクケース

実は前から欲しかったのですが
面倒くさいのでほったらかしだったのです。

この2.5インチのハードディスクケースは
何が便利かといいますと
それまでノートパソコンに内蔵されていて
取り外したハードディスクが
USBで接続するだけで、あらま!
便利に外付けハードディスクとして
データーを保存したり
データーを呼び出したりと
出来てしまうのです。


これは便利です。


さらに、それだけではなく
今回のようにハードディスクの
コピーをする場合、外付けのシステムが
必要となりますが、このケースを利用すれば
簡単にハードディスクのコピーが
出来てしまう!というわけです。

ハードディスクを丸ごとコピー


コピーに使用できて
さらにコピーした後も
取り外したディスクを有効利用できるので
言うことありません。

ケースですから
ハードディスクを自由に入れ替えることも
できますし、何しろ単価が700円程ですから
入れ替えなくても、ハードディスクの数だけ
買ってもいいでしょう。

今回はこの2.5インチの
ハードディスクケースが
大活躍しました。



※欠点
予め申しておきますと
欠点は転送速度が遅いことです。

つまり
読み書きにデーターが多い程
時間がかかります。

今回500GBの初期化をするのに
約半日

OSをインストールするのに
約半日
かかりました。

ただ、Windows7を入れてから
ネットでの更新ファイルがかなり
ありましたが、これも時間はかかったので
USBだから極端に時間がかかるかどうかは
分かりません。

専用の機械を使わない限り
ハードディスクの複製や
OSの入れ替えは時間がかかる、と
思っておいて間違いないと私は思います。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


★Windows7にアップグレード終了したら
購入した2.5インチハードディスクケースを
利用して元のXP500GBのディスクから
USB経由でアップグレードした内蔵ディスクへ
データーを移す予定。




※ワンポイントアドバイス※

あとから気付いたのですが
こっちの方が良かったナーって
なぜなら
ポーチ付きですから…

私のはポーチはついてない。
(>_<) えーん

ハードディスク保護のためにも
ポーチはあった方がいいと思います。

価格は変わらず
なんと720円!
しかも送料無料です。

ハードディスクケース
さすがAmazon 価格といい、送料といい
楽天とは違うわ…

ちなみにアフィリリンクではございません。





【具体的な作業内容】

(第一日目)

まず
購入した500GBの新しい
ハードディスクをイニシャライズする。


↑超重要です!
サラッと書いてますが
この部分は超重要です!

購入したハードディスクは
初期化されていません。

これをそのまま
データーコピーを行うと
できない?なぜできない??の
無限ループに陥ります。

ただでさえ
ハードディスクのコピーは
時間がかかるものです。
一瞬で終わるソフトのコピーとは
わけが違うのです。

やってはダメ!
また
やってはダメ!
を繰り返すと
浦島太郎のようなおじいさんに
知らないうちになっています。

気がつくと
知らない内に自分だけが
思い切り老けてしまいます…

髪は真っ白
顔はシワシワ…



いやでしょう?(^O^)




私のコトです…(-_-)




ですから
面倒くさがらずに
買ってきたハードディスクは
まず初期化をしましょう!

【初期化のやり方】

Vistaの場合

コントロールパネル

システムとメンテナンス

管理ツール

ハードディスクパーティション
の作成とフォーマット


実行すると
ハードディスクの中身が表示されます。

ここで初期化する部分を選んで
右クリック

後は全て
次へで大丈夫です。

初期化が始まると

フォーマットが完了するまで
しばらくお待ちください。


という画面になりますので
気長に待ちます…(^O^)


私の場合
この作業だけで半日かかりました。

イニシャライズ終了後
80GBのディスクの内容を
500GBのディスクへ移す。

時間がかかったが
こちらは一発で成功!

この段階で3年前のデーター
を持つ
500GBのWindows Vistaの
ハードディスクが完成。

尚、これらの作業は全て
ハードディスクマネージャーとか言う
めっちゃ古いソフト
(以前のHDに入ってた…)を
使って行いました。

コピーソフト

(第一日目 終了)
※ここまでで
とりあえずWindows VistaのPCに
戻りました。最悪、このまま使い続ければ
いいわけで、少しホッとしました。





(第二日目)

そして予め
ダウンロードしておいた
過去の無料Winidows7のOSを
500GBのハードディスクへ
コピーする。


ところが
コピーは可能なのですが
そのままではソフトを
展開できない…


まじかよ…(・.・;)


ISOデーターとか言う
CDのイメージデーターだった。

そのため
無料のISOデーター展開ソフトで
イメージを展開する。



どうしたか?



ネットでググって
下記のサイトから
ISO Workshopという
フリーソフトを入手。

ISO Workshopのダウンロード

ISOデーター取り出し

ネットではこのISOデーターを
わざわざディスクに焼いて…とか
書いたサイトもあるが
上記のフリーソフトをダウンロードして
赤丸のExtract Dataという
メニューを実行して
ダウンロードしたISOデーターを
呼び出せば、自動的に
Windows7Upgradeの.exeファイルが
できあがるのでクリックするだけです。

全てがノートパソコン内で
完結するので楽チンです。

わざわざ
ディスクを買いにいったり
ノートパソコンにドッグを
接続して焼いたり…
といった手間は一切不要です。

まあ…

ディスクは一応作っておけば
何かの時に役には立つかも
しれませんが…

先を急ぐ私には
全てがすぐ完結する
この方法が合っているのです。




その後
展開した
Windows7
Upgradeのソフトを
起動しアップグレードを行う。


無事起動には成功!

ところがアップデートのソフトで
互換性をテストする作業に
時間がかかりすぎる。

更新プログラムを検索中が長い




古いソフトなので
ネットに接続したまま
アップデートすると
Windowsの更新が重なり
何時まで経っても終わらないっ!


んー遅い!遅すぎる!
これはネットに繋いでいるのが
原因と勝手に解釈し
速度優先のため、一度キャンセルして
ネットにつながず、スタンドアローンで
インストールすることにする。


そこで
電源ボタン長押しで強制終了し
今一度
インターネット接続無しで
更新を再開する。

※ここの部分は大変危険なので
決してマネしないようにして下さい。

全てがオシャカになって
あなたが真っ白な灰になっても
私は責任とれませんから…
二度と立ち上がれなくなっても
いいのなら…そこまで決心が…




しかし…再開しても
ソフトの互換性を検証しています。
この作業が延々続く。


実は先に
Windows7が自PCにインストール可能かどうか?
検証するソフトもあって事前にインストールして
試したりしていたのですが
全く不要でした。なぜなら…

どーせ
Windows7をインストールする時に
死ぬほど自PCの中身を調べられるのです。


死ぬほど…です。



本当に浦島太郎を
通り越す恐れがあります。



やっと終わるも
その後
元のVistaのアプリケーション
のいくつかが原因でアップグレードが
強制ストップ!oh my god!


具体的に書くと
私の場合

Client Security Solution
ThinkPad EasyEject Utility
Lenovo Care System update
ThinkVantage Active Protection System
Presentation Director

のファイルが不適合で
一度元のOSに戻ってから
アンインストールして下さい、
とのこと…(?_?)


そうしないと
アップグレードの
画面が出せない。

なんとか
回避できないか?と
色々考えたがダメだった…



このままでは
永久にインストール画面まで
たどり着けないので
ここは言うことを聞く以外に
道は無い…


この作業で
マイクロソフトは王様なのです。
従う以外に道はありません。

あんたが大将!




そこで仕方なく
またしても一度キャンセルして
元のVistaに戻り
言われた通り
アプリケーションを
泣く泣く削除する。


※削除して下さいと言われた
アプリケーションのいくつかは
存在しなかった…ケド。


もう一度
Windows7
Upgradeを開始。
(3回目)

今回も
インターネットの接続は
全てOFF。

スタンドアローンで実行。

なにやら
警告文が出るが無視。

やっと
アップグレードの画面に
到達!やったー!


きたー!windows7

いますぐインストール!
いますぐだよ!はやく、早く!
o(^o^)o うーっ!


大体…
この期に及んでまだ
「互換性を確認する」って
どゆこと?さっきまでのは
一体何だったんだよ!

ブツブツ…




その後
Windows7
Upgradeが始まるが時間がかかりすぎる為
そのまま寝てしまう。
(ここまで第二日目)






(第三日目)

朝、早起きして見てみると
インストールは全て終了していた。

おそる、おそる
電源を入れてみると…

やたー!Windows7だ!

来た―!Windows7


やたー!やたー!と
1人で嬉しがる…
しかし、まだ終わりではなかったのだ…

インターネットに繋ぐと
恐ろしい程の更新ファイルがあり
またしても時間が取られてしまう。

やっと終わり電源を切ろうとしても
更新が始まってしまう。

更新が終わって
再度電源を入れても
再び更新が始まる…

そんなこんなで3日目が終わった…

更新プログラムが144個!
(三日目終了)



(四日目)
今度はマカフィーが使えない。
色々やってみるがダメ!

結局
インストールし直して
やっと使えるようになる。

ここにきてやっとなんとか
システムが安定してきた。

つまり…
とりあえずシステムを安定さすまでに
やく4日間かかったってコト。

長かったね…


P.S.
Windows7にアップグレードできても
安心してはいけません。
そのまま使えるのは10日間だけ…
10日過ぎてしまうと1時間ごとに
システム停止してしまうとのこと。

本当かな?

本来ならどうなるか?
試してみたいところなのですが
せっかく苦労してインストールしたので
もうちょっと使ってみたい気がして
認証作業をしてみました。

つまり
お試し10日→認証90日に延長

認証を受ければ
その後90日間無料で使用可能なのです。

でも

認証って?プロダクトキーとかを
Webで入力するのでしょうか?

実際にやってみました。



90日間延長の認証を受けてみる。


Windows7Enterpriseにアップグレードしてから
毎日起動するたびに
あと○日です。認証を受けて下さい。という
画面が出ます。

そこで認証を実際にしてみました。

認証誘導画面

このような画面が出るので
オンラインでいますぐ認証を受ける、をクリック


認証中

すると…
認証中という画面に自動的に切り替わり
即座に認証作業が勝手に始まった。


あっという間に
認証終了!プロダクトキーの入力も
何も一切せずに勝手に認証終わり!(^_^;)

ライセンス認証成功 90日間使用可


ためしに
デスクトップから
コンピューター

システムのプロパティを開くと

システムのプロパティ


このように
ちゃんと90日間延長ができている!

ライセンス認証 90日間

これで
あと90日間はWindows7が無料で使用可能だ!
バンザーイ

そして
この10日お試し+90日延長は
あと5回までできるハズ。

うれしいなー(´▽`)

ともかく
こうして無料でWindows7になりました。
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None