bonusbox

bonusbox(ボーナスボックス)
ご存じですよね?

かつて一世を風靡した
特典配布システムです。

私ももう2年ほど
bonusbox(ボーナスボックス)を
ロリポップで運用してきたのですが
何を隠そう
ロリポップのロリポプランで
bonusbox(ボーナスボックス)で
運用してきました。

いいですか
ロリポップのロリポプランですよ。

bonusbox(ボーナスボックス)の
セールスページを見て頂くと
よく分かりますが
インストールの確認が取れているのは
下記の2つのみです。
↓↓↓↓↓
動作確認済みサーバー

どうですか?
書いてありますね?

ロリポップ(チカッパプラン)と…

つまり
ロリポップ(ロリポプラン)ではありません。

なぜ
開発者の方が
ロリポップの(チカッパプラン)と
したかと言うと
データーベースが複数使えるからです。

ロリポップ(ロリポプラン)は
データーベースが1つしか使えません。

それでも
私が契約しているのは
ロリポップのロリポプランなので
そこにbonusbox(ボーナスボックス)を
インストールして使っていました。

しかし…

エラー表示が出るのですね…

エラー表示

エラーが表示される1

エラーが表示されるけど
機能的には問題なく
使えるので
「まあ、いいか…」
と使っておりました。

(実際すっごく便利ですし)

ところが
やはり
エラー表示が出るのは
精神衛生上好ましくないし

今回
bonusbox(ボーナスボックス)を
カスタマイズして
無料レポート配布システムとして
利用しようかな?と
思い立ちまして…

そうすると
複数のbonusbox(ボーナスボックス)を
インストールする必要があるわけで
やっぱ
エラー表示が気になるわけです。

データーベースが
大丈夫だろうか?って
なんたって
bonusbox(ボーナスボックス)だけじゃなく
wordpressもそうだし
拾ってきたCGIやらアクセス解析やら
もーしこたま入ってますから…
1個しかないデーターベースに。

そんなわけで
別途
Xサーバーも借りているので

それじゃ
Xサーバーにサクッとインストールするか!
(Xサーバーは複数データーベースが使える)

となった次第です。

インストール楽勝楽勝


私的には
動作確認済みサーバーに
堂々と名前が出てますし

鼻歌を歌いながら
インストール可能だな…と
楽勝ムード満点でいたのですが
結果はかなり異なりました。

以下
もしよろしければ
ご覧ください。

題して


bonusbox(ボーナスボックス) インストールの仕方(Xサーバー編)



パーミッションを設定する



まずパーミッションを設定します。
パーミッションとは何か?

何でしょう?昔のラジオで言えば
チューニングのダイヤル?
みたいなもんです。
分かります?

昔のラジオは
チューニングのためのダイヤルが
ついてまして…
ラジオを聴くには
そのダイヤルをグルグル回して
目当ての番組の周波数に
手動で合わせる必要がありました。

チューニングが合ってないと
雑音が入ったり、最悪
番組が聴けない、というわけです。

パーミッションも
サーバー毎に異なるので
ロリポはロリポ
XサーバーはXサーバーで
個別に設定してやる必要があるわけです。

FFFTPをお使いの方で
固定サーバーしか使わん!
というのであれば
以下の設定を一度するだけで
あとは自動的にファイルを
サーバーにアップするだけで
パーミッションが割り付けられます。

まず
FFFTPのメイン画面上メニューの
オプションをクリックします。

1.メイン画面のオプションを選ぶ

すると
環境設定となり(それしか選べない)
次に各種詳細設定画面になるので
転送3というタブをクリックします。

環境設定⇒転送3で設定する

ここです。この画面で
パーミッションを設定しておけば
後は自動的にこのパーミッションで
ファイルはサーバーへアップロード
されるというわけです。

ちなみにこの固定画面は
1つしか設定できないので
複数のサーバーを所有している人は
メインサーバー以外は
アップロードするファイル毎に
手動で設定する必要があります。

以下にロリポップと
Xサーバーのパーミッションを
あげておきます。

ロリポップの場合

*.css
*.html
*.htaccess
*.gif
*.jpg
*.zip
*.pl
*.php
以上は全て604です。

*.txt
*.dat
以上は606です。

*cgi 700

フォルダ属性 755



Xsaverの場合

.cgi .pl などの CGI 実行ファイル
755, 705のいずれか

.cgi .pl などの
直接実行されないライブラリファイル
600
.txt .dat .log などのファイル
600

フォルダ属性 755, 705


FFFTPで手動で
パーミッションを割り付けるには
対象ファイルを右クリックして
属性変更を選べば可能です。

対象ファイルを右クリック→属性変更

数値は
直接半角数字で打ち込みます。
属性枠にチェックをつけても
いいですけど打ち込んだ方が
早いです。

属性を変更する

ここまでがパーミッションの設定です。
次からはインストールにかかります。



※追記

今回上記方法で
FFFTPにてアップロードしたところ
Xsaverでもbonusbox(ボーナスボックス)で
エラー表示が出てしまいました。
代わりに
ロリポップでのエラー表示が出なくなったので
これでいいか…とも思いましたが
ロリポを今までメインで使っていたため
パーミッション設定がロリポで固定しており
そのままXサーバーへファイルをアップすると
後でパーミッションを直さなければなりません。

この作業が結構めんどいので
filezilla をダウンロードして
Xサーバーにbonusbox(ボーナスボックス)の
システムをアップしたところ
見事にエラーが出なくなりました。

尚、アップしたシステムは
bonusbox(ボーナスボックス)の最新バージョンで
filezilla にてパーミッション変更はしていません。
filezilla では初期状態では
フォルダ755
その他 644
となっているのですが、
これで特に問題無いようです。
今後Xsaverにはこのfilezilla でいこうと思います。

Fillzeショートカット

尚今回filezilla は下記サイトより
ダウンロードしました。

filezilla 日本語サイトです。
filezilla で検索エンジンでググると出ています。
Fillza日本語サイト

このサイトのすぐ下に
最新のファイルがあるので
32ビットか64ビットか選んでダウンロードすれば
いいだけです。ちなみに私はZipファイルを
ダウンロードしました。

ダウンロードサイト



Xsaver データーベースを設定する


bonusbox(ボーナスボックス)では
データーベースを使用しますので
その設定が必要です。

以下やり方をご説明致します。

まず
Xサーバーのコントロールパネルから
自分がbonusbox(ボーナスボックス)を
設置したいドメインを選びます。

1インストールするドメインを選ぶ

ドメインを選んだら
データーベースの設定をします。
bonusbox(ボーナスボックス)の
マニュアルでもそうですが
既にデーターベースが設定されている、
ということが前提になっています。

初めてデーターベースを設定する人は
まずデーターベースを設置して下さい。

続けます。

データーベースから
MySQLの設定を選んで

2データーベースを設定する


MySQLの追加タブをクリック
3MySQLの追加を選ぶ

すると
データーベースの追加ができますので
ここで
データーベース名と
文字コードを設定します。
文字コードはUTF-8です。
4データーベース名と文字コードを設定 - コピー

設定がすんだら
データーベースを確定します。
5データーベースの追加を確定する。


確定したらもう一度
追加をクリックします。

6追加をクリック

完了しました。

7追加完了

注意点
Xsaverはデーターベースが
複数設置できるので便利ですが
それゆえ設置の手間がロリポップよりも
かかります。

一番重要な点は
パスワード等設定したものを
忘れないように保存しておいて下さい。

私の場合
データーベースの設定自体は
すぐにできたのですが
後で述べるようにbonusbox(ボーナスボックス)に
Xサーバーで設定したデーターベース情報を
入力するのですが、何回もログインできずに
はじかれました。

これは私の場合だけかもしれませんが
パスワード等をコピペで入れると
ダメなのかもしれません。
手動で1文字づつ入力したら、やっと
データーベースに通してもらえました。


bonusbox(ボーナスボックス)をインストールする


さて、ここまで準備ができたら
やっとbonusbox(ボーナスボックス)を
Xsaverにインストールしていきます。

まず最初に
あなたのXsaverに
bonusbox(ボーナスボックス)を入れるための
フォルダを作成しておきます。

フォルダ名はなんでもいいと思います。
例) tokuten01

尚、Xsaverの場合
ソフト等アップロードできる場所は
あらかじめ決まっており
その場所に新規フォルダは
作る必要があります。

その場所とは
public htmlです。

9パブリックHTMLを選ぶ

このpublic html以外の場所に
ファイルをアップロードしても
ネットで見ることはできません。

このpublic htmlをクリックして
中を開き、そこに新たなフォルダを
作って、その中にインストールします。

10新規フォルダを作ってインストール

よって
bonusbox(ボーナスボックス)も
このpublic htmlをクリックして
新規フォルダを作ってから
その中にアップロードします。

11新規フォルダ内にソフトをアップロードする。

重要なのでもう一度言います。

bonusbox(ボーナスボックス)のファイルを
アップロードするフォルダーは
あなたのXsaverの
あなたのドメインの
public html内の
あなたの指定したファイル名の
フォルダの中です。

まとめ

そこへアップロードするのは
bonusbox(ボーナスボックス)の
システム一式

admin
bonus
download
img
index.php
style.css

この6つのファイルとなります。
上の画像では5つのファイルと
なっていますが間違いです。(スミマセン)


さて
無事上記のように
必要なシステムをアップロードしたら
目的のURLにブラウザでアクセスします。

もしあなたが
tomchis.com
というURLで
tokuten01
というフォルダ内に
bonusbox(ボーナスボックス)の
システム一式をアップしたなら
アクセスすべきURLは以下になります。

http://tomchis.com/tokuten01/admin/
↑例で出しており架空のURLです。

無事にアップされていれば以下の画面が出ます。

12bonusbox初期設定

初期設定を行って下さい。
という表示が出ていれば成功です。(一応)
パチパチ まずは第一関門突破です。

ですが…
まだ難関が残っています。
それは
Xsaverのデーターベースに
このシステムを通さなければなりません。

つまり
Xsaverのデーターベースに
このシステムを使うけどいい?って
聞いて
パスワード等を入れます。

その結果
あなたのデーターベースから
いいよっ!(^^)って返事が来たらOKです。

返事が来なければ
来るまで格闘が続きます。(笑)

13パスワードデーターベース情報を入力する。

まずIDとパスワードですが
これは何でもいいです。
大丈夫です。誰でも設定できます。

設置URLは自動的に表示されます。
特に変える必要はありません。

問題はその下です。

これはあなたが
データーベースの設置の時に
使用したデーターを入力します。

14データーベース名とホスト名

難関はユーザーとパスワードです。
これはデーターベースに接続するため
あなたが設定しているものです。

いくつもデーターベースを
作成していると
一体何が何だから分からなくなることが
あるから大変です。

ユーザー名やパスワードは
面倒くさがらずメモしておきましょう。

15やっとできた パスワードは手打ちがいいかも

私の場合は何回もやり直してやっと
↑この画面が出ました!やれやれ…


bonusbox(ボーナスボックス)を設定する


ここまでくればもう大丈夫。
後はポチポチ設定すればいいのです。

16 まずは基本設定

まずは基本設定からいきますか。

この基本設定は一見
めんどくさいなーと思いますが
実はひな形が運営者様によって
すでに作られており、それをコピペするだけです。

自分なりに考えてもいいですが
面倒くさいのでコピペです。
私も初めはコピペでも後から
やり直そうと思っていましたが
結局コピペのまま使っています。
なんの問題もありません。

これは基本設定というところを押すと
画面右上にマニュアルというリンクがあり
ネットマニュアルにつながるので
そこで例として挙げられている文面を
丸ごと移します。(コピペ)
自分の名前とかの部分のみ
変更すればいいので楽チンです。

これだけでも
大分違います。

よく考えられて作られてるなーと
思います。


17マニュアルを押してコピペ

↓このようにメールの文面は全て
事前に例がありますので
それを全部コピペします。

よく考えられた簡潔にして
必要十分な内容なので
頭が悪い人は
自分で考えるよりもいいと
思います。(私の場合)

18すべてコピペ

この部分は
入力する内容が多いので
最初はうっ!なんだこれは!と
思いがちですが、このように
コピペですぐ終わります。

知らないと全部自分だけの力で
考えて入力しなければならず大変です。


さらに
ポイントというところは
設定しておいた方がいいでしょう。

このbonusbox(ボーナスボックス)の
特徴の一つにこのポイント制が
上げられます。

商材販売時に
自分でその商材ポイントを
設定することができます。

別途特典をアップして
ポイントに応じて購入者様に
その特典をプレゼントしたりと
色々使い手のある機能です。


次に…

19次はASP

ASPです。これは問題ないですね。
インフォトップやインフォカートを入力します。

20追加を押す

認証方式はID認証
認証名はID名でいいと思います。

21ASPを登録 ID名とする

この部分は難しくないでしょう。
次にいよいよ情報商材を
登録していきます。

これは特典ではなく
特典を付けてアフィリエイトする
商材を登録していきます。

22情報商材を登録

特にここでは入力することは
ありません。商材名と自分で設定した
英数名を入力するだけです。

特典の自動認証ではなく
確認後の認証とする場合は

入力する内容はこれだけです。

自動認証する場合は
返信するメール文をここで
入力しておきます。

尚、この文章のひな形は
ありませんので各自、
自力で設定する必要があります。

23メール認証の場合 文面は不要

尚自動承認とは
請求があった時点で自動的に
特典を配布するURLをメールで
送る機能です。ここで自動返信文を
設定しておくと全く自動で特典配布が
できてしまいます。

その際のダウンロードURLや
パスワードは勝手にシステムが
作って尚且つ購入者様に送ってくれます。

なんて便利な!

この部分を自動認証にするか
それとも一度自分で確認する
手動認証にするか?は
それぞれ一長一短で
どちらがいいか?とかはありません。

なぜなら
インフォトップに後でご説明する
特典配布URLつきPDFを
登録する方法を使う場合

あなたの特典の入手URLを
ご購入者様以外の人間が
知ることはほぼ不可能です。

なぜなら
それはインフォトップで商材を
購入して初めて知らされるURLだからです。

よって
自動認証にして手動認証にしても
どちらにしてもあなたのダウンロードURLを
手にして特典をダウンロードできるのは
商材購入者様だけとなります。

私は面倒なので
(メール文を設定するのが)
手動認証にしていますが
どちらでも手間は大して変わりません。

手動認証と言っても
システムにログインして
ボタンをポチリッツと押すだけですから…

さて、次はいよいよ
特典を設定していきます。

この機能が超すぐれものですっ!

24特典を登録

bonusbox(ボーナスボックス)では
この特典設定の前に
しなければならないことがあります。

この管理画面で特典をセットする前に
あなたのサーバーに特典を先に
アップしておく必要があるのです。

つまり

1.先に特典をサーバーにアップする。
2.管理画面で特典をセットする。
という手順となります。

25bonusフォルダに先に特典をアップしなければならない

特典をアップするフォルダは
bonusフォルダとなります。

特典も数が多くなると
どの特典が何なのか?
分からなくなるので
予めエクセルなどで
自分の配布特典一覧表を
作っておいた方がいいかもしれません。

特典内容と特典のファイル名
(後から見ても分かるように)

尚、bonusフォルダにアップする
特典名は英数半角文字のみとなります。

26特典をアップした!

このように先に特典自体を
サーバーにアップロードしてから
管理画面で特典設定を行います。

特典設定画面に入ったら
追加ボタンをおして設定します。

27そうしたらbonusbox側に設定する

追加を押すと
特典設定画面になります。

そこでまず
特典名を入力したら
次に
特典ファイルで
その下で先にアップした
特典を選んで設定します。

すでにアップロード済みの
特典がここでプルダウンで
表示されていますので
選ぶだけの楽チンさです。

28特典名をつけてアップしておいたファイルを選択

完了するとこうなります。↓
メイン特典の場合は
これで終わりです。

グループというのは
複数の特典グループを設定でき
その中から任意の数を請求者様に
選んでもらうときに使います。

29こんなカンジ

これを繰り返して
その商材で渡す特典を
設定していきます。

30特典全てがアップできた

設定終了!
ここまでが特典設定の仕方です。

あとからやり直すことは可能ですので
とりあえずこのように
特典を先にどんどんサーバーの
bonusファイルへアップして
後から設定していきます。

ちょっと長くなりましたので
bonusbox(ボーナスボックス)の
特典設定のしかたは
ここで一旦終了します。

次回は
bonusbox(ボーナスボックス)で
特典システムを運用するをお送りします。
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None