好きなことで生きていく3


さて3回目は、画像の切り替えをやってみましょう。

Windows movie maker(ムービーメーカー)では
今までやってきた
1.画像を挿入する。
2.キャプションをつける。
そして今回の
3.画像を切り替える。

というたった3工程で動画ができちゃいます。

 

画像の切り替えとは何か?

画像の切り替えとは
画像から画像へ移る際に
そのまま切り替えるのではなく
各種の効果を加えながら切り替えが
できてしまう効果のことを言います。

具体的には
今回の動画で使用する予定の
ページがめくれるような効果

a4dd531fc69a.jpg

 
※ページカール(右下)って言うらしいです。

または
少しづつ前の画像に重なりながら
切り替わっていくような効果

bf05a9ab6daa.jpg
 

このようなエフェクト(効果)が
あらかじめ数多く装備されていて
あなたはそこから好きな効果を選ぶだけで
動画に追加することができるのです。

しかも
その効果はポチっと仮決定するだけで
瞬時にプレビューされますので
いくつでも効果をその場で試して
確認することができて大変便利です。

ね、いいでしょう?

それではいってみましょうか?

 

画像の切り替えをやってみよう!

画像の切り替えをするには
最低でも画像が2つは必要です。

そして追加した画像の先頭に
タイムラインの軸を合わしておいて
効果を追加します。

1.タイムラインの軸を合わす。

40c4525a0b26.jpg

 

2.効果を追加する。(選ぶだけ…)

2.jpg

どうですか?おもしろいでしょう?

 

なんとこのページ切り替え効果は標準装備で
その数なんと77パターンです!

fb22f649ba6f.jpg

↑これ以外にもあります。載せきれませんでした。

無料にも関わらず
切り替えが77種類も付属

Windows movie maker(ムービーメーカー)を
私が初心者の方にお勧めする理由の一つが
標準装備の各種エフェクト(効果)です。

このエフェクトのマーク上にカーソルを当てるだけで
すぐにプレビュー画面ではエフェクトがかかります。
そのレスポンスの良さは、動画作成時のスピードUP
に大きく貢献します。

Windows movie maker(ムービーメーカー)は
全く無料のソフトにも関わらず、この各種
エフェクトが豊富に用意されている点が
初心者が簡単に動画を作成できる要因の
一つであることは否めないでしょう。

 

他のソフトと比べてみれば
例えば…
アフィリエイターに人気のカムタジアスタジオですが
カムタジアスタジオにはこれらのエフェクトは
有料ソフトにも関わらず、申し訳程度にしか
装備されていません。その数、たった27種類です。

ちなみにカムタジアスタジオの価格は
3万円以上する高級動画作成ソフトです。

カムタジアスタジオ画面の切り替え

 

まあ…カムタジアスタジオは動画作成というよりは
どちらかと言うとPC画面上の動画(使い方)作成用
ソフトと言えますので一般的な映像動画作成とは
異なる用途のソフトと言えますが。

 

無料で簡単に動画が作れて
これらエフェクトが豊富な
Windows movie maker(ムービーメーカー)は
ものぐさな貧困アフィリエイターには
(私のような…)
うってつけのソフトと言えるのです。

 

ここまでよろしいでしょうか?

 

これまで3回にわたって
Windows movie maker(ムービーメーカー)で
動画を作る!をお伝えして参りましたが
1.静止画を取り込む。
2.キャプションをつける。
3、画面を切り替える。

この3つの作業だけで
動画作成はできてしまうのです。

あなただけの
オリジナルのYoutube動画が
できるんですよ!あなたも。

なぜやらないの?

ソフトも持ってるでしょう?
(無ければ無料でダウンロードして!)

それではいきましょうか?

Windows movie maker(ムービーメーカー)で
動画無しで静止画だけでこんな動画が
できちゃうって見本をみせましょう。

この動画を作ろう!の計3回分の
画像を並べてキャプションをつけた
それだけの動画です。

何度も言いますが
Windows movie maker(ムービーメーカー)だけで
作っています。他のソフトは一切使用していません。

あ…

スミマセン動画は次回お届けします。

tomchi


関連記事
 カテゴリ
 タグ
None