windows7 Enterpriseがあと2日

※この記事を書いたわけ

無料のWindows7 OSである
Windows7 Enterprise 試用版を
使っていても使用期限が必ず来ます。

その際に
上位グレードのOSにUPする場合は
問題ありませんが、これを
Windows7 Professinalなどに
ダウンエディションする場合
通常は新規インストールするしか
方法がありません。

しかし
新規インストールしてしまうと
当然ながらハードディスク上の
プログラムやソフト等が初期化
されてしまい、復旧するにはまた
大変な労力と時間を要します。

そこで
ダウングレードにも関わらず
アップグレードの手順で
(ここら辺ややこしいですが…)

やってみたのが
この記事です。



以前

Windows 7 Enterprise をリセットする。
というシリーズ?をやりました。

Windows Enterprise をリセットする。

Windows 7 Enterprise をリセットする。


覚えておいでですか?
昨年の1月だったかな?

忘れましたが
Windows XPのプログラム更新が
マイクロソフトによって中止になり
脆弱性から急遽みな
Windows7に変えさせられましたね?


私も同様でしたが
Windows XPからWindows7に
変更する際、金が無いので無料の
Windows Eniterprise試用版を
ダウンロードして使用する…というものでした。

実際に私はこの
Windows7Enterprise試用版を
ダウンロードして使っていましたが
このWindows7 Enterprise試用版は
100日経つと使用できなくなり
(90日の期限+10日の猶予がある)
リセットをかけるとさらに
100日期限が延長でき都合5回
500日間は使えるというものであり
上記の記事を書いたのが
2014年の8月で、今が
2015年の12月…
つまり
その最終期限の500日が今まさに
終わろうとしています。

冒頭の写真↓
windows7 Enterpriseがあと2日




あと2日で終わりが来るっ!(;゚□゚)


オマイガッツ!


オマイガッ!




正にこの日が来るか!
(思ったよりも早かったな!)

というのが正直なところです。
500日前は、この試用版の期限が来る頃には
新しいPCを購入しているかも?と
思っていましたが、どっこい
そんな余裕もあるわけなく未だに
後生大事に、このX61を使っている…
というわけです。



ネットでググると
そのリセットをさらにリセットする方法
とかいうのもないことはないが
それが成功したとしても結局
90日でリセットをかける必要があり
微妙に面倒くさい…

結局また500日経つと
同じことを繰り返さなければならず
実は、それよりもいい方法を
見つけてしまったので今回
それを実行したのでした。

長々とお伝えしてきましたが
言いたかったのはそのことです。

何しろ
Windowsを使っている限り
このメインOSというものは
絶対必要であり、何をするにも
これ無しでは何もできないシロモノですから。

というわけでやってみましょう!




Eniterprise→Professionalへ変更する


現状期限があと2日に迫っているとは言え
Windows7 Eniterpriseは
使えているのですが、その状態のまま
今回は
密かに入手したWindows7 Professionalを
インストールしてみます。

32bitと64bitがあるのですが
今回は32bitを選択しました。
※このくだりについては文末に記載ございます…

isoファイルなので
以前使用したISO Workshopという
フリーソフトを使用して
.exeファイルを生成します。

この辺の詳しい情報が必要な方は↓
windows XP→windows7に変更する? 最終回
を参照下さい。(最後の方にあります。)

windows7 Enterpriseがあと2日

ISO Workshopを使う



このISO Workshopを使えば
ダウンロードしたISOファイルを
呼び出すだけで自動的に.exeファイルができ
あとはクリックするだけ…。

と思ったら
そんなに簡単ではありませんでした。

やはりキチンと
フォルダに解凍?しないといけないようで
と言ってもやり方は簡単で必要なファイルを
選択したら(クリックして青く色をつける)
左上から3番目のExtractを押すだけ
すると保存するフォルダを聞いてくるので
任意のフォルダを指定するか、もしくは
新しいフォルダを作ってそれを指定する。

ISO Workshopを使う2


フォルダを指定すると展開が始まる。


ISO Workshopを使う3



無事終了すると下記の表示が出る。


ISO Workshopを使う4



そんなわけで
やっとこさWindows7 Professionalの
.exeが出来たのでクリックして
インストールしましょうか!

これ


新しく作ったフォルダに展開された
Windows7 Professionalのsetup.exeを
クリックします。

1windowsのインストール画面が出た!


すると…
当然ですがインストールが始まりました!




おおー!開始しています…イイネ。

2開始!


3こんな表示が出た!



ここでこんな表示が!
そうだネットを切断しなきゃ。
もともとグレーな方法なので
ネットを切断しておいた方がいいのです。

すかさずLANケーブルを引き抜いて
WiFiもoffにして作業再開。


4バージョンUP


ここは当然アップグレードにします。
下の新規インストールにするとパソコンに
入っているソフトやファイルが初期化される?
最悪の事態になったら困ります。



5.jpg

ところが…やはり問題発生が…
実はWindows7 Enterpriseは
Window7 Professionalよりも
グレードが高いので当然ながらアップグレードは
できません。(ダウングレード?)
※グレードは同じWindows7なので
この場合はダウンエディションと言うらしいです。


トホホ…

このままでは新規インストールしか
とるべき道がありません。

んー

ハードディスクは余っているので
新たにハードディスクを換えて
新規インストールするか…

仕方がない。

そこでWindowsバックアップシステム?
を使ってインストール済みのアプリや
システムを移設する作業を開始しました。
(後でまた復活させるため)



しかし…
時間がかかる…

んー

と、ここで閃いた!



「そうだ!もともと
Windows7 Enterpriseが
入っているんだから
Windows7 Professionalが
入れられないハズはないし
絶対そっちのが早いハズ。」

Windows転送システムは
時間がかかりすぎるので
途中で中止してネットをググると…

ありましたよ!

Windows7 Enterpriseを
Windows7 Professionalに
ダウンエディションする!が。

参考にしたブログ↓
参考にしたブログ1
参考にしたブログ2
※ 現在では記事は
削除されており見ることができません。





以前何かで見たことがあり
WindowsのOSはどのバージョンでも
実質同じであり、レジストリで切り替えている?

そんな内容だったような。

そこで早速やってみよう!



レジストリエディタを使用する


ブログの内容に従って
スタートメニューのプログラムの検索欄に
regedit と入力してEnterキーを押す。

すると…
レジストリーエディターとかいうのが
起動します。(ホーこれか…)

レジストリーエディタ


ここで書き換えねばならない
レジストリーは今回2個

EditionID : enterprise → professional

ProductName : windows 7 enterprise → windows 7 professional

それぞれは
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows NT\Current Version
内にあります。

レジストリ1
レジストリ2


↑このCurrentVersionをクリックすると
右画面に書き換えるレジストリーが表示されるので
上記の2個を書き換える。

レジストリーエディタ


書き換えは慎重に…
できればコピペがいい。空白の半角とか
間違って入らないように…

書き換えが終了したら
もう一度最初に戻って
展開したWindows7 Professionalを
インストールし直す。


1windowsのインストール画面が出た!

4バージョンUP




再チャレンジだ!



すると…こんな表示が出て止まらない。


インストール1この表示が出て止まらない


インストール2



おおーなんとなく
いけたようだ…

結局この画面は
2時間以上もかかり
しばらくお待ち下さいって
一体どんだけ待たせんねんっ!

ってカンジなんでほったらかして
そのまま寝ました。




そんなこんなで…
翌朝

起きると!おおいけてるやんけ!
なんやかんやで
オンライン認証では
入手した認証キーが弾かれたので
電話認証(面倒っくせー!)に
なりましたが無事に
Windows7 Enterpriseから
Windows7 Professionalへ
ダウングレード成功!
ダウンエディション…でした。


ライセンス認証1
ライセンス認証2





いやはやこれで終了です。
大変だったけど
何がいいって
これでもう期限を気にせず
OSが使えるわ…


あと5年だけど…



買い換えれば済む話だけど
金をケチって安く上げようと
思うとこのように頭と時間を
使わねばならぬってコト。

金を支払うか?
労力を使うか?

二つに一つですな…

最後になんか
日本語入力が変だな?って
思ったら勝手に
Google日本語入力が弾かれて
いたので再インストール。

これでやっと
元に戻ったよ!

tomchi



ここから先は見てはなりませぬ!(笑)



※追記



困った人



いいか?悪いか?という論議は
この場では致しませんが
私と同様に困っている人のために
リンクをそっと載せておきます。

入手先URL

もちろん
無料ではございませんが
労力を考えるとこちらで
認証を済ませた方が正解かと…


※蛇足ですが…
誤解ないように申しておきますと
上記URLと私は何の関係もございません。
アフィリエイトリンクでもありません。


私には一銭も入ってきませんので
ご安心下さい。

Windows 7 Professional
プロダクトキー 正規認証1台
と明記されていますが
私の場合、x61とx200の2台に
インストールして認証通りました。



当然ですが同時に2台は
無理がありますので
最低3ヶ月程期間を空けることを
オススメ致します。



windows7 32bit
windows7 64bit
isoファイルも頼むと送ってもらえます。
認証までは責任もってサポートして
もらえるので安心でした。

ちなみに
X200Sはこの7を入れて
自動アップデートで
windows10になりました。
もちろん認証済みです。

windows10 認証済み


windows7 professionalで
使用していたのですが
(それで十分だったのですが)

勝手に
windows10にアップデートしませんか?と
頻繁に案内が来るので面倒くさくなって
OKとしたら、この有様です…(笑)



正直
もっと早く利用させてもらって
いたら良かったかな…と。

基本プログラム位
無料にしろよな!

と言うのが私の本音です…

実際
Windows10は無料で
しかも
無理矢理渡しているワケで…



何だかなーって思います。






以上
参考になりますか?

tomchi
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None