どうしたら?

スモールキーワード狙いの
特化型ブログの作り方
tomchi流


なんか…
急に真面目になった感じで
落ち着かないんですけど(笑)
仕方ありません。

とある方からご質問頂きまして
私だったらこうしますよっ!という
回答をシェアしようかな?と
一つには內容が長くなりそうなので
記事にできるな!と
でも自分的には結構濃いノウハウかも?
と思っているのである意味これを
見た人はラッキーかもね?
(かもね?ですけど)
と思ってこの記事を書いています。

そもそも
アフィリエイトで狙ったキーワードで
上位表示を皆させたい!わけですけど
私はあなたにお聞きしたいのです。

「そのキーワードで上位表示
させて一体どうするのですか?」



例えば
薄毛 日増しに 脱毛する 男性
というキーワードでグーグル
1位表示させたとして
一体その先には何があるのか?と

私は聞きたいわけです。




その答えは
まず百人中百人が
アフィリエイトタグを踏ませるため
と答えると思います。

1位表示されれば
訪問者数がそのキーワードでは
多いはずですから

ブログを訪問

アフィリタグを踏む

本家サイトへ飛ぶ

成約

報酬発生



と、まあ
こういう図式を描いているはずです。
あなたもそうでしょう?

そうですよね?

成約するか?
しないか?は
本家サイトの力にもよるので
アフィリエイターでは
いかんともし難い部分であり
ともかく
熱いキーワードで集客して
アフィリエイトタグを踏ませたい!


というのが目的ではないですか?
そのために1位表示させたいわけですね?

そうですか?

もし、違うというのであれば
これから先、私の記事を読む必要は
あなたには全くありません。

時間の無駄ですので
他のブログをあたってください。




ここまで
よろしいでしょうか?




PPCアフィリなんかでも
そうなんですけど
もー
買う気満々のキーワードで
訪問してくる人は
別にあなたのサイトの內容なんか
どうでもいいんですよ。
ぶっちゃけ。



誰も言いませんけど
私は言いますよ。
例えあなたに反感買っても。


ぶっちゃけ
あなたのサイトが有意義か?
そうでないか?は訪問者には
たいした問題ではないのです。


私はそう思います。


自分の欲しい情報が
あるのか?ないのか?
そして…
どこにあるのか?

この
どこにあるのか?

ただ、それだけを探して
ネットをさまよっているわけです。

私達アフィリエイターが
することは
このどこにあるのか?
さまよっている訪問者様を
答えはここにありますよ!と
広告主様のサイトへ誘導するだけです。

そして
その欲しい情報が
本家サイトにあれば
それでいいわけです。

薄毛 日増しに 脱毛する 男性
というキーワードで飛んできている
訪問者であれば
本家セールスレターにて
その回答がキチンと明記されており
購入することによって
悩みが解消されると確信すれば
行動してくれるはずです。

つまり

訪問者の欲求を
満たすのは別に
あなたのサイトでなくても
いいわけです。

むしろ
余計なことはあまり言わずに
本家サイトへ飛んでもらった方が
いい場合もある位ですから…

ですから
PPCアフィリエイトなどでは
ペラサイトで
詳細はコチラ
などというボタンだけを
貼っておくだけで
どんどん報酬が上がってしまうのです。

サイトを作りこむ必要が
全くないのです。

※この傾向は
スマホ慣れしている若い子に
顕著に見られます。

欲しい情報を求めて
どんどんクリックしてしまいます。

目で追っているのは
主に画像で
テキストは読みもしません。

画像ナシで
テキストだらけのサイトは
パッと見てすぐ離脱される位です。

このブログなどは
一瞬で離脱されます…(笑)


ですから…

訪問者は
広告主のページで
悩みが解消されるのであれば
あなたのサイトに滞在する
必要は全くありませんし
あなたのサイトに思い入れもありません。


あなたのサイトに
思い入れがあるのは
あなただけですから…

赤の他人は
あなたのサイトなんて
どうでもいいんですよ。

ですから

サイトの內容がどうのこうのは
私の場合、あまりこだわりません。
訪問者に有益な情報も載せません。
(言い過ぎですが…)


サイトの見栄えについても
同じ考え方です。

よく
アフィリエイターの皆さんが
言われているような
綺麗なサイト、とか
見た目が良いサイトとかも
私はあまり関係ないとすら
思っています。

きれいなサイトでなければ
報酬は上がらない!とか
言いますけど
関係ないですよ。実際。
(キッパリ)
そりゃ
汚いサイトより綺麗なサイトの方が
いいのは言うまでもありません。
しかし
そのために大金はたいたり
時間を湯水のように使って
あーでもない、こーでもないと
するのは本末転倒と思います。



シリウスで作った綺麗なサイトで
報酬が上がっているのは
事実ですが、元をたどれば
簡単にサイトが作れるので
アウトプットが増えている結果として
報酬が上がっているわけで
血眼になって答えを探している
訪問者にはサイトの見た目は
あまり関係ないかも?と
私は思っています。


時間を費やして
サイトをあれこれこねくり回す位なら
その分キーワードを盛り込んだ
記事を1つでも多くUPする方が
よっぽどいいかと。


綺麗なサイト作って
うれしがるのは
自分だけですから…
大概。
赤の他人は
屁とも思っていませんよ。

ただし
これはというサイトは
私は、賢威で作ってUPしています。
なぜなら
上位表示が楽にできるからです。

少しでも
有利な条件は
整えるは当たり前ですから。

別にテンプレートを
当てるだけですから
時間もかかりませんし。





確認しておきますけど
これらの話は全て
アフィリエイトサイトを作る!
って話で、ですよ。


しかも特定の
スモールキワードでの
アフィリサイトを作るときに
こうするってことですから。


ある程度のビッグキーワードで
アフィリサイトを作るのは
また別の話です。


お間違いにならないように。


あなたや私が目指すのは
最小限の努力で
最大限の結果を出すこと。


そうですよね?


そして

あなたや私がしなければ
ならない唯一のことは
訪問者にアフィリタグを踏んでもらう
ということだけなのですから。

そのことだけに
全勢力を注ぎます。

これがまず
第一番目の私の考えです。


ここまで
よろしいでしょうか?



つづく



※P.S.
私の悪い癖で書き始めると
途方も無く脱線してしまい
結論から遥かに逸脱してしまいます。


今回のこの記事は
質問者様に答えるという
內容なのですが結論まで
時間がかかると思うので
質問者様が
【何言っとんじゃコイツ!】
とならないように
付け加えさせて下さい。

尚、ここから先は
質問者様への回答部分となります。


質問內容は
記事タイトルに全て
上記のような
薄毛 日増しに 脱毛する 男性
というキーワードを盛り込んでも
いいものか?

露骨すぎないか?

ということだと解釈しました。
当然サイトタイトルは
薄毛 日増しに 脱毛する 男性を
入れるのは言うまでもありません。

この場合
回答としては
「それでいいと思います。」
というのが回答となります。

タイトルにキーワードを
盛り込むことはとりたてて
問題はありません。

男性の抜け毛の直し方の極意

薄毛で悩んでいる男性のためのサプリメント


などのタイトルであれば
不自然さもありません。

そして

これらの答えは結局は
google様次第です。

ですから
悩む前にやってみな!
となるわけです。

サイトはいくつ作ってもいいのです。

日本では同一キーワードを用いた
サイトは一人一つまで

なんていう決まりはありません。

一つサイトを作ったら
記事を使いまわして
何サイトもUPすればいいだけです。

その際に
ご質問にあったような
キーワードをタイトルに
盛り込むパターンと
そうでないパターンを
サイト毎に試してみたらいかがですか?

どっちも上がれば
万々歳ですし…


関連記事
 タグ
None