catch サクサクできる3

※↑この画像は
ファイヤーワークス4で作成しました。



コンテンツ型のサイトを作る場合
やっぱテンプレートはある程度
重要であると私は思います。



サイトにも色々あると思いますが
取り敢えず上位表示させて
リンクでセールスレターへ
すぐ飛ばすんじゃなくて
じっくりサイト内のコンテンツを
読んでもらいたい、
またはロングテールを狙ったサイトを
作りたい、
なんて時はテンプレートを使用することで
訪問者に好まれる(と思われる?)
サイト作成が可能です。

正直

テンプレート、特に有料テンプレートを
無理やりあてなくても
そこそこのサイトは作れますし
見た目よりも內容ですから
(と私は思ってますから)
無料のテンプレートを使って
サイト作成をしても何ら問題はありません。



ですが…

もちっと小マシなサイトを作りたい…
なんて時に有料テンプレートがあれば
チャチャッとできて便利です。





じゃ

有料テンプレートは何がいいのよ?
ってことになるわけですが
やはりありきたりですけど
私は「賢威」を上げさせて頂きます。

好みというものが人にはありまして
人それぞれですから
絶対にこれじゃなきゃダメだっ!
というものではないのですが
使ってみてやっぱいいな…
というのが私にとっての賢威なのです。







ネットの世界はご存知のように
移り変わりが激しいです。

去年までいけていた手法が
今年はダメになったりします。
テンプレートも同様で
古いものはいずれ使えなくなって
しまうのです。

ここ最近では
レシポンシブルテンプレート
なんていうのは典型ですね。



テンプレートもピンからキリまで
色々ありますが、このような
バージョンアップに対応してくれるか?
否か?は大きいと思います。

実際
次から次へと出てくる
ネットの変化に対応して新しい商品を
作り続けていくのは大変なことです。

その点
この賢威は、一度買えばあとは
無料でバージョンアップに対応して
もらえるのです。(現状です。)

このバージョンアップも
本当に頻繁にあり
いかに真剣にこの事業に
取り組んでいるのか?が
よく分かります。



私は、賢威以外にも
有料のテンプレートを
いくつか所有していますが
賢威ほど長きに渡って
途切れること無く
バージョンアップをしてくれる
業者?を知りません。



多くの有料テンプレート
販売業者は当初の売り出し時は
大変鼻息が荒いのですが
しばらくすると
どうしたことか
音沙汰が無くなって
しまいには
全くバージョンアップも
しなくなり、そのまま
最後のバージョンアップから
2年も3年も過ぎている…

こういうことが
多々あるのです。



逆に言えば
バージョンアップを
し続けることが
いかに大変なことなのか?
という証明であると思います。



最近アドビのソフトが
クラウド型と言って
買い切り型ではなく月課金制に
変わりましたが、これなども
無料バージョンアップには
耐え切れないのもあるかと
私は思っています。



月課金制にすれば
そのソフトを使う人から
毎月一定の料金を徴収できますから
食いっぱぐれがないのです。

例え1ヶ月ン百円だったとしても
何万人、何百万人、何千万人から
毎月徴収できるのですから
ボロもうけです。

もう一生食うに困りません。



アドビがそのような体制に
切り替えたことによって
この賢威も含めてツール製作者が
皆月課金制を導入するのではないか?
と私は内心ビクビクもんであります。



利用者の側からすると
毎月、毎月
使っても使わなくても
無条件にお金を引き落とされる
月課金制とは、それはそれは
恐ろしい仕組みですから。

クレジットと同じで
月々の支払いは少なくても
長きに渡ると途方も無い
金額を支払うことになるのです。



そう、例え
1ヶ月600円だったとしても
12ヶ月で7200円です。

必要なソフトほど
使わなくなることはないですから
生きている限り使い続けます。

もし
20年使い続けると
14万円以上支払うことになるわけです。

そのソフトを使い続ける限り
死ぬまで支払い続けなければ
なりません。死ぬまでです。



以前の買取型のソフトなら
一回数万円を支払えば以後
古いバージョンにはなりますが
何年でも無料で使うことができました。



実際

私が今も便利に使っている
画像ソフトはファイヤーワークス4
というソフトですが
確か…3万円位だったと思います。

もう15年以上使ってますから
計算すると
1年あたり2千円
1ヶ月では166円です。


私はこのソフトが大好きで
画像作成には欠かせない
私にとっては大切なものですが
買取型ソフトですから
購入時に支払った金額のみで
これから先何年使おうと
一切費用は発生しません。
初回のみ3万円であとは
死ぬまで無料です。



このファイヤーワークス4は
Windows98の頃のものですが
今でも何の支障もなく
使うことができます。
(私の環境はWindows7です。)


動画や最先端の処理はできませんが
ネットにアップする画像修正位なら
十二分に使うことが可能です。
そして
一般人が使うには十分な機能です。

月課金制にされると
このような使い方はできません。

毎日仕事で全ての機能を
長時間フルにガンガン使う
プロフェッショナルの人も
私のように、たまにブログ画像の
作成にちょこっとだけ使う人も
毎月支払う金額は変わらないのです。





ちょっと脱線しましたが
現状、この賢威は買い切り型で
一度購入すれば以後の料金は
発生しないのでお得です。

一見2万円以上するので
初心者の方は高いな?と
思われるかも知れませんが
以上のような理由から
決して高くはありません。



むしろ

どうせ購入するのであれば
少しでも早く購入した方が
長く使えてお得です。



また

以前の情報商材製作者の多くが
導入していた値上げ戦法を
取らない点も私は評価しています。

これは、より多くの人に
購入を急がせるためにわざと
商材の価格を段階的に
値上げしていくのです。

人は価格が上がると思うと
買い急ぐ傾向があるために
値上げをして駆け込み購入を促します。

しばらくすると
また売れなくなりますから
そうしたら再度
値上げ戦法に打って出ます。

これを繰り返すと
商材自体の価格が上がりすぎて
売れなくなってしまうので
そうなったら次の商材を作って
また最初から売り始めるのです。



これが情報商材販売業者
インフォプレナーとか
言われている輩です。

うまくいくと
一人でン千万とか手にできるので
我もわれもとこういう輩が
後を絶ちません。

そして
これらのインフォプレナーと共に
情報商材アフィリエイターが
タッグを組んであの手この手で
売りまくるのが一般的な
情報商材アフィリエイトでした。
(今でも?かな?)
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None