catch 今回の記事あなたはついてこれるかな アニメーション5回?
ちょ ちょっと きついかな?



あまり言っている人はいませんが
私はCatch画像は結構
(結構です…)
重要かな?って思ってます。

Catch(キャッチ)画像

Catch(キャッチ)って何?って
思われる方もいるかもしれないので
ご説明させて頂きますと
ブログなどの冒頭の画像です。

この記事で言えば
この画像をキャッチ画像と言います。↓
catch jpg

つまり
人の目を引き付ける画像ですね。
パッと見です。

私はかねてより
パッと見の重要性を
言っているのですが
結構、この世の中
パッと見だけでいけちゃったりします。

大体多くの人は
何事にも特に注意を払いません。
だって
なんでも注意して細かく見てたら
疲れちゃうでしょう?

だから
みんな考えることは一緒です。
自分が得する情報は?
自分が興味のある情報は?
みな考えることは
自分のことだけです。

人はどうでもいいのです。

そんな凡人に向けて
私達は記事を書いています。
だから
Catch(キャッチ)画像が
必要になるのです。

まあ

タイトルも重要ですけど…
タイトルは検索エンジン対策でもあります。

タイトルを考えてブログは書かないと
検索エンジンに拾ってもらえません。
検索エンジンに拾ってもらえないと
誰もあなたの記事に気が付きません。

結果
あなたの記事は誰も読むことが
ないのです。
だって
誰も気が付かないから。

いくらいい記事をUPしても
誰にも気づいてもらえなかったら
その記事は存在しないと同じです。

さみし~ってカンジです。(笑)


ちょっと脱線しましたが
ともかく
タイトル同様にCatch(キャッチ)画像も
とても大事なのです。

とにかく
人に興味をもってもらう。

「え?何?なに?」

と引き付ける。

これが必要です。
そのためにCatch(キャッチ)画像が
重要になってくるのです。

タイトルで引いてくる。
検索エンジンから
引いてくる。

そして

Catch(キャッチ)画像で引いてくる。

文章で引いてくる。

この順序ですね。
最初はとにかく
目立ってナンボです。

目立たないと
誰にも気づいてもらえませんから。

だから

一発かましましょうよ!

ブログを見てもらえるように
Catch(キャッチ)画像を
考えて作りましょう!
関連記事
 タグ
None