エクスペリエンスインデックスを取得するCatch


Windows10をインストールしたのは
いいんだけど
エクスペリエンス インデックス
基本スコアを表示しようとしてハテ?
項目が無いな?と
思いませんでしたか?



私は思いました。


無いんですよ。
項目が

「えっ エクスペリエンスって
何って?」


あー

これですよ。
これ↓
Windows7 エクスペリエンスインデックス

Windows7とかだと
コンピューター

システムのプロパティ
をクリックすると
出るでしょう?上記の画面が。

赤枠のところに注目です。

そして
そこをクリックすると
出ますわな。詳細な內容が
CPUの速度とか
つまり
マシンのスペック表ですよ。

これ。


システムのプロパティから



ね?

あるでしょう。フツー。

自分のパソコンって
どんなかな?って
確認するのに大変便利です。



ところが…
無いんですよ。

このスペック表が。

見当たりません。

どこなの?ってカンジ。


Windows10を入れたら
有るべきところに
システムの評価がない?!

エクスペリエンスインデックスがない?
※赤枠のところ
上のWindows7では
評価
Windowsエクスペリエンスインデックス
という部分があるのに
Windows10では抜けている…


ね。無いでしょう。
エクスペリエンスなんちゃらが。
ないんですよ。

まあ
別に無いならないで

「あーそうだな。」

って納得して
腹減っていたら
ラーメンでも食べに行っても
いいんですけど。
(なんのコッチャ)


それでは
ブログにならないので
やるわけですよ。わたしゃ。

Windows10でも
簡単にあなたも私も
エクスペリエンス
インデックスを取得する!
ことができる!




初心者でもできるっ!そのやり方とは?


赤ちゃん1




と、まあ
こうなるわけで。

それでは行ってみましょう。

ネットでググると
コマンドプロンプトを
どーしたこーしたとか
七面倒臭いことを
しないと
Windows10では例の
基本スコアが出てきません。

とーぜん
あなたも私も納得しませんよね?
こんなやり方じゃ。

それに
難しすぎてできないでしょう?
あなた?

できます?
コマンドプロンプト。

下手したら
システムがオジャンになりますよ。
いいんですか?それでも。


私は嫌です!(゚д゚)


てなわけで。

じゃ
どーすりゃいいかっつーと
これまた
世の中ネットの世界では
かゆいところに手が届く
仕組みが出来上がっているのです。


ね。そうでしょう?

皆が困っていると
誰かが助けてくれる…

それがネットの世界です。

今回の懸案
Windows10では
エクスペリエンス
インデックスが取得できない!
ということですが
なんと!
誰でも簡単に取得できちゃう
無料ソフトを作ってくれた
ありがたーいお方がいるのです。


やり方


それでは行きます。
まず下記より
無料ソフトをダウンロードします。

ExperienceIndexOK
↑こちらからダウンロードできます。

上記URLをクリックすると
ダウンロードサイトへ飛びます。

ここからダウンロード

赤枠内の
WindowsExperienceIndexOK.zip
というのが目当てのソフトです。

※ご注意
あせってその他の
DownLoadNow!とか
表示されたリンクをクリックしては
なりませぬ。それは広告ですから。
お分かりとは思いますが念のため…。

繰り返しますが

上記にある赤枠内の
WindowsExperienceIndexOK.zip
というのが目当てのソフトです。
それをクリックして下さい。




ダウンロードが終了して
右クリックで
<全て展開>を実行すると
下記のようなexeファイルができます。
これが目当てのソフトです。

こんなのができる

クリックして実行すると
ジャーン すぐ出ます!

LNGをクリック

初期設定では英語ですので
右上赤枠のLNGから
日本語を選びます。

LNGから日本語を選ぶ

↓↓↓↓
日本語になった

日本語表示になりました。
どうです?簡単でしょう?
あまりにも早くて
本当に評価を取得しているのか?
不安になるほどです。

そんな時は一番右下にある
評価を再実行ボタンを押します。

すると…

自動的に評価を再実行

やってくれますよ!ダンナ!
例のコマンドプロンプト
自動的に実行してくれます。
しばし待つと出てきます。

日本語になった

しかし…
余談になりますが
Fan error Lenovo X200S
ファン交換やってみた!

でも書きましたが
あまりの安さにポチって
しまったX200Sですが
このエクスペリエンスインデックスでも
証明されているように
元から所持していたX61の方が
CPU性能が高いとは…

しかも
ダントツに高い…
間違えて買っちゃった…

誤算でした。(^_^;)

購入前にチラっと
確認したX200Sの仕様書には
Core2 Duo L9400と
記載してあったので
元から所持していた
X61のT8300よりも上だろうと
(単に数字が大きいため)
勝手に解釈していましたが
どっこい
L9400は1.86GHz
T8300はなんと2.40GHzもあり
全く比較にならない
遅さでした(笑)

トホホ…
CPUの数値だけじゃないのね。
LとかTとかも関係するとは。



とまあ
こんな風に
Windows10にして無くなってしまった
エクスペリエンスインデックスの
評価欄ですが
こんなのができる
↑これを持っていれば
いつでもすぐに
再実行にて計測可能です。

便利ですね!
tomchi
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None