リサーチアルチザンライトVer.1.18(新OS/ブラウザ対応版)を導入する その2

アフィリエイトをしても結果が出ない→結果が出るのヒントを探します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

リサーチアルチザンライトVer.1.18(新OS/ブラウザ対応版)を導入する その2

リサーチアルチザンライト導入2

それでは早速
リサーチアルチザンライトVer.1.18
(新OS/ブラウザ対応版)
を導入しましょう。

まずはcgiをゲットします。

貴重な
ソースファイルを公開して下さっているのは
コチラです↓
アクセス解析ツール
「リサーチアルチザンライト」
のインストール方法


まあ
上記のブログを参照すれば
私のヘッポコ記事を読む必要も
全くないわけで…

紹介するのもためらわれるのですが
そこはシェアですよ。
しぇあ。なんだか良く知らないけど
言うでしょ。しえあって。

シェーでは無いですよ。

まあともかく
上記の記事の下の方に
あるわけです。
ダウンロードURLが

新OSブラウザ対応版ダウンロードはコチラ
↑ここ
このダウンロードというところを
クリックするとZIPファイルで
ご提供頂いているファイルを
あなたのPCにもれなく
ダウンロードできます。

できますよ!

感謝!です。


さて…

ここまでよろしいでしょうか?

実はこのリサーチアルチザンの
インストールは過去に何回も
やっておりまして…

でも
前回って言っても
何年前よ、つー位覚えてないんですが
やった時はロリポップでご紹介しました。

Research Artisan(リサーチアレチザン)
Lite ver.1.17を設置する4


ですから
お使いのサーバーが
ロリポップの方は↑を参照下さい。


今回はXサーバー(Xsaver)
アフィリエイター御用達の
こいつで行ってみます。
アクセス解析をロリポップではなく
Xサーバーへ設置する方法です。

Xサーバーでご紹介します




(新OS/ブラウザ対応版)を導入



まず
ダウンロードしたZIPファイルを
解凍して下さい。
右クリックで全てを展開で
解凍できるでしょう?

そうすると内容は
以下のようになっているはずです。

使うフォルダー

アクセス解析設置に使用するフォルダは
2つです。
public_html
ra_core

の2つです。
public_htmlをクリックすると
その中にraフォルダーがあり
実際にはそれを使うので

ra
ra_core

の2つのフォルダーをサーバーへ
アップロードしていきます。


raフォルダーを使う



raフォルダーの名前は任意に
変更することが可能です。
例えば
ra1
ra2
ra3
とか

rb1
rc1
とかでも構いません。

このraフォルダー1つで
1サイトの解析をするので
もし複数サイトに設置するなら
このraフォルダーを
コピーして

ra1
ra2
ra3

などと複数個作って
サーバーへアップします。

尚、当然ですが
初期設定で何もしていない
raフォルダーをコピーして
名前の変更をして下さい。

ですから
間違えないようにダウンロードした
ファイルは一応取っておいて
丸々コピーしてから
それを使うというのもいいでしょう。

尚、ra_coreは
そのまま使用します。
ファイル名も変更できません。
(変更するとプログラムが動きません)


またこの
ra
ra_core

フォルダーをUPする位置ですが
Xサーバー(Xsaver)の場合
以下のようになります。

raフォルダは指定ドメインの
public_htmlの下に
(index.htmlがあるところ)

ra_coreフォルダは
raフォルダと異なり
public_htmlと同列に
下図参照↓
ra ra_coreのパーミッションを一部777にする



それでは行ってみましょう。

お使いのFTPアップローダーを
使ってXサーバー(Xsaver)に
アクセスして下さい。

私の場合はFileZilla Clientという
アップローダーを使用しています。

FileZilla Client


ご自分のXサーバー(Xsaver)に
ログインしたら設置したい
ドメインを選びます。

そしてそのドメインの
public_htmlをクリックします。

インストールするドメインを選ぶ

インストールするドメインの
public_html内が開いたらそこへ
まずはraフォルダーを
アップロードしましょう。

私の場合では
raフォルダを
public_html内へドラッグします。
※ファイル名という欄に
index.htmlがある場所です。


raフォルダーをpublic内へドラッグ


そうしたら
今度は階層を一つ上に
上がって ra_coreフォルダを
public_htmlと同列の
フォルダ内へドラッグします。
※ファイル名という欄に
public_htmlがある場所です。

こうなるようにra_coreを設置する

この時注意したいのは
雑にアップロードすると
既にあるフォルダ内に誤って
アップロードされてしまうことがあります。
ですから
できれば一番下の欄で空白の所を
めがけてドラッグするとうまくいきます。




これで
インストールしたいドメインの
public_html内に
raフォルダ

その一つ上の階層で
public_htmと同列内に
ra_coreフォルダ

このように
二つのフォルダが
アップロードされました。



蛇足ですが
これは私の場合ですが
とりあえず
10サイト分の
アクセス解析をセット
したいので
raフォルダ(初期状態の)を
コピーして
ra1
ra2
ra3
ra4
ra5
ra6
ra7
ra8
ra9

として
同様にpublic_html内に
アップロードしてしまいます。

こうしておけば
後で新規にサイトを作成した場合
ra1
ra2
ra3
ra4
ra5
ra6
ra7
ra8
ra9
まで追加で10サイト分の
アクセス解析がすぐに
設置できます。

ともかく
1つだけセットする場合は
インストールしたいドメインの
public_html内に
raフォルダ

その一つ上の階層で
public_htmと同列内に
ra_coreフォルダ

二つのフォルダが
この位置に
アップロードできればいいわけです。

ここまでよろしいでしょうか?

ここまでが第一段階です。
次にデーターベースを設定します。




データーベースを設定する


今度はアクセス解析データーを作動させる
データーベースをセットします。

Xサーバー(Xsaver)の
コントロールパネルから
セットするドメインを選んで
そのドメインのMysql設定をクリックします。

0 データーベースを設定する

Mysql追加をクリックします。
任意のデーターベース名を入れて
一番下にあるMysql追加(確認)を
押して確定しましょう。

1 Mysql追加

これでリサーチアルチザン用に
データーベースができました。
このデーターベース名は後で使うので
メモ帳などにコピーしておきましょう。



次にユーザーを設定します。
(このデーターベースを使う人)
Mysqlユーザーの追加をクリックして
ユーザー名とパスワードを
設定します。尚、当然ですが
このパスワードを忘れると
ログインできませんので
これも同様に
メモ帳などで保存しておきます。
12 ユーザーを設定

これが
ユーザー名とパスワードです。



よろしいでしょうか?





次にMysql一覧に戻って
設定したMysqlの所の
ユーザーの追加(下図参照)を
行います。
2 追加を押してユーザーを設定


そうしたら
下のメニューを見てみます。
一番下にホスト名というのがありますね?
これも使用します。
これがホスト名

メモ帳にコピーして
保存しておきます。
これがホスト名となります。

ここまでよろしいでしょうか?



これまでのデーターベース設定で
メモ帳に保存した内容を復習します。


1.ホスト名
2.ユーザー名
3.パスワード
4.データーベース名



↑この中で2と4
ユーザー名とデーターベース名は
同じでも構いません。

この1~4はメモ帳などに
保存しておいて下さい。
次のリサーチアルチザンライトの
インストールでも使用します。

それでは
次に進みます。

そうそう
忘れていました!
まだありました。

インストールをするにあたって
パーミッションを変更する作業が
残っておりました。スミマセン。



パーミッションの変更とは
インストールする際に
情報を書き込まないといけないので
一時的に<書き込み可>という
許可をファイルに与えることです。

インストールが済んだら
今度は<書き込み不可>に
戻します。

それではやってみます。

まず書き込み可にするのは
2つのファイルです。

1.raフォルダ内の
settingフォルダです。

2.ra_coreフォルダ内の
logsフォルダです。

この
settingフォルダと
ra_coreフォルダの
二つのパーミッションを
777(書き込み可)に
変更します。


ra ra_coreのパーミッションを一部777にする




まずraフォルダ内の
settingフォルダから
右クリックすると
ファイルのパーミッションという
メニューがありますので
それをクリックします。


右クリックでsettingのパーミッションを変更777に



すると
パーミッションを設定できますので
これを777に変更します。


settingを777に



777にしてからOK。



次に同様に
ra_core内のlogsフォルダも
変更作業をします。

アクセスは
ra_core

application

tmp

logs

とクリックします。

logsが出たら上と同じく
右クリックでメニュー表示して



logsのパーミッションも変更する




ファイルのパーミションという
ところをクリックして
パーミッションを777に変更します。


logsを777に



以上で下準備は終了です。
お疲れ様でした。

以降はブラウザから
今、設定したサーバーのファイルに
アクセスして各種インストールを
行いましょう。




インストール作業を行う


インストール作業を実行します。

既に指定ドメインにファイルを
アップロード済みですし
データーベースもセット済みですので
ブラウザからセットしたファイルに
アクセスします。

お使いのブラウザ
グーグルクロームやFirefox
またはエクスプローラーから
下記URLでアクセスして下さい。

http://ドメイン名/ra/analyze/index.php


ブラウザからアクセスする



すると

ブラウザ上にインストール画面が
表示されます。
Research Artisan Liteのインストールを
開始します。となっています。





インストール画面が出た!






ここまでは、問題ありません。
難所は次です。(笑)




今設定したデーターベース情報を入れる



いよいよ設定画面です。

いいですか?
大丈夫ですよね?

メモ帳に登録してありますね?
1.ホスト名(localhostは消して入れる)
2.ユーザー名
3.パスワード
4.データーベース名
5.raフォルダなら変更無し

上記の2ユーザー名と
4のデーターベース名は
Xサーバーの場合同じかもしれません。

同じならそれで結構です。

入力し終わったら次へをクリックします。





さて…





いけましたか?
次の画面に?



いけました?





いけたあなたは幸運の持ち主です。

私はいけませんでした…(笑)





そして
このような悪魔の画面が出ました!

先に進めない

入力内容に誤りがある為
データーベースに接続できません。



どよーん…




先に進めない!





入力内容に誤りがある為、
データーベースに接続できませんって…


全部コピペしてるから
合ってるし…



何かの間違いか?と思って
何回もやり直しましたが
結果は同じです。

あっという間に
1時間ほどが経過しました…



出ました!Xsaverリサーチアルチザン
インストール不能現象が!!





でも…

いいんです。
この画面が出ても。





出るのが通常なんです。
だから気にしません。

なぜなら…

リサーチアルチザンライトVer.1.18は
既に開発が終了しているからです。

具体的に言うと
PHPのバージョンが5.5以降だと
システムが動きません。
プログラム
それに対応できていないのです。

逆に言えば
PHPのバージョンを5.4以前に
落としてやれば動きます。



一番簡単なのは
PHPのバージョンを5.4以前に
してしまうってことですね!
Xサーバー(Xsaver)の方で。

でも

それじゃあんまりなので
システムの方で変更してみます。






ネットでググると
対応策がいくつかありました。

1..htaccess の記述を削除
2..htaccess の記述を変更
3.SQLファイル書き換え


上記の3つがあります。



一番簡単なのが
1..htaccess の記述を削除です。
これは超簡単です。

すでにアップされている
.htaccessを一旦PCにダウンロードして
その内容を削除してしまい
再び元の位置に戻します。

私もやってみましたが
無事データーベース設定ができました。


ただし…


これでいいのか?川崎さん?
(誰?)


という疑問が残ります。



次に
2..htaccess の記述を変更
という作戦があります。
これは、1の作戦と似ていますが
全てを削除ではなく
その内容を書き換えます。
やり方
.htaccessを一旦PCにダウンロードして
その内容に以下の文を追加します。


#####phpversion#####
AddHandler x-httpd-php5.4 .php .phps
#####end:phpversion#####



そして元の位置に戻します。
こうすることで強制的に
PHPのバージョンを5.4に変更します。



最後に
最も手間がかかるが
結構よさげな案がコチラ↓
3.SQLファイル書き換え

「ra_core」ディレクトリの中の
「*.sql」ファイルから
「TYPE = INNODB」や
「TYPE = MYISAM」と
書かれている場所を
grepで検索して、
「TYPE」を「ENGINE」に
書き換えることで
動くようになるらしい。

はじかれるのは
MySQLがバージョンアップして
構文が変わったのが原因だ。
全部で19個のSQLファイルを
書き換えたところ、
無事設定することができた。

というものです。

どれを選ぶかはあなた次第。



ともかく
上記の1~3いずれかを
実行すれば、あなたも
Xサーバー(Xsaver)に
リサーチアルチザンライトVer.1.18
(新OS/ブラウザ対応版)を導入できます。


やっと次にいけたよ




このような画面が出て
サイトの設定ができるように…

できたら次へ

パスワードは大事です。
メモ帳に保存して下さい。


タグを貼り付けるよ



インストール完了!ううっ…
やっとでけた!

解析タグをコピペで
サイトのHTMLの
<body>タグ内に貼り付けたら
終わりですよっ!



そうだ!

先にパーミッションを変更した
settingフォルダを
777→555に変更して下さい。

logsフォルダはそのまま
777で結構です。

この処置をしないと
リサーチアルチザンにログイン時
赤字で警告文が表示されます。

最悪
誰かさんに勝手に
システムを書き換えられる
恐れがあるのですよ!
だから戻してね。555に。







というわけで…
やはり思った通り
すったもんだがありました。

大体
無料CGIのセッティングは
こんなもんですよ。

プログラマーじゃないんだから
すんなり行くわけありません。

しかも
一度セットしたら
下手したら数年はそのまま
使うのでやった内容を
すっかり忘れてしまいます。

だから
このように備忘録として
ブログにでもアップしとかないと
数年後にまた同じことで
あーでもないっ!
こーでもないっ!と
時間を浪費してしまうのです。(笑)

私の場合は
アルチザンはゆずまるカバーGを
使っているので尚更初期設定を
すっかり忘れてしまっています…

でもまあ…

こんな風にやれば
あなたも全く無料で
素晴らしいアクセス解析を
あなたのサーバーに
いくつでもセットできるのです。



だから




やめられないパソコン




インターネットは
やめられないっ!

tomchi
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 初心者でもできるっ!アフィリエイトとは? All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。