catch Seesaaブログ引っ越しする!

Wordpressに引っ越しする!
独自ドメイン運営中のSeesaaブログをXサーバーに!

ということで
長ーいタイトルですが
そういうことです。

まあ
このブログはFC2ブログなわけですが
無料ブログってやつは
結局は無料なわけで
全ては運営者の思うがママです。


極端な話

ある日突然運営者が
ブログ運営やーめた!と
一声言われれば、誰しもが
それに従わなければなりません。


「今まで無料で使わせてやっただろ!」

文句言うなよ!

と、まあこんなカンジですね。(笑)


ご存じのように
そのような例は山ほどあります。



誰しもが自由に無料で簡単に
ブログ運営ができるかわりに 
問答無用で運営者の指示に
従わさせられる?のが無料ブログです。

私は基本無料ブログは
Seesaaブログを使っているのですが
最近のSeesaaブログの
インデックス拒否される事件
↓↓↓
seesaaブログがぶっ飛んだ!?グーグル様の怒りか?
seesaaブログがぶっ飛んだ!?グーグル様の怒りか?

が起こったり…

まあ、一番大きな要因は
広告ですかね。
出ないと言っている広告が
やっぱ出るじゃん!みたいな。

特にスマホ表示はえげつない…
などが移転の一番の理由です。

まあ
運営側も商売ですから
ある程度は仕方ないにしても
あまりやり過ぎだと嫌になるっしょ!

誰でも。

そんなわけで
独自ドメインで今運営中の
とあるSeesaaブログを
Xサーバーへ引っ越ししよう!と
思い立ったわけですな。

Wordpressで運営すれば
テンプレートは選び放題だし
広告は一切出ないし、
なんせ自由度が高い!

いきなり
やめますよ!なんて言われることも無いし
更新を続けるブログは基本独自ドメインの
自前サーバーで運用するのがいいのは
誰に聞いてもそう言うはずです。

では
なぜ?無料ブログを使うのか?
しかも長期間に渡って?

この初心者でもできるっ!
アフィリエイトとは?
という
ふざけた題名のブログもそうです。

全くの無料である
FC2ブログを使っています。

それに
もはや何年続けているのか?
分かりません。

記事数にしても適当にアップしていても
すでに500記事にはなっています。

このブログに関しては
人気ブログランキングの
アフィリエイト部門にエントリーしていますが
(サイドメニューのタグをクリックすると…)
同じくエントリーされている他のブログを見ても
ほぼ例外なく独自ドメインの独自サーバーで
運営されています。

私のように無料のFC2ブログを使っているのは
どーでもいいような適当ブログばかり…
(失礼!)

それじゃ、なぜ
私はFC2ブログで何年も続けているのか?
と言うと一言で言って


「面倒くさいから!」


そうです。
面倒くさいんですよ。
ブログの移転って。

何気に無料ブログを始めたのはいいけど
知らないうちにドンドン更新していて
月日も経っていた…

軽い気持ちで始めたブログなのに
今では結構な訪問者が毎日見てくれる…
やめるにやめられへん…

そんなブログ
あなたもあるでしょう?

ないですか?

てなわけで
Seesaaの方の無料ブログを
Xサーバーへ移転しよう!
そう思ったわけです。

以前は逆だったのですが
今は、SeesaaよりもFC2の方が
使い勝手がいいし
広告も少ないので
好ましい…(無料ブログとしては)
というのが私見です。

そうそう確認ですが
Seesaaブログは独自ドメインで
運営中のものです。

Seesaaブログは独自ドメインを
無料で当てれますが
そのように運営しているブログを
ドメインはそのままでサーバーだけ
引っ越しするわけです。

ドメインが独自ドメインということは
サーバーが変わってもURLが
変わらなければ実質同じブログと
いうことになりますので
(入れ物が変わっただけ…)
引っ越しによるブログ本体の
影響は最小限で済むはずです。

もし
これが独自ドメインではなくて
Seesaaブログのドメインだったら
引っ越しすることによりサーバーも変わり
ドメインも変わってしまうので
サイト名が同じとしても
実質は異なるサイトと判定されてしまいます。

今回は
サーバーだけ移転して
その他はできるだけ元データーを
継承したい。そんな人のやり方となります。



無料ブログ引っ越しの手順



記事と画像のエクスポート

さて
無料ブログを独自ドメインの
Xサーバーへ移転するわけですが
まず、手始めに
Seesaaブログの記事を
エクスポートしなければなりません。

記事を取り出しておくわけですね。

これが記事のエクスポート。
同様に画像も取り出しておきます。


次に
記事と画像の修正

取り出した記事と画像を
ワードプレスにインポートするのですが
そのために記事と画像のURLなどを
事前に整形する必要があります。

インポート前の記事と画像の修正ですね。
これが2番目。


インストール先のXサーバーの設定

さらに
これからインストールを行うXサーバー側の
各種の設定が必要です。
予めWordpressもインストールして
取得した記事や画像もインストールして
実際にきちんと表示されるかを
確認します。
※この時点ではまだドメインの反映は
しておりません。
仮ドメインで確認作業を行います。


最後にネームサーバーを変更する。

仮ドメインで確認して記事も画像も
問題なければ、その時点でやっと
独自ドメインのネームサーバーを
Xサーバーへ変更します。

ネームサーバーの認証までには
若干の時間がかかりますが
それが終われば晴れて
SeesaaブログからXサーバーへ
ブログが変更となるわけです。

以上のような手順で行っていきます。


データーを吸い上げる。


それではまず
今、独自ドメインで運営中のSeesaaブログのデーターを
吸い上げます。これは
Seesaaブログの機能にデーターのエクスポートが
ありますのでこの機能を使います。

まず
自分のPC内に今回の引っ越し作業用の
フォルダを作成しましょう。
私の場合 2016サーバー引っ越しとしました。

1.png

このフォルダ内に現状独自ドメインで
運営中のSeesaaブログの記事や
画像を入れていきます。

Seesaaブログのコントロールパネルから
ログインしてブログデーターを
エクスポートしていくのですが
まず最初に、自分のブログ記事の
1記事めが何年何月に作ったか?を
確認しておきます。

これはデーターエクスポートの際に
201407~201607 のように
データーの期間を指定する欄が
あるためです。

開設して間もないブログであれば
大体の期間(かぶらない期間)を
設定すればいいと思いますが
かなり昔からやっているブログであれば
きちんと期間を確認した方たいいでしょう。


過去記事の確認の仕方は
サイドメニュー記事一覧をクリック。

00。記事一覧をクリック

記事一覧から一番古い記事を確認。

0一番最初の投稿の日付を確認する



私の場合は
今回の独自ドメイン運営のSeesaaブログは
2009年から運営しているものでしたので
足かけ7年やっていることになります。

ちなみに…
今確認したところ私の設定では
なんと2009年4月が最古データー取得日と
なっておりまして、つまり
自分の最古記事の日付が
自動的に取得できる期間の
一番最後に自動的に設定されている模様です。

004過去にさかのぼるのは2009年4月まで

ということは…
記事の制作年月日を確認するという
作業はしなくてもいい…
ということですね。スミマセン。

自動的にSeesaaブログ側で
最古のデーターから最新のデーターまでの
年月日が表示されますので一番上から
一番下まで、と選べ場いいわけです。



それでは
データーのエクスポートをしていきましょう!

サイドメニューの設定→エクスポートを選ぶ。
これは上段の詳細設定という欄の下
その他というブロックにあります。

03設定→エクスポートをクリック

そのエクスポートをクリックすると
まず文字コードの指定ができます。
こちらはディフォルトのUTF-8で。

次にエクスポートの期間を選択しますが
私の場合は一番上の
200704から現状一番下の2001607まで

01期間を設定してエクスポート

コメントやトラックバック等取り込みたい場合は
これらもクリックしておきます。

そうして
最初に作っておいた自分のPCの
作業用フォルダに保存します。

記事データー自体は
あなたの1記事当たりのデーター量にも
よりますが、基本テキストデーターとなるので
よっぽど記事数が多くない限り
分割しなくても1発でダウンロードできると
思います。私の場合は約100記事(少なっ!)
でしたが、全く何の問題もなく1発、1瞬でこれまでの
全データーがエクスポートできました。


記事データーがエクスポートできたら
今度は画像データーを吸い上げます。

記事数が少なければ
ネット上から1つずつ画像を
コピーして貼り付け直した方がいいでしょう。

私の場合は記事数が100余りと
中途半端に多いので一括してやってみました。
今回使ったソフトはコチラ↓
順集

これは指定されたURLのサイト情報を
画像も含めて一括保存してくれるソフトです。

巡回をダウンロード

ダウンロードしたらZIPファイルを
解凍して出てきたexeファイルを実行します。

すると下記のようなメニューになりますので
データーを収集したいURLを入力してから
メニュー上の赤いをクリックします。

2 URLを入れて上の赤い三角を押す

すると自動でデーターの収集が始まります。
画像データーだけでなくテキストも含め
全てのサイトデーターを丸ごと収集します。

結構待たされます。
サイトデーターを全てローカル環境に
ダウンロードしてくれます。

私の場合
100記事で約20分ほどかかりました。


3 自動的に保存が始まる

今回ダウンロードに失敗したデーターが
100ほどあったようです。
どのデーターのダウンロードに失敗したかは
Error.logで確認することができます。

リンク切れのデーターだったようです。

さて…これで
元の記事データーと画像データーを
一旦自分のPCに納めることができました。

後は
このデーターを整形して
新しいサーバー(今回はXサーバー)に
Wordpressをインストールして
URLを合わせて記事と画像を
入れていくことになります。


元記事のURLを保存しておく


移転先のブログと移転前のブログの
URLの整合性を一致させるために
元ブログの記事URLを保存しておく必要があります。

後からでは
元記事のURLが分からないからです。

そこで今度はコレを利用します↓
Website Explorer

45 Website Explorer



これも大変素晴らしいソフトです。
このソフトを利用すると今現在UPされている
あなたのSeesaaブログの記事URLを
全て自動で取得して尚且つエクセルデーターとして
ダウンロードすることが可能になります。

うーん、素晴らしい。

やり方は簡単です。
ダウンロードしたファイルを
PCにインストールしたら
起動します。


すると下記のような
画面になりますので
またしてもブログのURLを入れて
開始というメニューを押します。

46 URLを入力して開始を押す


先ほどの順集と違って
もののと数分で、あなたのサイトの
詳細なデーターが収集されます。

被リンクからなにから
全て一気に調べて一覧表にしてくれます。
これはすごいソフトですね!o(^o^)o


サイトにログインする必要も何も無いので
自分のサイトだけでなく人様のサイト情報も
全て調べられます。ライバルサイトの調査に
最適なソフトですね!

まあ
今回は元記事のURL取得が目的なので
このソフトの詳細について気になる方は
ググって見て下さい。

5 サイトURLを自動でエクセルに書き出し可能


数分経ってサイトデーターの収集が終わったら
サイトURLをエクセルで書き出せます。
メインメニューのツールをクリックして
サイトURLをエクセルに保存を選びます。

それだけです。
自動的にエクセルが立ち上がり
記事別、カテゴリー別等の
ブログタイトルと記事URLが記載された
エクセルデーターができますので
それをそのまま保存すれば終わりです。


記事数が少なければ
自分でシコシコエクセルに
コピペするのもありですが
恐らくこちらの方が早いし楽だと思います。

47 エクセルでサイトURLが書き出しできた!

さて
これでネタが揃いました。

必要なのは

過去の記事データー
過去の画像データー
記事のURL番号


以上の3点です。



Xサーバーにワードプレスをセットする



それでは
次にXサーバーにワードプレスをセットします。

シーサーブログで使用している
独自ドメインをXサーバーにあてます。
そして
そのドメインにワードプレスを
インストールしましょう。

この部分は誰でもできるところなので
詳細は割愛します。
自動インストールで一瞬で終わります。


もう一度言います。


あなたの引っ越後に設定するドメインを
あなたのXサーバーにあてて
そのドメインでワードプレスをインストールします。


そして、この状態では
Xサーバーにドメインを設定して
ワードプレスをインストールしましたが
ネームサーバー自体は変更していないので
ネット上ではまだ前のSeesaaブログのままです。

あなたのサーバー上だけ
ドメインが設定された状態なのです。

できれば
全てセットが終わってから
内容確認の上サーバーの切り替えを
誰しもしたいと思いますので
それをやってみましょう。

まず
Xサーバーでは
ネット上にアップする前に
サーバー上できちんとサイトが表示されるか?
調べるための動作確認URLというものが
あって大変便利なのですが
Wordpressの場合はこれが効きません。

データーベースを使っている関係からか
動作確認URLにアクセスしても
ワードプレスにログインすることが
不可能なのです。

そのため
もう一つのやり方
hostsの書き換えを実行しましょう。

hostsの書き換えとは
使っているPCの
hostsファイルというものに
使用ドメインのIPアドレスを
書き込むことで強制的にサイトを
表示させるということが可能になります。

ネット上とは無関係に
自分のPCだけ強制的にIPアドレスを
変更してサイトを表示させるのです。

いいじゃないですか?

それではやってみましょう!


hostsファイルを書き換える


まず自分の使っているXサーバーの
IPアドレスを確認します。

サーバーパネルにログインして
一番上にあるサーバー情報というところを
クリックします。

0.jpg


するとサーバーの情報欄になるので
その中にあるIPアドレスを
コピペして下さい。

これがあなたの
使用するサーバーのIPアドレスです。
1自分のサーバーのIPアドレスを入れる

次に
hostsに書き込む情報を
ゲットします。

hostsファイルを編集する
↑こちらのURLの最後にあります。

2動作確認URL

192.0.2.0 example.com

↑こちらになります。
数字の部分はIPアドレスで
example.comは
あなたのドメインです。

※誤解の無いように
今一度確認しますが
192.0.2.0の部分は
あくまでも仮に、という意味です。
実際にはあなたのサーバーアドレスを
入力します。

私はこの192.0.2.0
Xサーバーのアドレスだと思って
これでhostsの変更にチャレンジして
いくらやっても反映されませんでした。
そりゃそうですよね?(笑)

ですから
あなたは192.0.2.0ではなく
きちんと自分のサーバーアドレスを
入力するようにして下さい。

これを半角スペースなどが入らないように
自分のサーバーのIPアドレス
自分のドメインに入れ替えて下さい。
そしてそのテキスト情報を
メモ帳などにコピペしておきます。

次に
あなたのPCのhosts情報を書き換えます。

hostsは
通常
Cドライブ

WINDOWS

system32

drivers

etc

hosts

にあります。

これをメモ帳で上書きしたいので
まずは
メモ帳を右クリックで
管理者としてログインしましょう。

3管理者としてメモ帳を実行

管理者としてログインしたら
メモ帳を開いて

4ファイル→開く


5 cドライブ


Cドライブを開けて

6 Windows

後は順番に
目当てのファイルを探していきます。

7 System32


8 drivers


9 etc


一瞬真っ白けの
画面になって面食らいますが
あわてずに
表示された画面の下で
すべてのファイル
変更するとhostsが
出てきます。

10 全てのファイルに変更する

やった
hostsが出てきた!
11 hosts

出てきたhostsをクリックして
先の自分のIPアドレス ドメインを追加して
上書き保存します。

12 最後に追加して保存する

この時に
あなたのXサーバーのIPアドレス
あなたのドメインを間違えないように
そして無用の半角スペースなどが
入らないように注意します。

私の場合
これが上手くいかずに
何回かやり直しました。

これが上手くいくと…
ネット上にはアップされていないが
自分のPC上ではワードプレスが
表示されてログインもできるようになります。

自分のドメインで
アクセスしてみましょう!

ワードプレスが表示されますか?

13 サイトが表示された!

私の場合
上記のようなサイトが表示されました。
ディフォルトのテンプレートが
自動で設定されているようです。

やりました!

ここから
サイトを再構築して問題なければ
ネームサーバーを変更します。

もし
ワードプレスが表示されず
元のSeesaaブログが出てしまう場合は
何かが間違っています。

その場合は
cookieが効いているかもしれないので
ブラウザを変えてアクセスしてみましょう。

Google chromeを使っている人は
シークレットウインドウで表示して
見て下さい。このシークレットウインドウは
各種設定を初期状態に戻して
サイトを表示できますので実際の表示を
簡単に確認することができます。


それでダメなら
今一度
hostsの記述が間違っていないか?
確認してみて下さい。

つづく

※続きはコチラから↓

シーサー移転2

Wordpressに引っ越しする!
独自ドメイン運営中の
SeesaaブログをXサーバーに!
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None