到着早々起動しないよ!

※ご注意
今回の記事は長いです。
時間が無い方は決して読んではいけません。
記事に引き込まれて
大変な目に会っても私は知りません。(笑)




ついに到着しました!
YOGA Tablet 2-830L SIMフリー
待ってましたよ!

よく見ないで購入したので
なんと北海道の店舗でして
商品到着まで3日もかかってしまいました!

今、思えばこれが失敗の始まりだったのです…。


そう…


楽天のポイントを消費したいが為に
ムリクリ楽天で購入したので
今回のような悪夢の結果となったのでした。


お分かりになりますか?


悪夢ですよ。
あくむ。


私は自他共に認めるAmazon派なので
Amazonで購入するべきでした。
今、思えば…。なぜ楽天で購入したのか…。
まったく
もって分かりません。

もしかしたら
アルツハイマー、
軽いアルツハイマーかもしれません。


ともかく
悪夢が始まったのでした。



YOGA Tablet 2-830L SIMフリーが届いた!


待ちに待ったYOGA Tablet 2
-830L SIMフリーが届きました!

楽天で購入したので待てど暮らせど届かず
後からAmazonで購入したケースが
先に届く有様…。

前回、本体無しでケースだけ
レビューしちゃいましたよ!しょうが無く。

まあ

届いたからいいとしましょう。


YOGA Tablet 2-830L SIMフリーレビュー



1商品が届いた!

やっとこさ届きました!
しかも西濃運輸。
んーあんまり聞かんなー。

持ってきてくれた兄ちゃんは
親切な方でした。

一応でっかく
貴重品の赤シールを貼ってくれています。


2開けるとこんなカンジ

箱を開けるとこんなカンジ。
茶封筒の中には納品書が
くしゃくしゃの紙で保護してくれてます。


3出たよ!新品だ!

中身を出すとこんなカンジ。

「おおー!新品だよ! 新品!」

完全にピッタリ貼り付いた
ビニールで覆われている
まごう事なき未開封新品ですよ。ダンナ!

工場出荷以来誰も中身には
一切触れていない新品未開封!
(テンション上がってます)


4新品未開封です!

裏返すとこんなカンジ。
製品番号と保証書が
貼られています。

保証書にはシリアル番号が!
これが大事ですよ、一年間は。
これが無いとエライ目に会います。
(有っても会うけど…。実際)



5何度も見た箱に入ってる!
ビニールをビリビリッと破ると
本体(箱)が現れます!

「おおー!幾度となく見た箱だ。」
「モノホンだよ!ものほん。」


今更ですが…
許して下さい。


同封している
電子書籍の2,000円分の
無料オファーですが
全く興味はありませんし
何よりも使用期限が切れていました。(笑)
2017年1月まで…。



7結構かっこいい黒い箱に入ってる!

開封すると
これまた黒い薄手のボール紙でできた
小箱にUSBケーブルと充電コンセントが
入っており。一番上には
YOGA Tablet 2-830L SIMフリー本体が
鎮座ましましています。



8内容物3点

説明書など紙類を除くと
同梱されている商品は
この3点。

タブレット本体に
USBケーブル
電源接続コンセント



9新品にも関わらず指紋がいっぱいついてる!

タブレットの表面にはなにやら
シールが貼ってあるのでこれも
邪魔なのですべて撤去します。

すると…

驚愕の事実が!(大げさ?)



画像では分かりにくいですが
なんと
未開封の商品にも関わらず
タブレットの液晶画面上に
無数の汚い指紋があるではないですか!


Lenovo!
指紋くらい拭いて出荷しろよ!
新品だろ!実際 (;゚□゚)



せっかく
こぎれいな黒い箱に入れて
ワクワク感半端ないと
上げてくれたテンションが
汚い指紋だらけの画面を見ただけで
一気に下がり果てました…。

顧客感情を逆なでする
This is China と言える
無思考商法!
うわべだけ取り繕っても
結局、ボロが出るんですね-。

これが中国人的思考です。

というか
これが世界標準なのかもしれません。

でも…

アップルの商品に
指紋ついてないよなー。
そうでしょう?

嫌でしょう?

指紋ついてたら。フツー。

中国人は平気なんですかね?


などと
一気にダダ下がり気味の
テンションですが気を取り直して
付属の充電器とケーブルを挿して
タブレットの電源ボタンを押してみます。




「ん?」





ほんの一瞬のことだったので
しかもよく注意していなかったので
思い出せないのですが
初回起動時に
LenovoとAndroidという
白い文字が出るのと同時に
何やら英語の小さな字で
接続不能というような内容が表示されたと
思います。

そう


お分かりのように
起動しないのです。

新品未開封にも関わらず。




「サ・イ・ア・ク…」





YOGA Tablet 2-830L SIMフリーが起動しない!


購入前にも価格コムなどのレビューを
穴が開くくらい何回も見ていたので
このタブレットの不具合状況も
重々承知していました。

余りにもクレームが多すぎるのも
最初から知っていました。

知っていながら購入に踏み切ったのですが
しかしながら、最初の1発目の電源投入時に
起動すらしないとは…。

さすがに甘ちゃん日本人だったですね。
私は。

中国をなめていました。


敵は半端ないですよ。


新品未開封で
最初から起動すらしないんですから
これはさすがに想定外でした。


9起動しないよ!

何回電源ボタンを押して
入れ直しても
音量ボタンを押しながら
電源ボタンを同時押ししても
タブレット上に表示される文字は
何やら英語で次のように…。

"EFI Shell version 2.31 [1.0]

Current running mode 1.1.2

map: Cannot find required map name.

Press ESC in 5 seconds to skip startup.nsh, any other key to continue.

Shell>_"


いったい
何時間費やしたでしょうか?


いったい
何回起動と電源OFFを
繰り返したでしょうか?



あてのない
かといって
なんとかしたいという
やり場の無い心の動きのまま
ネットをググりながら
何時間も同じ事を繰り返しました。




しかし
結果は同じです。



10謎の表示が!

↑この英文だけが
当たり前のように
繰り返し表示されるだけで
一切起動する気配がありません。




もちろんやりましたよ。
リセット作業。
音量+と-を同時押ししながら
電源ボタンを押しましたよ。
何回も。

こちらは違う表示が出ましたが
それもノミのような小さな英文で1行。

FastBoot Starting can't get eMMC Info,revert to default value!


11リセットもできない!
何だよコリャ↑小さすぎて見えねーし



いつものように既に私は
ネット上に存在する
ありとあらゆるページを
YOGA Tablet 2-830L に関するページを
インデックスされているページを
全て貧脳にたたき込んでいますので
この1週間で恐らく日本中の誰よりも
YOGA Tablet 2-830L SIMフリーについて
詳しくなっていました。




原因はハードにあるようです。





この商品は大容量のバッテリーを
売りにしており恐らく装着されているのは
ノートパソコンなどに使用されている
18650のリチュウムイオンバッテリーです。

このリチュウムイオンバッテリーは
取り扱いを間違えると発火する危険があります。
飛行機内で煙が出た!などの事件も
起きているのでご存じの方も多いでしょう。

それ故
基板を組み込んでバッテリーを
制御しているのですが、その部分に
問題がありそうです。

NEXUS7などでもアナウンスされていますが
ある一定量以上バッテリー容量が減ると
再び充電できない不具合が報告されています。

今回の私の件も
恐らく似たようなものと推測できます。

つまり

商品製造以来時が経ちすぎていて
内蔵バッテリーが放電しきっているのです。
そのため
物理的にリセットをかけないと
再充電ができないのでは?
と私はにらんでいます。

組み込まれたプログラムを
変更することは私にはできませんが
バッテリーに接続されたコネクターを
一旦外してまた再接続するくらいは
私にもできます。

実際にしたい衝動にかられて
その自分を押しとどめるのに
どれだけ苦労したことか…。



お分かり頂けますでしょうか?



全く

これが
購入後1年以上経過していたら
私は何のためらいもなく
いきなりマイナスドライバーを
突っ込んでバリバリっと
YOGA Tablet 2-830L本体の
ケースをこじ開けるのですが(笑)


なにしろ
新品未開封で到着したばかりですから
さすがの私もはばかられます。


ケースを開けたら最後
Lenovo(レノボ)の保証は
その瞬間から受けられません。


結局
もう一人の自分の誘惑に
なんとか打ち勝った私は

翌日
Lenovoのサポートに電話しました。




Lenovoサポートセンターに電話する


Lenovo(レノボ)サポートセンターへの
電話番号は以下のようになっています。

固定電話からのご利用
0120-994-244 (通話料無料)
携帯電話、PHS、IPからのご利用
0570-045-077 (通話料お客様負担)



ところで…



あなたはサポートセンターへ
電話したことがあるでしょうか?


何でも結構です。

パソコンでも
プロバイダーでも
携帯電話のキャリアでも
サポートセンターへ電話したことが
ありますでしょうか?


私はつい最近
J:COMのケーブルテレビサービスを
解約するために電話したのですが
それはそれは大変でした。




何が大変か?




私からすれば
解約します!と言えば済む話で
一瞬で終わると思っていますが
実際にはこれができません。



まず
解約したいのに電話が全く
つながりません。


全くつながらないのです。



死ぬほど待たせたあげく
混み合っているので、
しばらく待ってから
おかけ直し下さい!プー!
なんて
問答無用で切られたりするから
驚きです。(;゚□゚)マジかよ…




本当ですよ…。




指の感覚がなくなる位に
電話のボタンを押し続けて
やっとのことでつながっても
何やら聞きたくもない
広告のようなアナウンスが
何十秒も流れたりします。


さらには
オペレーターにつなぐことは
一番最後においといて
〇〇の方は1番のボタンを
××の方は2番のボタンを
押して下さい…。

などと
顧客に作業を強要します。

これをしなければ
オペレーターにはつながりません。


分かりますか?
わざとそうしているのです。


短気な人などは
絶対にオペレーターまで
たどり着けないでしょう。


利用者を怒らせてでも
電話をかけさせないように
仕組んでいるわけです。


また
年配の方も無理だと思います。
そもそもボタンを押すといった
ごく初歩的な作業すら不可能だと思います。


解約の電話をさせないように
意図的にしているとしか思えない
作為的なシステムを臆面もなく
顧客に対して仕掛けてきます。



これに対して…



笑えますが
顧客が金を支払って
サービスに加入する際は
全く真逆のことが起こります。

間髪を入れずに
すぐにオペレーターが出て
この上なく
親切に対応してくれるのが普通です。

なぜなら…
契約前に電話を切られると
J:COMが損をするからです。




ちょっと脱線しましたが
Lenovo(レノボ)のサポートセンターも
似たようなものかな?と
私は勘ぐっていました。

どうせ
電話もなかなかつながらないだろう?
そんな風に思っていました。

先に上げましたが
Lenovo(レノボ)のサポートセンターへ
つながる電話番号は2つあります。


1つは無料の電話番号。
2つ目は有料の電話番号。




ここで多くの人は
通話料無料の電話番号へ
かけると思います。

ねえ?

そうするでしょう?あなたも。


修理依頼をするのに
なぜ金を払って電話しなきゃならないんだ!

こう思うのが普通です。



しかし…

人と同じ事をしていては結果は出ません。
アフィリエイトも一緒ですよね?

他人と同じ事をやっていても
成果が出ることはないのですよ。



だから私は迷わず
有料の電話番号へかけました。

有料の番号へかける方が
つながりやすいと思ったからです。
本音は…




J:COMの二の舞は
嫌だからです!(゚д゚)
グスンっ!





私の目論みは見事に当たり
最初の1発目でつながりました。


意外と親切なLenovoサポートセンター



例によって
〇〇の方は1番のボタンを…
というやつはありましたが
J:COMほど悪どくはありませんでした。

割とすぐに
オペレーターにつながりました。

ご存じ無い方のために
軽くご説明しますと
Lenovo(レノボ)で修理してもらう場合
行きの送料は自分持ちになります。

これは購入後1年以内の
保証期間中でも同様です。

今回の私のように
商品を購入して
箱から出したばかりで
全くの使用前にも関わらず
異常が出た場合でも
お金を支払って送らなければ
修理してはもらえません。

この点について
消費者保護に慣れきっている日本人は
強烈な違和感を憶えると思います。


なんで初期不良なのに
金払わなきゃならねーんだよ!
てめーんとこのミスだろうがっ!



なんて言ってもダメなのです。


この件については
Lenovo G580 2689-7SJ ってどう?
でもチラッと触れていますが
以前にも初期不良で
Lenovo(レノボ)にノートパソコンを
送ったことがあり経験済みなのでした。

まあ
これについては賛否両論あるとは
思いますが、一つには
修理依頼と言いつつ
ジャンク品をリフレッシュさせる
悪者が少なからずいる…

もしくは
レノボ直販で購入してくれたならともかく
どこの馬の骨とも分からん販売店から
いつ出荷したかも分からん商品について
100%費用負担で保証しろって言われても
そりゃ困るわ!って言いたいのかもしれません。

まあ
前回はノートパソコンだったので
大阪→千葉まで片道
1,300円ほどかかりましたが
今回はタブレットなので
大阪→群馬(?)まで片道
756円で済みました。

これだったら
四の五の言わずに
元払いでも送った方が
話が早く進んで結局得するのでは?

というのが私の考えです。

オペレーターの方は
私の話を聞いて
すぐに初期不良と判断してくれました。
(当たり前ですが…)

向こうとしては
少しでも手間を省きたいのか
購入した販売店に言って
交換してもらったらどうですか?と
勧めてきましたが私は断りました。

なぜなら
交換してもらっても
恐らくまた同じことを繰り返さなければ
ならない可能性が50%以上あるからです。

また
仮に初期不良じゃなかったとしても
かなりの確率で早い時期に
何かしらの不具合が発生することが
火を見るより明らかだったので
どうせならメーカーサポートセンターで
見てもらった方が結果的に良い、と
判断したからです。


2017年版 Lenovo(レノボ)修理依頼のやり方


時代と共に何でも変わります。
以前レノボに娘のノートパソコンを
修理依頼した時は千葉のセンターでしたが
今回は群馬に変更されています。

また
修理依頼の仕方も以前とは
かなり変わっていました。

もし
私と同様にパソコンやタブレットの不良で
Lenovo(レノボ)に修理依頼する方が
いないとも限らないので
今回の私がやった内容をお伝え致します。

まず
オペレーターにつながると
名前と電話番号を聞かれます。

そして
商品のシリアル番号を聞かれます。
シリアル番号は保証書に記載があります。

そして
不良の内容を聞かれます。

今回の私の場合ですと
起動しないということです。

オペレーターとしては
本当の不良なのか?それとも
使用上の勘違いによるものか?を
修理受付前に確認しなければならないので
あれこれして下さいと注文をつけてきます。


こっちは
さんざやってみてダメだから
電話してんだろ!っとムカっときますが
ここはグッと押さえてオペレーターの
言うことに従って下さい。

向こうも仕事ですから
歩み寄りも必要です。

不良であると確認されると
修理依頼が受理されます。

この時に管理番号というものが
オペレーターから告げられます。
私の場合は10桁の管理番号でした。

この管理番号とは
あなたが依頼した修理を示すので
大事な番号となります。

さらに
保証書に住所と氏名を記載するように
指示されます。通常保証書には
特に通販で買った場合は
何も記載がないのでそこに
直筆で自分の住所と氏名を記載するのです。

この時に
販売店印という欄に記載してはいけません。
この欄は(手書き不可)となっているので
もし誤って記載してしまうと
最悪、無料保証が通りません。

そして
販売店から購入したという証明書
または納品書や明細書と一緒に
住所氏名を記載した保証書を
FAXで送るように指示されます。

要するに
ジャンク品をリフレッシュしないように
購入証明を確認するためです。

その後
不良商品を送料元払いにて
群馬のリペアセンターへ発送します。

私の場合は
手違いが起こらないように
発送品の中にもFAXしたのと
同様の明細書及び保証書のコピーを
同封しました。
もち管理番号も記載しております。

本日発送したところなので
今後どうなるか?は
またレビューしたいと思います。



追記 修理が受理された?


レノボではネット上で
自分が依頼した修理の進捗状況を
確認することが可能です。

私が商品を発送したのが土曜日
商品が到着したのが日曜日
そして今日が月曜日となります。

ネットで私の商品の修理状況が
確認できるのでしょうか?

実際に見てみました。


1.シリアル番号を入力する

修理状況確認のページ
↑このページで自分の商品の
シリアル番号を入力すると
型式などが表示されます。


2.修理状況を確認
次に3番目の修理状況を確認
というところをクリック


3,緑の四角をクリック
修理のお申し込み~
という緑の四角をクリック


レノボサービスリクエストの確認

すると…
来ました!
サービスリクエストの確認
つまり修理状況確認ページです。

ここで
上の欄にはオペレーターから
告げられた管理番号を
下の欄にはシリアル番号を
入力します。




受付は6日

進捗状況が確認できました。
受付日は6日(月曜)となっています。
現在修理受付中ですね。
電源投入後エラーのみで起動できないなど
故障内容が記されています。


確かに受理されて
作業が開始されているのがネット上で
確認できて大変安心できます。

こういうところは
さすがですね。
一説には千葉から群馬へ
レノボのリペアセンターが移転しましたが
実は…その内情は
中国とは無関係な日本のNEC?

レノボ、修理サービスをNEC PCに完全業務委託

つまり
中国レノボ直系の修理センターではなく
完全日本のしかもNECリペアセンターによる
サポート内容だったのです。

よく
価格コムなどの口コミで
レノボの修理サポートは最悪だ!とか
ありますが、恐らくアレは過去の話で
現在ではNECのサポートセンターが
レノボのサポートを委託運営しているので
その品質は日本水準というか
そのまんまNECの水準であると言えるでしょう。



YOGA Tablet 2-830L 修理から返ってきた!


それは突然でした。
そう。
何の前ぶれもなく
前日まで修理受付となっていながら
家に帰ると届いていましたよ!

YOGA Tablet 2-830L SIMフリーが
修理終了してレノボから!

心なしか段ボール箱が
ふくれているように感じましたが
気にせずに開けると…

何やら書類のようなものが。

梱包してくれてるよ!

修理報告書です。

ワクワク、一体どんな内容なのでしょうか?




開けてみるとこんな記載が↓
修理報告書受付日

分かりますか?
修理受付日が3月8日で
修理完了日が3月9日となっています。

んー。よく分からん。

ネットでのサービスリクエストの確認では
修理受付は3月6日のはずだが…。

あれは窓口受け付けということで
修理受付では無いってことかな?

ということは…。

レノボでは窓口で受け付けてから
2日ほど修理受付までは
時間がかかるってことなのか?


んー。分からん。


まあ、ともかく
6日(月)に受け付けしてくれて
9日(木)に修理完了してくれて
10日(金)には手元に帰りました。

私が出荷したのが
4日の土曜日ですからまあ
約1週間で手元に戻りました。

土日をはさんでの1週間ですから
迅速に対応してくれていると思います。


それでは一体どこが悪かったのか?


システムボードの故障?
※クリックすると画像は拡大します。

お分かりになりますか?
赤線の部分です。



ゲゲっ システムボードの故障?



システムボードって
マジ…?。

だって
新品未開封で
ビニール開けただけだし…。


初めから
壊れてたってコト?


もしかして?

新品なのに最初から
システムボードが壊れてる?


ありえます?



…。



アリエールでしょう!(笑)
なんて言っている場合ではありません。



やっぱ
こわいな-。中国。


マジで…。



なんでも
Androidのバージョンも5.0に
アップしてくれて尚且つ
個体番号も変わっているとのこと。

側だけそのままで
中身は別人なのね…。

セットアップも済んでいました。
本音はちょっと
自分でセットアップしたかったなーって。
直ったからいいか。




やっぱ
レノボに修理依頼して正解だわ…。実際。

システムボードなんて
手に負えんし。




気を取り直して
電源を入れると…。


つきました!当たり前か。


やったー!ついたよ!

スッゲー画面きれい!
色々あったけど
買ってよかったわー。
今んとこ…(笑)



X61とYOGAタブレット2

右側がYOGA Tablet 2-830L SIMフリー
左側は愛機X61

当たり前だけど
KVI-70Bの何倍もいいわ…。

YOGAタブ2の
Windows版が欲しくなってきた…。






商品はAmazonで買おう!


今回の私の最大の失敗は
YOGA Tablet 2-830L SIMフリーを
Amazonではなく楽天で購入したことです。

もし今回
Amazonで購入していたら
開封直後にどうやっても
起動しないわけですから
すぐに初期不良にて交換処理が
迅速に行われたはずです。

Amazonのユーザー保護は
徹底していますから
保証期間内であれば
送料はもちろん無料です。

そればかりか
返品を待たずして交換品を
即座に先発送してくれます。

プライムで購入していれば
(プライムという青文字の商品)
近くのAmazon倉庫に在庫があれば
最速1時間で交換商品が手元に届きます。

Amazonプライムに加入していれば
最悪でも翌日には交換品が
あなたの手元に届くわけです。

このようにAmazonでは
何か問題が生じた場合に
返品、交換、返金処理は
驚くほどスムースに即座に行われます。

商品を購入するのも一瞬ですが
返金するのも四の五の言いません。

これが本来の気持ちのいい
商売の姿ではないでしょうか?


先にあげたJ:COMのように
加入するときは
下にも置かないもてなしをしますが
解約するときは
顧客に嫌な思いをさせてでも
絶対に解約させないぞ!みたいな
やりかたをすると結局は自分の首を
しめる結果となるはずです。


今回私は間違って
楽天で商品を購入してしまいましたが
もし、楽天で交換処理を依頼すると
どうなるでしょうか?


全く異なる楽天のシステム


ビギナーからすると
Amazonも楽天もどちらも
ネットショップとして
同じように見えるかもしれません。

しかし…

楽天はAmazonとは全く異なるシステムを
導入しています。


大変重要なので
今一度
しかも声を大にして
言わせて頂きます。(笑)


楽天は
あなた(お客)のことを
保護しようとは
これっぽっちも
思っていませんから!





それでもいい、と
思える人だけ
楽天を利用しましょう。ね?

楽天では何かトラブルが生じた時に
間に入ってくれません。
ましてや交換処理や間違っても
返品前に交換品を先発送したりは
絶対にしてくれません。

Amazonとは正に180度異なる
顧客無視のシステムを導入しているのです。



なぜ違う?楽天のシステム


なぜ楽天とAmazonのシステムは
このような違いが出てくるのでしょうか?


その答えは
システム運営者にとっての
お客様とは誰か?の考え方となります。


Amazonの言う客とは文字通り
商品を購入してくれる購入者です。

そうですよね?
Amazonもそう言ってます。




それでは楽天は?



楽天も正面切って
購入者が客じゃ無いよ!
なんて
もちろん言いません。

そんなこと言ったら大変です。

しかし…
本音は別です。


楽天にとっての真のお客様は
高い出店料を支払って
楽天に加入してくれている
販売店だからです。


もう一度言います。



楽天で買い物をした人は
楽天にとってのお客様ではないのです。





楽天にとっての
真の客とは
購入者ではなく
出店者なのです。




ご存じでしたか?



楽天で買い物をする人は
その商品を購入したお店の客であって
運営者の楽天の客ではないのです。


ですから…


楽天で買い物をする人は多いと思いますが
あなたが楽天で買い物をしても
楽天はなんとも思っていません。
ありがとうとすら思っていません。
客ではないからです。






「何を根拠にそんなことを言う!」





楽天大好きな人は
顔を真っ赤にして
反論してくるでしょう。



大好きな楽天を侮辱するな!と。
もっともです。


私も大好きなAmazonを
侮辱されたら腹が立ちます。




それでは…




ここで証拠を見せましょう。

その証拠とは
楽天にとっての真の客が
購入者ではなく
楽天に出店している
出店者であると言う証拠を。


楽天で商品を販売するには
当たり前ですが出店料が必要です。

Amazonでも出店料は必要です。







楽天大好きなあなたに聞きます。





楽天で商売するために
出店者が支払う出店料は
いったいいくらかかると思いますか?


いくらでしょうか?



↓ここにその答えがあります。
楽天出店料の全容

細かく言うと
モバイルシステム手数料とか
楽天スーパーポイントの手数料とか
楽天アフィリエイトの手数料とか
取引安全性のための手数料とか
各種決済システム手数料とか

とにかく
びっくりするほど手数料だらけです。

ウソだと思ったら
上記リンクを確認するか
楽天出店手数料でググって下さい。


余りにも色々あるので
何がなんだか分からない!って
人もいるでしょう。

そんな人のために
とにかく上記手数料は無しで
出店するために最低料金として
必要な金額を分かりやすくお伝えします。


楽天に出店するために
最低限いる料金一覧表です↓


高額な楽天出店料



いいですか?

あくまでも
最低限いるお金ですよ。
最低料金です。


これ以外にも
楽天に店を出すと
モバイルシステム手数料とか
楽天スーパーポイントの手数料とか
楽天アフィリエイトの手数料とか
取引安全性のための手数料とか
各種決済システム手数料とか
オプション設定すれば
楽天S4(税別)
(スーパーソーシャルショップサービス)
基本料金(月額)3,000円
システム利用料
弊社提供ショッピングアプリで
購入された売上高(送料除く)の1.0%
R-Mail(税別)
メール配信料 0.75円/件
海外販売サービス(税別)
サービス利用料 
海外へ販売した売上高の4.0%
など…
文字通り
ケツの毛まで全て楽天にむしられます。
おしりの穴はもうスースーです。ハイ。




最低でも
179,400円
楽天に払うのです!
出店者は!






分かりましたか?


誰がどう見ても
楽天にとっての金づるは
出店者様なんですよ。
間違いなく。


楽天に出店する限り
永遠に高額な出店料を
ずっと支払い続けます。


楽天にとって
こんなにおいしい客が
他にいますか?

あなた
楽天で月にいくら買い物します。

そんな金額
どーでもいいんですよ。
運営者は。




公平をきすためここで
念のためにAmazonの出店料も
明記します。


リンクはコチラです↓
Amazon出店料




どうですか?
今回の記事は驚愕の連続でしょう?

たったの4,900円です。(笑)

低額なAmazon出店料

Amazonで店をはじめるにあたって
最低限いる金額は
たったの4,900円です。
(小口で良ければ無料)


分かりますか?



楽天とAmazonの違い。


楽天出店者の立場になれば
山ほど金を取られて
ケツの毛までむしられて
その上
返品されたんじゃ
出品者は自殺するしかありません。


そうでしょう?

これが事実です。



楽天での返品処理


ですから
初期不良が起こっても決して楽天は

「わかりました。交換処理します!」

とAmazonのように対応してくれません。
楽天の返答はこうです。

「トラブルは販売店に言って下さい。」

楽天は面倒なことには
一切知らぬ存ぜぬを通すのです。
だって客じゃ無いから
購入者は…楽天にとって。

そこで
販売店にクレームを言うとします。

今回の場合
私が購入した販売店は札幌の業者です。
電話したところで即座に交換処理を
してくれるでしょうか?

仮に交換対応してくれても
まず私が商品を先発送して
初期不良であることを先方が確認し
それから交換品を送ってくるでしょう。

相手は札幌です。
片道3日、商品確認に1日としても
交換品が手元に来るまで
およそ1週間はかかります。

それに今回の場合
長期保管が原因と思われる
起動障害ですから
再び届いた商品も
起動しないことが高確率で起こるのは
誰が考えても明らかです。

そうすると
再びまた販売店に電話
あれこれやりとりして
1週間…。

正直

「買わなきゃよかった!」


ってなることが
容易に予測可能です。

だから私は言うのですよ。

買い物はAmazonでしなさい!って

もう一つ驚愕の事実を
お伝え致します。


今回は長くなってしまって
本当に申し訳ないのですが
お伝えせずにはいられません。


今回私はそれを知ってしまったのですが
これについて詳細に記すと
ただでさえ長いブログがまた
途方も無く長くなってしまうので
はしょりますが
要するに


楽天で買い物をすると
販売店は勝手にあなたの
クレジットカードからお金を
引き落とすことができる
そういうシステムになっている!

ということです。


何を言っているか分かりますか?


私は楽天にもカード登録をしており
(Amazonはカード登録必須)
今回
YOGA Tablet 2-830L SIMフリーを
購入する際に余りにも不安だったので
購入店の長期保証を後からつけました。

商品発送後に
メールで販売店に長期保証を依頼しました。

すると
数時間後には販売店から
長期保証の受付と同時に
カードからの料金引き落とし明細も
メール内に記載して送られてきたのです。



これには心底ビックリしました。
大げさでは無く
私にとって青天の霹靂でした!



私としては
楽天のショッピングカートに戻って
自分でクレジットカードの会計処理を
するものとばかり思っていましたが
料金引き落としなど販売者に有利になる処理は
勝手に向こうでしてしまえるのですよ!


しかも
運営者の楽天ではなく
出店者が自由にできる!とは
今回初めて知って驚きでした。


このことが何を意味するか?
お分かりになりますでしょうか?


ご説明しているように
楽天というネットショッピングモールに
加盟するには驚くほど高額の加盟料が
必要なのですが、その加盟料さえ支払えば
楽天本体ではなく、楽天に加盟した
どこの馬の骨とも分からない業者でも
あなた本人の許可もなく
勝手にあなたのクレジットカードを使って
金額も自由に設定して、あなたの口座から
お金を引き落とすことができるのです。


これは衝撃の事実です。


私は楽天本体には
クレジットカード登録をしましたが
販売店にカード登録はもちろん
しておりませんし、したくありません。


勝手に楽天本体が
私に無断で
販売店に私のカード番号や料金処理手続きを
できるように便宜を図っているとしか
思えないこの出来事を、あなたはどう思いますか?


楽天内部のシステムについて
私は全く分かりませんが
これらのことは実際に私が体験した
事実であり、私の許可なく
私のクレジットカードから勝手に
料金が引き落とされたのも事実です。


対して


Amazonではこんなことは絶対に
生じることはありません。
なぜなら
クレジットカードなど代金支払いに
関する業務は全てAmazon本体が
一括して管理しているからです。


Amazonで買い物をする際に
あなたが
どんな出店者から商品を購入しても
代金の支払いはその業者ではなく
Amazon本体に行います。

金銭のやりとりは全て
Amazonが一括して管理しているからです。

出店業者が勝手に
あなたのカードから代金を
引き落とすなど
絶対に無いのです。



今回のこの事件は
私にとって大変な衝撃でした。
顧客の大切な情報を
顧客の許可なく勝手に
使用する恐ろしいシステムに
恐怖すら覚えます…。

これは
犯罪ではないでしょうか?






以前
こんなうわさがまことしやかに
流れたことがありました。


楽天本体が
膨大な顧客のメールアドレスや
収集した顧客情報を
加盟した店舗に
有料で閲覧する権利を与えている…。




今回の一件で
あながちウソとも言えないのでは?

と強く思ったのも事実です。

そして

楽天で買い物をしてはいけない…。

と強く認識させられました。





つづく
関連記事
 タグ
None