catch 画像検索サイトバージョンアップしてみた


前から思ってはいたのです。

そう

バージョンアップしなきゃって。

以前
Coppermine Photo galleryについて
その設置方法等を2回に渡って
ご紹介致しました。

catch 画像検索サイトを作ってみた!

Coppermine Photo galleryで
画像検索サイトを作ってみる!




catch 画像検索サイトを作ってみた2

Coppermine Photo galleryで
画像検索サイトを作ってみる!2



Coppermine Photo galleryとは
フリーの画像検索サイト
作成用のcgiでして
全くなぜこれが無料なのか?
理解に苦しむほどに便利な
ツールなのですが
時たまセキュリティホールが発覚して
バージョンアップを余儀なくされます。

まあ

これは何のソフトでも同じだとは
思いますが、以前最新版のcpg1.5.44を
インストールしたにも関わらず
早々に新バージョンにアップデートして下さいと
アナウンスが表示されていたのでした。

バージョンアップのお知らせ

このバージョンアップのお知らせは
管理者画面に入るとトップに
表示されるもので上の図でも
お分かりになるかと思うのですが

「cpg1.5.46がリリースされたよ!」
「一刻も早くバージョンアップしてよ!」

というアナウンス。

でも

メンドッチーのでそのまま
放置しておりましたとさ。

やっぱそれは良くないとのことで
今回
Coppermine Photo galleryを
Ver.cpg1.5.44から
cpg1.5.46にバージョンアップを
実行してみました。


バージョンアップのやり方


まず最新のデーターをダウンロードします。
ダウンロードはコチラから↓
Coppermine Photo gallery
Ver.cpg1.5.46


ここからダウンロードする

左上の緑色の枠が
ダウンロードリンクとなります。
今回の場合
Ver.cpg1.5.46が最新版となります。

ここをクリックするとほどなく
ダウンロードが始まります。

ZIPファイルになりますので
自PCの任意のフォルダに
ダウンロードして下さい。

無事にダウンロードしたら
展開します。

ずらずらーと
たくさん出てきますが
この中から

albumsフォルダ
install.php
install_classic.php
anycontent.php



を削除しておきます。
これは上書きするとまずいからです。

他のブログを見ると
includeフォルダ内のconfig.inc.phpも
上書きしないようにとのことですが
今回のcpg1.5.46では
includeフォルダ内のconfig.inc.phpが
config.inc.php.sampleとなっており
このまま上書きしても大丈夫のようです。

cpgのホームページでは
このアップグレードについて
以下のような記述があります。

In fact, you could upload the albums folder as well - the one that is contained in the package is empty anyway. The recommendation not to upload this folder is only meant as a pre-caution for some users who have "funny" settings for their FTP apps: some exotic FTP applications delete folders existing on the server and then re-create an empty folder on the server-side. This would of course be a disaster for all existing galleries during the upgrade process, as you would lose all your uploaded files in your gallery. However, the number of FTP apps that is set up in that strange way is small and therefore, it won't hurt for most to upload the albums folder as well. If you're not sure, use one of the FTP clients recommended by the devs.

ここで言われているのは
albumsフォルダも上書きしてもいいよ!
でも
anycontent.phpはやめといてね。

ということなのですが
まー念のために上記のように
albumsフォルダ
install.php
install_classic.php
anycontent.php
の4点は上書き防止のために
元ファイルから削除しておきましょう。

削除は
Ctrlキーを押しながら
クリックして選択し
右クリックで削除。

選択してから右クリック削除


元ファイルをバックアップする


一応念のために
元フォルダを自分のPCに
ダウンロードしておきましょう。

(やってみる…)

んー
私のWi-Fiの速度が遅いのか
時間がかかり過ぎる…。

待ちきれないので
ダウンロードは途中で中止!
ハハハ。


最新バージョンを上書きする


というわけで
バックアップはやめにして
先ほど
albumsフォルダ
install.php
install_classic.php
anycontent.php

の4点を削除した
ファイルを元のフォルダ内へ
上書き開始!えいっ!

んー

意外とすぐに終わりました。


アップデートを実行する


アップロードが終わったら
アップデートを行います。

アップデートはupdate.phpを実行します。
http://あなたのアップしたアドレス/update.php

すると
アップデートの画面が出るので
パスワードを入力します。

4 アップデートの画面

すると
アップデートが行われた
詳細が表示されます。

5 アップデートが終了した

それでは…
サイトを表示してみます。

パスワード入れて
ログインしてみると…
こんなカンジ↓

6 アップデートが終了した

んー

バージョンアップしましたが
特に何が変わったわけでもなく
まあ
取りあえずセキュリティ的に
安心かな…と。

と、まあそんなところで
バージョンアップができました。

それでは
きちんとバージョンアップできたか
確認して見ましょう。


バージョンを確認する


バージョンの確認は
ログイン後のメニューから行います。

メインメニューの右端にある
インフォメーション内に
バージョンをチェックする、という
項目がありますので
それをクリックします。

7 バージョンチェックを実行する

すると
バージョンチェックの画面になるので
一番下にある
送信/リフレッシュをクリックします。75 バージョンチェックを実行する



すると…

ファイルが破損しています
(または、あなたが故意に修正しています).
という表示がありますが
これはファイルを部分的に
上書きしているために
そうなっており特に問題は無いでしょう。
(というかあってもどうしようもないし)

全てバージョンは1.5.46 となっており
作業終了です。

8 バージョンチェック

とまあ
こんなカンジでバージョンアップは終了しました。
やり方さえ分かれば特に難しいところはなく
時間もそんなにかかりません。

セキュリティホールが発見されると
バージョンアップが必要になりますので
覚え書きとしてアップしておきます。

tomchi

関連記事
 カテゴリ
 タグ
None