catch 私がコメントNoのわけ

 

 

私がコメントNoのわけ

先日
久しぶりにコメント欄を解放しました。

というのも
私は長いことコメント欄を閉鎖していました。

 

Youtubeを見ているとよく
コメントがありますが

あれのFC2ブログ版です。

 

そもそも
このコメント欄とは、
コンテンツに対する感想を
コメントする…というような意味が
あったのでは?と私は思っています。

 

コメントの本来の使い方

記事によって困っていることが
解決する場合も多々あるわけで
そんな時に

「よかったよ!この記事!」

みたいな使い方をするわけです。

 

ところが
ブログの場合、コメントすることによって
そのサイトとリンクを張り合うことが
可能になります。

つまり
コメントをすることで相互リンク状態に

なるわけです。

 

相互リンクとは?

相互リンク分かります?

最近ではあまり聞かなくなりましたが
以前は大流行しました。

 

あなたのサイトで相手のサイトを
紹介するわけです。
例えば例を上げると

初心者でもできるアフィリエイトとは?

↑こんなサイトを見つけました!

みたいなことをあなたのサイトで
やるわけです。

そして
相手にメールをしてリンクを張ったので
そちらからもして欲しい…みたいな
内容を伝えるわけです。

相手からOK!がもらえれば同様にして
相手のサイトであなたのサイトへの
リンクを張ってもらえる…

これが相互リンクのしくみです。

 

ご存じのように検索エンジンは
リンクを重要視します。
現在では以前ほど効果は無いようですが
それでも私はリンクが無いよりは
あった方が検索エンジンの評価は
高くなる、と思っています。

 

この相互リンクですが
わざわざこのように相手のサイトに
リンクを張ってから
メールしてお願いする、なんて
七面倒くさいことをしなくても
チョー簡単にできる方法があるんですよ!

 

それが
今回お話するコメントです。

 

※追記

間違えていますね。
相互リンクではありません。

単なるリンクです。

 

しかしながら
被リンクになりますから
自分のサイトへ相手のブログから
リンクをもらえるわけです。

 

 

被リンク目当てでコメント?

世の中には
自分のブログやサイトを

何がなんでも上位表示したい!

 

こう考える人も中にはいます。

金が絡むと余計にそうなります。

 

アフィリエイトで結果を出さなきゃ!

なんて必死になると
もう前後の見境いもナシです。

 

初心者を集めた適当な塾?などでは
交代で記事を書かせて
バシバシ他のブログにコメントを
つけまくったりします。

(最近は珍しいですがね)

 

交代で記事を書いているので

コメントする方は
1回で済むかもしれませんが
コメントされる方は大変です。

 

何度も何度も
コメントされてそのたびに
返事をしなければなりません。

 

初めまして!

なんて同じブログから
何度も何回もコメントが来るわけです。

それもショーも無いコメントが。
(失礼!)

 

こっちからすれば
誰だよ!テメーは?
なってしまいます。

 

承認してから表示にしていても
そのたびに確認しなければなりません。

 

中には
きちんと礼節をもった
通常のコメントもあるのですが
ほとほと嫌気がさしてコメント欄は
閉鎖しました。

 

精神衛生上好ましくないので。

 

久しぶりにコメント欄を開けても
結局一緒。

 

なワケで。

 

もーかんべんして下さいよ。

というのが本音です。

関連記事
 カテゴリ
 タグ
None