youtube1.jpg

いやーお久しぶりです。

お元気でしたか?

 

いやはや

最後に更新したのが5月ということで

半年以上経過してしまいましたねー。

ハハハハ ( ̄∇ ̄)

 

 

この感ちょっと

YouTubeに遊びに行ってまして

まあ、それはどれで楽しかったですよ。

 

ええ。

 

ブログもいいですけど

時代は動画ですからねー。やはり。

 

 

動画は楽チン

 

ブログに比べると動画はかなり

敷居が低いような気がします。

何しろ

適当でもいいですから。

 

内容いりません。

ペットの犬をチョロッと

撮影してアップする…。なんていうレベルでも

全然いけたりします。もちろん

頂上を目指そうとすれば

それは、それで大変ですが、

そうでなければ、適当でよければ

ブログよりも百倍は楽チンです。

 

だって

撮影してアップするだけでしょう?

何も考えずに

撮るだけでいいんだから。

 

それに

動画の長さも大体10分以内

大抵は5分位でいいんです。

逆に長いと飽きられたりとか

スキップ(早送り)されたりして

結局ムダになりますから…。

 

毎日誰かが見てくれる

YouTubeの自分のチャンネルに登録して頂けると

通知が登録者様にいくわけです。

つまり

メルマガみたいなもんですよね。

 

動画をアップすると

勝手にYouTubeの方から

チャンネル登録者様に通知が行くわけです。

「動画上がったよー!見てね-!」

みたいなもんです。

 

だから

動画をアップしても

誰一人見てくれない…。なんてことは

無いんです。絶対。まず無い。

 

7月位から本格的に作ったチャンネルがあって

現在登録者が300名くらいなんですが

動画をアップすると

この登録者様に通知がいくわけです。

300名分。ですが、実際に見てくれるのは

私の場合

動画内容にもよりますが良くて

3分の1程度です。

 

つまり百名弱

80人とか…。

 

これってスゴイですよね。

しかもリアルタイムですから。

動画をアップしたら

すぐです。早い人だと30秒以内に

動画を見てくれています。

 

ブログじゃあり得ないですよね?

 

検索で上位表示されていれば

見てもらえますけど

私の場合、例えば、この記事を

アップしても誰一人として

見てくれる人はいません。

 

ましてや

30秒以内なんて0ですわ。

 

ところが

YouTubeなら

アップしてから10分以内くらいに

最低でも10人は見てくれます。

 

さらに…

 

YouTubeには標準で

アナリティクスがついていて

各種のアクセス解析が無料で

できちゃうんですけど

その結果分かったことは…。

 

私の動画を見て頂いてくれてる方は

チャンネル登録者の2倍以上

コンスタントにいる!ということです。

 

どういうことか?

具体的にお伝えします。

 

例えば

私が何か動画をアップしたとします。

すると

大体いつも見て下さっている方は

同じ方だと思うんですけど

バババと30回位いきます。

 

そして

1日位経つと多い日で300回位

見て頂けます。少ない日でも100回位は

余裕で見てもらえてる。

 

これをアナリティクス(アクセス解析)で

見てみると…。このような結果が!

それは

チャンネル登録者様の2倍以上の人が

私の動画を見て下さっているということです。

 

具体的に言うと

チャンネル登録者様が現状300名いるんですが

その内、動画を常に見て下さっているのは

100名以下です。(少ない時だと60名とか)

 

つまり

登録はしてくれていても

私の動画を見てない!なんて人が大勢いるんです。

 

その反面

登録はしていないのに

私の動画を熱心に見てくれている視聴者が

その2倍はいます。

(これはデーターで分かる)

 

チャンネル登録者で60名のところ

未登録者様はその倍の120名が

見てくれているんです。常に。

つまり

計180名が見てくれていることになります。

 

さらに…

動画をどの位(何分くらい見たかも)

データーで分かるんですが、

恐ろしいことに

チャンネル登録者よりも 未登録者様の方が

つねに

視聴時間が長い!
ことがデーターから分かります。

 

チャンネル登録はしないが

熱心に見てくれている人がかなりの数

いることが分かったのです。

 

ちょっと脱線しましたが

ともかく

動画というのはアップしたとたんに

多くの人に見てもらえる速効性が

ありますよ!ということです。

 

まあ…

話せば長いんですが

続きはまた次回にて…。

関連記事
 カテゴリ
 タグ
None